シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

ストレイト・アウタ・コンプトン

公式サイト:http://soc-movie.jp
ストレイト・アウタ・コンプトン
(C) 2015 UNIVERSAL STUDIOS
英題:
STRAIGHT OUTTA COMPTON
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年12月19日
(渋谷シネクイントほか)
上映時間:
配給:
シンカ / パルコ / ユニバーサル映画
製作会社:
Circle of Confusion / Cube Vision / Legendary Pictures / New Line Cinema
カラー/シネマスコープ/デジタル

チェック:アイス・キューブやドクター・ドレーら、大物ラップアーティストが結成していた伝説的グループN.W.A.の軌跡に迫る実録音楽ドラマ。カリフォルニアの中でも犯罪発生率の高いコンプトンで、彼らがラップで成功をつかんでいく姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、『完全なる報復』などのF・ゲイリー・グレイ。アイス・キューブの息子のオシェア・ジャクソン・Jrやポール・ジアマッティらが結集する。波瀾(はらん)万丈を極めたドラマはもちろん、全編に響き渡るストリートの苛酷さを訴えたラップにも心を奪われる。

ストーリー:1986年、カリフォルニアのコンプトン。アメリカ屈指の犯罪多発地域として知られる同地に暮らす、アイス・キューブ(オシェア・ジャクソン・Jr)、ドクター・ドレー(コーリー・ホーキンズ)ら5人の若者はヒップホップグループN.W.A.を結成する。危険と隣り合わせで、先の見えない毎日を強いられている不満や怒りをビートとリリックに乗せて吐き出す彼らのサウンドは、瞬く間に絶大な人気と支持を集める。しかし、名声を得た彼らに社会からの偏見や仲間の裏切りといった苦難が降り掛かる。

ストレイト・アウタ・コンプトン
(C) 2015 UNIVERSAL STUDIOS

映画短評

  • なかざわひでゆき
    銃規制に反対する人々の心理も理解できます
    ★★★★
    »読む«閉じる

     伝説のギャングスタラップ集団N.W.A.の軌跡を辿った本作は、貧困と差別と犯罪が渦巻くスラム街コンプトンから飛び出した彼らの生き様を通じ、音楽業界のみならず米社会そのものの光と影を浮き彫りにする。
     隣近所の銃撃戦や麻薬密売など日常茶飯事、守ってくれるはずの警察にまで虐げられる。そんな最下層の過酷な環境で育った彼らにとって、音楽こそが人生を切り開く最大のチャンスであり、権力や社会に物申す唯一の手段だったことがよく分かる。
     と同時に、アメリカの特定層の人々が銃規制に反発する理由も理解できよう。自分を守れるのは自分だけ、政府も警察も頼りにならないということを、彼らは嫌というほど知っているのだ。

  • くれい響
    エンタメ要素の幕の内状態!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    まさかの上映時間147分に、尻込みするなかれ! 友情と裏切りが交差する音楽業界サクセスストーリーを軸に、エロも、ヴァイオレンスも、泣ける難病ドラマまで、エンタメ要素をブッ込んだ幕の内弁当状態。それだけ波乱万丈すぎる実録N.W.A.史なので、ヒップホップやブラックカルチャーに興味なくても問題なし。社会派ドラマとしてのバランスの巧さなど、次回作は『ワイスピ』最新作なF・ゲイリー・グレイの職人気質を改めて目の当たりにし、2015年ベストテンにギリ滑り込み! それにしても、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』に続き、今回も主人公を陥れる役どころを怪演するポール・ジアマッティ、マジでヤバイっス!

  • 山縣みどり
    ストリート出身の青年の才能と根性に感動
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ギャングスタ・ラップに興味はないが、N.W.A.の栄枯盛衰というのが非常にドラマティックで長尺も苦にならず。犯罪率の高い貧困地区に生きる若者の葛藤と成功という実話の裏話にブラック・カルチャーの隆盛や人種差別といった社会背景を絡めたF・ゲイリー・グレイ監督の社会派風な視点も新鮮だ。言論の自由を盾に権威に挑戦した伝説のコンサートなどを経てラップをメジャーにしたN.W.A.の功績と彼らを利用する金の亡者という構図もわかりやすく、判官びいきなDNAがざわめく。ドクター・ドレもイージーEも本人に似た役者が起用されているが、アイス役は彼の実の息子なのでラップも上手で、実録感がアップしている。

  • 森 直人
    1986年からの伝説的な英雄譚
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    三人の友情を軸に娯楽性と社会性が絡み合う。音楽映画としての精度も申し分なし。描かれるのは約10年だが、叙事詩の風格。これをアイス・キューブ主演のサウスセントラル青春物『friday』で監督デビューしたF・ゲイリー・グレイが手掛けたのも大きい。『カラーズ』や『8 Mile』の重要性が霞んでしまうほど!

    歴史的にはロックの内省化とクロスするように台頭してきたのがN.W.Aらのギャングスタ・ラップや、あるいはパブリック・エナミーらのポリティカルなヒップホップだろうが、少なくとも米国で、これほど音楽が社会闘争の武器として機能した時代は以降ないだろう。問題意識の継続は本作のメガヒットが証明している。

  • 平沢 薫
    音が迫ってくる。熱が押し寄せる。
    ★★★★
    »読む«閉じる

     音がヤバい。とりわけ低音がズゥンと響く。音楽自体の魅力が大音量で迫ってくる。物語だけでなく、音楽でも魅了する映画になっているのは、本作で描かれるミュージシャン本人たち、ドクター・ドレー、アイス・キューブが製作に参加しているからだろう。そして、彼らのクリップを手掛けてきたF・ゲイリー・グレイが監督したからだろう。
     本人たちが描く彼ら自身の物語なので、史実通りかどうかは関係がない。まだ無名な若者たちの、何かを生み出すことへの集中、納得できない妨害への怒り、そのどちらもが熱い。それが爆発するライブでは、パフォーマーと観客、双方の熱さが加熱する。その熱が、画面から荒々しく溢れ出す。

動画

伝説的グループN.W.A.に迫る実録ドラマ!映画『ストレイト・アウタ・コンプトン 』予告編
映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』特別動画

ポスター/チラシ

  • 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』オリジナル・レペゼン・ステッカー
    オリジナル・レペゼン・ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

アイス・キューブ:
ドクター・ドレー:
ジェリー・ヘラー:
ザ・ディーオーシー:
シュグ・ナイト:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ストレイト・アウタ・コンプトン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ストレイト・アウタ・コンプトン/STRAIGHT OUTTA COMPTON from 我想一個人映画美的女人blog (2016年1月27日 18時39分)
    アイス・キューブ、ドクター・ドレー、イージー・Eらによって結成された伝説的ヒップホップ・グループ“N.W.A.”の 誕生から崩壊、その後の顛末を巡る真実を完全映画化した音楽ドラマ。 暴力に走らず、[ラップ]という表現で権力者たちに立ち向かい、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ストレイト・アウタ・コンプトン」 from 元・副会長のCinema Days (2016年1月8日 6時41分)
    (原題:STRAIGHT OUTTA COMPTON)ミュージシャンの伝記映画としては実に見応えがある(似たような題材のイーストウッドの「ジャージー・ボーイズ」みたいな腑抜けたシャシンとは大違い)。その骨太で正攻法の作劇に感心するとともに、時代性の的確な描出と熱いメッセ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ストレイト・アウタ・コンプトン」:現代の“音楽家伝記映画” from 大江戸時夫の東京温度 (2016年1月4日 1時2分)
    映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』は、’80年代(~90年代)のギャングスタ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ストレイト・アウタ・コンプトン Straight Outta Compton よくあるスター転落物語を2015年Ver.で... from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年12月24日 21時34分)
    タイトルの「コンプトン」とは地名。 LAで最大級にスラム化したエリア = 犯罪多発地区。 ブラックニュージックの新たな発展系 RAP がこのエリアでまた方向性を見せた。 = ギャングスタ・ラップ それは街が犯罪多発地区に陥り劣化する環境そして、「警察からの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Straight Outta Compton (原題)・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年8月29日 15時29分)
    武器を取れ!音楽と言う武器を! 1980年代後半、ロサンゼルス近郊のコンプトンの若者たちによって結成され、HIP HOPの世界に旋風を巻き起こしたギャングスタ・ラップの雄、N.W.Aのメンバーたちを描く鮮烈な実録青春群像劇。 タイトルの「Straight Outta Compton」とは1988年の夏にリリースされた彼らのアルバム名で、直訳すれば「コンプトンから真っ直ぐ出てゆく」とな... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年12月14日の週の公開作品
  3. 『ストレイト・アウタ・コンプトン』