シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
それでも夜は明ける
(C) 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.
英題:
TWELVE YEARS A SLAVE
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年3月7日
(TOHOシネマズ みゆき座 ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
カラー

チェック:奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描き出す。監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン、黒人男性を『2012』などのキウェテル・イジョフォーが演じる。共演には、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ブラッド・ピットら豪華キャストがそろう。

ストーリー:1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い……。

それでも夜は明ける
(C) 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    観客に゛痛み゛を疑似体験させる勇気
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    本年度米アカデミー賞にて作品賞をはじめ3部門制覇。だが今年は、他にも黒人差別を題材にした作品はあった。その差は何か。恐らく本作が最も、虐待の痛みがダイレクトに伝わってくるのだ。それは加害者役にM・ファスベンダーら著名俳優を起用した事が大きい。無名の俳優と違い、彼らの表情がくっきりと我々の脳裏に焼きつき、鑑賞後はいつまでも不快感が残るのだ。
     思えばS・マックィーン監督の作品はいずれも、人間のおぞましいほどの暴力性を容赦なく描き、軽いトラウマを植え付ける程だ。一貫するのは、痛いモノは痛いとしっかり伝えるというポリシー。その監督の趣旨に理解を示し、共犯者となる俳優陣の勇気にも拍手を送りたい。

  • 清水 節
    理不尽な暴力を執拗に見せられ、目撃はやがて激痛に変わる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     客観視できない。被差別を追体験することになる映画だ。白人と変わらぬ生活を送っていた黒人が突如として自由を奪われ、屈辱を味わう。理不尽な暴力を受ける地獄の日々を、スティーヴ・マックィーン監督は長回しで執拗に見せる。目撃はやがて激痛に変わっていく。
     
     19世紀半ばの実話だが、無関心と排外性が高まる現在に向けられたメッセージでもあるだろう。脚本は終盤に大きな瑕疵がある。しかし重要なのは、アメリカでは国の成り立ちの暗部を新たな視点で見つめる映画が恒常的に生まれ、それを業界団体の最高峰である芸術科学アカデミーが評価して世界に知らしめることだ。翻って、わが国はどうだろう。

  • くれい響
    プロデューサー、ブラピの美味しいとこ取り
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     よく知らない連中との飲み会から一夜明けると、鎖に繋がれていたという『ホステル』ばりにホラーな冒頭から、次々ヘビイな展開を畳み掛けてくれる本作。まぎらわしい名を持つアフリカ系イギリス人の監督は、前作『SHAME−シェイム−』同様、観客を主人公に感情移入させようなんて思っちゃいない。奴隷として、雇い主を転々とした男が体験する12年を淡々と描くのみ! 
     とはいえ、監督以前に、写真家・彫刻家として評価されていた彼だけに、画作りを含め、かなり計算されているのが分かる。そんななか、風のように現れ、去っていくスナフキンのようなブラピ。自身がプロデューサーなので、美味しいところをかっさらってくれます。

  • 森 直人
    祝・オスカー受賞。でも中身はハードコア!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    先日発表されたアカデミー賞で作品賞を獲得。とはいえ、『カラーパープル』的な感動作だと油断してたらギョエ~!!と度肝を抜かれるので要注意。むしろ『マンディンゴ』顔負けの残虐描写が炸裂する。しかも臨場感たっぷり。幸福な日常が一瞬にして生き地獄へ――というお話の構造はある種の不条理劇に近い。

    監督はアフリカ系イギリス人のスティーヴ・マックィーンだが、『SHAME−シェイム−』でも組んだマイケル・ファスベンダーとの特濃変態タッグが表現的な核ではないか。ルピタ・ニョンゴの助演女優賞はもちろん喝采だが、実質はファスベンダーやポール・ダノなど、狂気に憑かれた白人たちのドSな怪演のほうが強烈な印象を残す。

動画

映画『それでも夜は明ける』予告編

写真ギャラリー

Fox Searchlight Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『それでも夜は明ける』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『それでも夜は明ける』オリジナルポストカードセット
    オリジナルポストカードセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

衣装デザイン: パトリシア・ノリス
キャスティング: フランシーン・マイスラー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『それでも夜は明ける』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • それでも夜は明ける from 映画のメモ帳+α (2016年8月5日 1時40分)
    それでも夜は明ける(2013 アメリカ) 原題   12 YEARS A SLAVE 監督   スティーヴ・マックィーン 脚本   ジョン・リドリー 撮影   ショーン・ボビット 音楽   ハンス・ジマー 出演   キウェテル・イジョフォー マイケル・ファスベンダー ベネディクト・カンバーバッチ       ポール・ダノ ポール・ジアマッティ ルピタ・ニョンゴ       サラ・ポールソン ブラッド・ピット アルフレ・ウッダード       ドワイト・ヘンリー ブライアン・バット アシ ...[外部サイトの続きを読む]
  • それでも夜は明ける/沈黙と静止のエフェクト from 映画・世界史から探る気になる人々 (2015年8月31日 7時56分)
    2013年 イギリス/アメリカ  黒人奴隷を所有することが常識だった19世紀のアメリカ。南と北の貿易体制と経済構造の異なりによる対立や黒人奴隷制度の存続を巡り起きた「南北戦争」。作品の舞台となるのは、この内戦が始まる20年ほど前。当時のアメリカの黒人は、大多数の「奴隷」とごく僅かな「自由黒人」がいた。自由黒人とは、所有者から自由になることを許された、または所有者が亡くなるなどして法律に... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『それでも夜は明ける』★人はなぜそこまで“残酷”になれるのかを感じながら from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年4月29日 1時37分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163886/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画 『 キンキー・ブーツ 』 では、ドラァグ・クイーンのローラに ガツンと喝を入れられた、爽快感をもらいました。 そんなローラを演じた キウェテル・イジョフォー が、今作では 誘拐されて、12年も奴隷状態だった男性;ソロモン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「それでも夜は明ける」 from ここなつ映画レビュー (2014年4月22日 15時7分)
    「これがアカデミー賞作品賞だ!」と言われても、「そうですか」としか言いようがない…。いや、悪い作品ではない。丁寧に作り込まれている。騙されて、自由人から奴隷の身に落とされてしまった黒人の主人公ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)の悲しみ、怖れ、足掻き、などが胸を打つ。だが、この違和感は何なのだろうか?騙されて奴隷、といっても…。それまで自由人であった事実が落差の激しさを表してはいるものの、アフリカの故郷から突然連れて来られた、という、多くの日本人の歴史認識としてあった奴隷とは異なる立ち位置。これ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「それでも夜は明ける」 from 元・副会長のCinema Days (2014年4月14日 6時9分)
    (原題:12 Years a Slave)現時点で今年(2014年)の米アカデミー作品賞候補作を全部観たわけではないが、おそらくノミネート作の中では一番質の低い映画だろう。結果的にその“低クォリティの映画”が大賞を獲得してしまったのだから、何とも釈然としない気分だ。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月3日の週の公開作品
  3. 『それでも夜は明ける』