シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ウォルト・ディズニーの約束

公式サイト:http://disney.jp/walt
ウォルト・ディズニーの約束
(C) 2013 Disney Enterprises, Inc.
英題:
SAVING MR. BANKS
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年3月21日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す。ポール・ジアマッティやコリン・ファレルら名優たちも豪華共演。頑固な作家の心の奥深くに秘められた、ある思いを浮き彫りにする展開に心打たれる。

ストーリー:1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うためにロサンゼルスに向かう。傑作児童文学の著者である彼女は気難しい性格で周りを困惑させる。スタッフたちはどうにかしてトラヴァースに映画化の契約書に署名してもらおうと心を砕くが……。

ウォルト・ディズニーの約束
(C) 2013 Disney Enterprises, Inc.

映画短評

  • 中山 治美
    ディズニー戦法、恐るべし
    ★★★★
    »読む«閉じる

     芸術家がいかに、自身の奥底に眠る感情を作品に投影しているのか? 映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話だが、とりわけ堅物の原作者P.L.トラヴァースの内面に迫っていく過程が興味深い。繊細かつ純粋。そんな彼女を、権力と夢の国のネズミさんを使って強引に丸め込もうとするディズニー戦法をつまびらかにした上にコメディ仕立てにするとは、一大娯楽産業を築いた企業の自信が伺える。
     そもそも原題は『SAVING MR.BANKS』と全く異なるのに、堂々とディズニーの名を日本語タイトルに付けてしまうとは。ブランド力を徹底的に使え! これ、昔からの社風なんですね。

  • 清水 節
    極上のエンタメの底に眠る、悲しみに満ちた作家の極私的テーマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     表向きは『メリー・ポピンズ』誕生までの舞台裏の長き確執。ウォルトの映画化への熱き願いを、なぜ原作者トラヴァースは頑なに拒み続けたのか。60年代初頭の時代再現と軽妙なバトルで眼を楽しませつつ、もうひとつの物語を見せる。それは、悲しみに満ちたトラヴァースの生い立ち。表層的には幸せそうな彼女の作品の根底には、非ディズニー的世界観が横たわっている。やがてウォルトは気づき、腹を割って話すのだ。
     
     メタ化という意味では『魔法にかけられて』に匹敵する。と同時に、極私的テーマを如何に普遍化してプロデュースするかという創作論にもなっている。笑って泣けて夢をみながら真実を知る。ディズニーの神髄ここにあり。

  • 森 直人
    決戦! ディズニーVS.史上最悪の原作者
    ★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭、『メリー・ポピンズ』の原作者P.L.トラヴァースの書斎に、彼女が信奉する神秘思想家グルジェフの著作が置いてあるところで「細かいな~」と唸ったが、その再現の精度の一方、作品自体はマニアックに閉じていない。

    悪戦苦闘を重ねるバックステージと並行して、物語はトラヴァースがなぜ映画化を拒むのか?の謎を探るべく少女時代の回想に潜っていく。やがてその双方を止揚する形で、ディズニーはなぜ夢物語を作り続けるのか、という自己言及的な創作論の核心に向かうのだ。

    「ディズニーによるディズニー論」と「父娘の愛情物語」を兼ねつつ観客を号泣へ持っていく。あくまで判りやすい感動を提供するのが、やはりディズニー的!

  • なかざわひでゆき
    アンチ・ディズニーに対する大いなる反論
    ★★★★
    »読む«閉じる

     「メリー・ポピンズ」の原作者トラヴァースが実は徹底した現実主義のニヒリストで、ディズニーの世界観を真っ向から否定しているのが面白い。
     そんな彼女の背負う辛い過去と原作に込められた意図を徐々に理解し、その頑なな心を解きほぐしていくウォルトやスタッフの真摯な姿を描くことで、本作はディズニー映画の真髄を浮き彫りにする。単なる絵空事の夢を売っているわけじゃない、と。つまり、これは世のアンチ・ディズニーに対する大いなる反論という側面も持ち合わせているのだ。
     過去へのノスタルジーに終始しない巧みな脚本は、優れたファンタジーが厳しいリアリティに根ざしていることを知らしめてくれる。

動画

映画『ウォルト・ディズニーの約束』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ウォルト・ディズニーの約束』ポスター
    ポスター
  • 映画『ウォルト・ディズニーの約束』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクションデザイン: マイケル・コレンブリス

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ウォルト・ディズニーの約束』の映画ニュース

  • カナダ人作家ルーシー・モード・モンゴメリーの小説「赤毛のアン」のドラマ化作品で、テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」の脚本家モイラ・ウォリー=ベケットが脚本を執...ーズ』のミランダ・ドゥ・ペンシエ、映画『ウォルト・ディズニーの約束』のアリソン・オーウェン、映画『レ・ミゼ...
  • アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた映画『わたしに会うまでの1600キロ』などのローラ・ダーンが、マクドナルドの創業者レイ・クロックの伝記的映画『ザ・ファウンダ...と。 監督は、『しあわせの隠れ場所』や『ウォルト・ディズニーの約束』のジョン・リー・ハンコック、脚本は『レ...
  • アントワーン・フークア監督、デンゼル・ワシントン主演の話題の新作『荒野の七人』のリメイク作品で、韓国のスター、イ・ビョンホンが出演交渉に入ったことがThe Hollywoo...ック・ピゾラットが執筆したものを、映画『ウォルト・ディズニーの約束』の監督ジョン・リー・ハンコックが改稿し...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ウォルト・ディズニーの約束 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年4月9日 22時56分)
    アイルランドとカリフォルニアの相性の問題 公式サイト。原題:Saving Mr. Banks。ジョン・リー・ハンコック監督、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、コリン・ファレル、アニー・ロー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ウォルト・ディズニーの約束(SAVING MR. BANKS) from シネマクマヤコン (2014年4月7日 1時0分)
    タイトルからは想像できませんでしたが、「メリー・ポピンズ」と言うミュージカル映画 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ウォルト・ディズニーの約束・・・・・評価額1800円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年3月30日 23時55分)
    物語の裏側にあるもの。 あまりにも有名なディズニーのミュージカル映画、「メリー・ポピンズ」のビハインド・ザ・シーン。 魔法使いのナニー、メリー・ポピンズは、本当は誰を助けにやって来たのだろうか。 映画は子供の頃に何度も観たし、原作も読んだが、この話は全く知らなかった。 原作者のパメラ・L・トラヴァース夫人と、プロデューサーのウォルト・ディズニーの間に交わされた約束とは。 物語の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ウォルト・ディズニーの約束」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年3月30日 2時12分)
    今日は思い入れの強い「メリー・ポピンズ」の制作秘話を映画化したこの作品。いやはや、思い入れが強い分、正当な評価ができていないかもしれませんが、「ちょうど良いハラハラ感」と「ちょうど良い感動」が得られる作品です。  実は私が初めて映画館で見た映画が「… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ウォルト・ディズニーの約束」~人は何故フィクションを求めるのか? from エンターテイメント日誌 (2014年3月29日 19時38分)
    評価:B 映画「メリー・ポピンズ」(1964)誕生秘話。原題はSaving M ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月17日の週の公開作品
  3. 『ウォルト・ディズニーの約束』