シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
日本の悲劇
(C) 2012 MONKEY TOWN PRODUCTION
製作年:
2012年
製作国:
日本
日本公開:
2013年8月31日
(渋谷ユーロスペース ほか)
上映時間:
配給:
太秦
カラー/モノクロ/35ミリ(DTS)、DCP(5.1ch)

チェック:『バッシング』などの小林政広監督が、余命3か月の父親とその父の年金を頼りに生活するうつ病の息子の悲劇を描く社会派ドラマ。ガンと診断され封鎖した自室にこもった父の息子への思い、何もできずに過ぎ行く日を暮らす息子の様子をつづる。小林監督作『春との旅』にも主演した日本屈指の名優、仲代達矢が父親を熱演。息子役の北村一輝のほか、大森暁美と寺島しのぶが共演する。現代の問題点をえぐり出す小林監督の鋭い着眼点と物語、キャスト陣の渾身(こんしん)の演技に圧倒される。

ストーリー:2011年3月11日の東日本大震災の日。東京の下町に住む村井不二男(仲代達矢)は入院し、肺ガンの手術を受ける。秋になり、再び手術をしなければ余命は3か月だと宣告されるが、勝手に退院。不二男と暮らす息子の義男(北村一輝)は無職で、妻と別れ、不二男の年金を頼りに生活していた。帰宅した不二男は義男の説得も聞かず、自室のドアや窓を封鎖して「ミイラになる」と言い放ち……。

日本の悲劇
(C) 2012 MONKEY TOWN PRODUCTION

映画短評

  • なかざわひでゆき
    “静と動”のぶつかり合いを演じる仲代達矢と北村一輝が圧巻
    ★★★★
    »読む«閉じる

    とある平凡な中流家庭の崩壊を通じて、貧困や年金、東日本大震災など現代の日本が直面する様々な社会問題を浮き彫りにする。主人公は余命幾ばくもない年老いた父親と社会復帰に挫折した引きこもりの息子。様々な不幸に見舞われた挙句、外の世界から隔絶してしまった彼らの苦悩と葛藤を、まるで舞台劇のように描いていく。実際に起きた年金不正受給事件をモデルにした作品。それだけに、重苦しい閉塞感に包まれた、しかし日本のどこかで今まさに起きているかもしれないというリアリズムを伴った問題作だ。

    最大の見ものは仲代達矢と北村一輝による渾身の演技対決。不器用で寡黙な父親の苦渋の決断を無言の悲哀を滲ませながら演じる仲代に対し、そんな父親の行動に激しく抵抗する息子の剥き出しの感情を演じきる北村。この2人の“静と動”のぶつかり合いはまさに圧巻であり衝撃である。

    父親の選んだ最終手段がなぜそれだったのか、息子を立ち直らせるためならもっと違った人生の指し示し方があるのではないか、という疑問は確かに残る。その点も含め、我々が今の日本社会とどう向き合っていかねばならないのかを考えさせる作品といえよう。

動画

映画『日本の悲劇』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『日本の悲劇』ポスター
    ポスター
  • 映画『日本の悲劇』チラシ
    チラシ
  • 映画『日本の悲劇』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・プロデューサー:
製作・スチール・タイトル: 小林直子
撮影: 大木スミオ
照明: 祷宮信
録音: 福田伸
美術: 山崎輝
編集: 金子尚樹
助監督: 石田和彦
衣裳: 宮田弘子
ヘアメイク: 星よしみ
装飾: 及川幸恵
小道具: 佐藤希
大道具: 手塚常光 / 村尾圭太
建具: 阿久津正巳
造園: 渡辺篤
子役: 羽鳥颯馬

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『日本の悲劇』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「日本の悲劇」 from 元・副会長のCinema Days (2013年12月2日 6時36分)
    脚本の詰めが甘い。確かに力のこもった映画ではあるのだが、ここに描かれるのは“悲劇のための悲劇”でしかなく、日常生活の中に潜む陥穽を暴き出すというような、真に観る者を慄然とさせる凄味は感じられない。惜しい出来だと思う。  元大工で、今はガンで余命幾ばく... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 日本の悲劇 from 別冊 社内報 (2013年9月28日 15時34分)
    「バッシング」小林政広監督作品。 仲代達矢と北村一輝の二人芝居を舞台で観ているような。 ひたすら家の中で、アングルも決まっているし。 ■ シアターキノにて(札幌上映初日初回) ...[外部サイトの続きを読む]
  • 日本の悲劇・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年9月15日 23時7分)
    この家族は、我々自身だ。 自らの命の終わりを予感した父親が、自らの年金にすがって生活している息子のために、最後に残そうとしたものとは。 「バッシング」「春との旅」の小林政広監督が描くのは、社会... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「日本の悲劇」:普遍性に至らず from 大江戸時夫の東京温度 (2013年9月8日 23時0分)
    映画『日本の悲劇』は、モノクロ(パートカラー)101分のメッセージ性あふれる作品 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 日本の悲劇(2013) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年9月4日 21時54分)
    公式サイト。小林政広監督、仲代達矢、北村一輝、大森暁美、寺島しのぶ。光の明暗で描かれた「夏の終り」の既視感がさらに強まって、本作はほとんどモノクロとちょっとだけカラー ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月26日の週の公開作品
  3. 『日本の悲劇』