シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

KANO ~1931海の向こうの甲子園~

公式サイト:http://kano1931.com
KANO ~1931海の向こうの甲子園~
(C) 果子電影
英題:
KANO
製作年:
2014年
製作国:
台湾
日本公開:
2015年1月24日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
制作:
果子電影有限公司
提供・配給:
ショウゲート
提供:
ソニー・ミュージックレーベルズ / tvk / 朝日新聞社 / ミリカ・ミュージック
カラー

チェック:日本統治下の1931年に台湾代表として見事甲子園出場を果たし、決勝まで進出した台南州立嘉義農林学校の実話を基に描く感動作。『セデック・バレ』2部作などを手掛けたヒットメーカーのウェイ・ダーションが製作総指揮を務め、野球を通して友情と強い絆を育む監督と部員たちの熱いドラマを活写する。永瀬正敏が鬼監督を熱演し、彼の妻を坂井真紀が好演。民族の壁を越え、一丸となって戦う球児たちのひたむきさと純真さに心打たれる。

ストーリー:1929年、日本統治下にあった台湾で、近藤(永瀬正敏)は弱小チーム嘉義農林野球部の新監督に就任する。日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民の混成チームは新監督の導きでそれぞれの能力をフルに発揮し、猛特訓にも必死で食らいついていく。それまで連敗続きだったチームは少しずつ成長を遂げ、部員たちは甲子園を夢見るようになる。

KANO ~1931海の向こうの甲子園~
(C) 果子電影

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    駅には日本兵として送られるセデック族らしき姿も。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    後半をほぼ占める、愚直なまでに力のこもった試合シーンは手に汗握るが、それも前半じっくりと三民族混成のチームが熱血監督によって心をひとつにしていくさまが描かれてこそ。語り手が途中で移行するのも巧みなところ、前半はもちろん嘉農の人々の目で綴られるが、中盤にライバル札幌商の錠者投手(青木健、快演!)が嘉義の地を訪れるくだりから物語ははっきり彼の回想という形になる。ライバルの目を通すことで物語が立体的に見えてくるのだ。なおここで描かれる日本統治下台湾はユートピアに近い。それが反日派の反感を招いたとも聞くが、『セデック・バレ』と併せ観ると魏徳聖らはその時代の諸相をそのまま掬おうとしているのが判るだろう。

  • なかざわひでゆき
    日本統治時代の台湾を知る上でも必見の野球映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     日本統治時代の台湾を舞台に、現地の弱小高校野球チームが甲子園での決勝戦出場を果たすまでの実話を描く。
     3時間を越える長尺を全く感じさせないストーリー運びは見事。中でも、野球経験をもとに選ばれた若手俳優たちによる試合シーンの迫力は圧倒的だ。厳しくも愛情あふれる鬼監督・永瀬正敏との熱い絆のドラマも胸にグッとくる。
     平和でのどかな日本統治時代を郷愁たっぷりに振り返るという点で、もしかすると賛否が分かれるかもしれない。だが、いつの時代にも光と影があり、どちらか片方だけを見ていては歴史を理解できまい。抗日暴動事件を描いた「セデック・バレ」の次に、この題材を選んだ製作陣の意図もそこにあるはずだ。

  • くれい響
    これが本当の野球映画だ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    一瞬尻込みしてしまう上映時間185分。事実とはいえ、鬼監督に導かれた弱小チームが甲子園に出場する、決して斬新といえないストーリー。にも関わらず、これがまったく飽きさせないから驚きだ。演出はベタかもしれないが、それも味になって、じつに流れるようなテンポで胸に迫ってくる。特筆すべきは野球経験者による嘘のない試合シーンで、そこにたっぷり尺を使う新鋭マー・ジーシアン監督のスゴさ。プロデューサーのウェイ・ダーションより才能があるのを認めざるを得ない。徹底的にチームの団結力を描き、各選手の印象は永瀬正敏演じる鬼監督のインパクトに押され気味だが、知らず知らずに「天下の嘉農」を応援してしまうはず!

動画

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』予告編
映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』特報
映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』川崎宗則選手コメント映像

ポスター/チラシ

  • 映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』ポスター
    ポスター
  • 映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』チラシ
    チラシ
  • 映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』オリジナルリストバンド
    オリジナルリストバンド

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作総指揮・脚本・プロデューサー: ウェイ・ダーション
プロデューサー: ジミー・ファン
音楽: 佐藤直紀

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「KANO 1931 海の向こうの甲子園」:野球“試合”映画 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年3月22日 0時17分)
    映画『KANO 1931 海の向こうの甲子園』は3時間5分に及ぶ台湾映画。そして ...[外部サイトの続きを読む]
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 from ダイターンクラッシュ!! (2015年2月15日 10時59分)
    2015年2月11日(水) 17:40~ チネ7 料金:1300円(川崎の金券屋でチネチッタ共通鑑賞券を購入) 試合が多すぎ 『KANO 1931海の向こうの甲子園』公式サイト 実話。 台湾、韓国が日本統治下で、満州国があった頃の甲子園大会。 韓国からは京城、満州からは大連、そして本作の主人公である嘉義からが出場。 近年、親日と言われる台湾発のこの映画は、流石に抗日要素が無く、差別的発言をする新聞記者が出てくるだけで、こいつも直ぐに改心してしまう。 香港に渡った倉田保昭先生が、ジミーさんに騙さ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「KANO  1931海の向こうの甲子園」 from prisoner's BLOG (2015年2月13日 9時44分)
    野球シーンの迫力、魅力が絶大で、考えてみると、日本映画でも高校球児たちのプレイをこれだけみっちり描いたのはなかったのではないかと思わせる。風呂のシーンなど、しっかり身体ができているのに感心する。 日本語のセリフはたどたどしいところがあって、当時は日本語... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『KANO 1931海の向こうの甲子園』は親日映画なの? from 映画のブログ (2015年2月1日 13時46分)
    【ネタバレ注意】  凄いものを観てしまった。  それが『KANO 1931海の向こうの甲子園』を観た正直な感想だ。ウェイ・ダーション(魏徳聖)が監督した『セデック・バレ』を観てからずっと期待し続けてきた本作は、期待を裏切らないどころか、期待を遥かに上回る作品だった。  上映時間は185分と長めだが、アニメ『エースをねらえ!』を一気に観たり、マンガ『柔道部物語』を一気に読むよう... ...[外部サイトの続きを読む]
  • KANO 1931海の向こうの甲子園・・・・評価額1650円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年1月27日 23時19分)
    1931、フィールド・オブ・ドリームス。 今から84年前の夏、日本統治下の台湾で、それまで一度も勝ったことのない弱小野球部が奇跡を起こす。 タイトルの「KANO」とは、台湾南部の嘉義農林学校の略称、嘉農のこと。 漢人、台湾先住民、日本人の混成チームである嘉農野球部は、人々の希望を背に受け、崇高な一つの夢に向かって団結し躍進する。 監督・脚本は、大日本帝国に対する台湾先住民セデック... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年1月19日の週の公開作品
  3. 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』