シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

アンネの追憶

公式サイト:http://www.gocinema.jp/anne/
アンネの追憶
(C) ITALIAN INTERNATIONAL FILM sri
英題:
MEMORIES OF ANNE FRANK
製作年:
2009年
製作国:
イタリア
日本公開:
2012年4月14日
(有楽町スバル座 ほか)
上映時間:
配給:
ゴー・シネマ
カラー

チェック:世界中で読み親しまれている「アンネの日記」の著者として知られるユダヤ人少女、アンネ・フランクの日記に記されることのなかった知られざる最期の日々を描いた人間ドラマ。彼女の親友ハネリ・ホスラーの証言をまとめた「もうひとつの『アンネの日記』」を基に、強制収容所に送られたアンネのたどった過酷な運命が、一家の中でただ一人生き残った父オットーの回想でつづられる。音楽を、数々の名作を手掛け、アカデミー賞作曲賞に何度もノミネート経験のあるエンニオ・モリコーネが担当しているのにも注目。

ストーリー:ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害を逃れるため、一家でアムステルダムの隠れ家に身を隠すことになったアンネ・フランク(ロザベル・ラウレンティ・セラーズ)。潜伏生活が2年ほど続いたある日、一家はゲシュタポに連行され強制収容所に送られてしまう。過酷を極める状況でも希望を失うことなく気丈に過ごしていたアンネは、偶然にも大親友のハネリ・ホスラー(スルディ・パンナ)と再会するが……。

アンネの追憶
(C) ITALIAN INTERNATIONAL FILM sri

動画

映画『アンネの追憶』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『アンネの追憶』ポスター
    ポスター
  • 映画『アンネの追憶』チラシ
    チラシ
  • 映画『アンネの追憶』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・脚色:
RAIプロデューサー: エリカ・ペッレグリーニ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【アンネの追憶】「道徳法律」の意味 from 映画@見取り八段 (2013年2月8日 20時46分)
    アンネの追憶~ MI RICORDO ANNA FRANK ~     監督: アルベルト・ネグリン    出演: ロザベル・ラウレンティ・セラーズ、エミリオ・ソルフリッツィ、モーニ・オヴァディア、スルディ・パンナ、メシシュ・ガシュパル、アレクサ・カプリエラン、サライ・クリスタ、… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アンネの追憶」 from ガマラーのブログ (2012年5月4日 23時51分)
    「アンネの追憶」公式サイト <あらすじ> ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害(ホロコースト)を逃れるため、 一家でアムステルダムの隠れ家に身を隠すことになった アンネ・フランク(演:ロザベル・ラウレンティ・セラーズ)。 潜伏生活が2年ほど続いたある日、 一家 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アンネの追憶」 知っている話だけに、本当の歴史はどうなのかということを知りたくなりました。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2012年4月19日 1時19分)
    今日は、「アンネの追憶」を観てきました。 ストーリーは、 ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害を逃れるため、一家でアムステルダムの隠れ家に身を隠すことになったアンネ・フランク(ロザベル・ラウレンティ・セラーズ)。潜伏生活が2年ほど続いたある日、一家はゲシュタポに ...[外部サイトの続きを読む]
  • アンネの追憶/Mi ricordo Anna Frank/精一杯幸せになろうとした少女 from LOVE Cinemas 調布 (2012年4月17日 1時53分)
    「アンネの日記」のアンネ・フランクの日記にかかれなかったその後の人生を描いたヒューマンドラマ。原作はアンネの親友であるハネリー・ホスラーの証言をまとめた「もうひとつの『アンネの日記』」だ。主演はロザベル・ラウレンティ・セラーズ、共演にエミリオ・ソルフリッツィ、スルディ・パンナ。監督をテレビドラマで活躍するアルベルト・ネグリンが務めた。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年4月9日の週の公開作品
  3. 『アンネの追憶』