シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

プリデスティネーション

公式サイト:http://www.predestination.jp
プリデスティネーション
(C) 2013 Predestination Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Queensland Pty Ltd and Cutting Edge Post Pty Ltd
英題:
PREDESTINATION
製作年:
2014年
製作国:
オーストラリア
日本公開:
2015年2月28日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
配給:
プレシディオ
協力:
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
カラー/DCP/シネマスコープ

チェック:ロバート・A・ハインラインによる「輪廻の蛇」を基にしたSFサスペンス。時空を往来する犯罪者を取り締まるエージェントと出会い、その仲間になった青年が繰り広げる戦いと彼が抱える宿命を活写する。メガホンを取るのは、『アンデッド』『デイブレイカー』の双子監督マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ。主演は『ビフォア』シリーズなどのイーサン・ホーク。さまざまな時代を股に掛ける壮大な物語や息詰まるタッチに加え、スタイリッシュな映像にも引き込まれる。

ストーリー:1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョン(セーラ・スヌーク)は、バーテンダー(イーサン・ホーク)に自身が歩んだ人生を語る。それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊を何者かに誘拐されたという壮絶なものだった。それを機に男性として生きることを選んだジョンに、バーテンダーは未来からやって来た時空警察のエージェントだと明かす。驚く彼を自分の後継者に選んだバーテンダーは、装備を託すとともに宿敵である爆弾魔との対決に臨んでいく。

プリデスティネーション
(C) 2013 Predestination Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Queensland Pty Ltd and Cutting Edge Post Pty Ltd

映画短評

  • 平沢 薫
    原作のトリックは、実は映画向きだった
    ★★★★
    »読む«閉じる

    この映画をネタバレなしに紹介するのは難しい、と言ってしまうとそれも一種のネタバレかと気づき、この状況もなんだか原作小説の邦題「輪廻の蛇」のような。実は小説の原題は「All You Zombies(おまえたちゾンビはみんな)」で映画でも主人公の独白に登場、ゾンビ映画「アンデッド」でデビューした本作の監督コンビ、スピエリッグ兄弟は、この原題に惹かれたのに違いない。原作のトリックは、映画でやるのが難しいように思えるが、実は映画だからこそ効果的な仕掛けが可能なトリックだった。この映画を見るとそれが分かる。原作を読んでそれを見破ったことが、この兄弟監督の映像作家としての感度のよさを証明している。

  • 轟 夕起夫
    セーラ・スヌークが、若き倍賞千恵子に見えたのはなぜか!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     時をかけるイーサン・ホーク。いや、閉じた“時の環”の中を行き来し、ウロボロスの蛇となるタイムトラベラーの憂鬱。「俺は俺のおじいちゃん」と歌う、ロンゾ・アンド・オスカーのシニカルな「I'M MY OWN GRANDPA」をジュークボックスから流す周到なたくらみ! 双子監督による才気を楽しめる。が、重要であることは分かっていても、やや前半の会話劇がタルいか。その分後半はサービス過剰、加速がついて勢い余ってもう怒濤の展開なのだが。この冒険的な映画化の立役者、セーラ・スヌーク嬢のルックスが若い頃の倍賞千恵子とダブったのは、誰かが時を超えてやって来てボクに刷り込んだせいだろう……きっとそうに違いない。

  • 清水 節
    禁断のパラドックスを垣間見る、異端のタイムトラベル映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     短編小説の映画化は映像作家の実力を証明する最良のチャンスだが、ロバート・A・ハインライン作「輪廻の蛇」から、こんなにも豊かな“人間の宿命”が紡ぎ出されるとは驚きだ。バーテンダーへの自分語りで始まる、ある男の数奇な半生。物語に引きずり込まれると同時に、衣装に腕時計そして小粋な“時間旅行ガジェット”といった美術にも目を凝らしてしまう。これは禁断のタイムパラドックスを垣間見る、異端のタイムトラベル映画だ。おっと、これ以上の予備知識は不要。あとはスクリーンに身を委ね、ストーリーテリングの妙と卓越した映像センスに酔えばいい。メガホンを執ったマイケル&ピーターのスピエリッグ兄弟の今後の動向は要チェック。

  • 森 直人
    タイムパラドックスSFの極北に挑戦!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ロバート・A・ハインラインの短編小説『輪廻の蛇』の映画化……というだけで、原作を知っている人は「なんて大胆な!」と驚くはず。極めてトリッキーな展開の上、映像には不向きな大ネタを含んだ話だから。しかし「バーで身の上話を語り出す青年」に扮するサラ・スヌークの好演もあり、珍作すれすれの処を巧く駆け抜けていった。

    ただ前半は文句なく面白いのだが、後半、イーサン・ホーク扮する男がメインになってから語りの強度がやや落ちるのが惜しい。とはいえタイムパラドックスSFが好きな人は必見だろう。監督は『デイブレイカー』のスピエリッグ兄弟。冒頭、1970年のパートにストゥージズの「1970」を流すセンスにも痺れた!

動画

イーサン・ホークが時空警察を演じたSFサスペンス!映画『プリデスティネーション』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『プリデスティネーション』ポスター
    ポスター
  • 映画『プリデスティネーション』チラシ
    チラシ
  • 映画『プリデスティネーション』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・音楽・製作:
監督・脚本・製作:
製作総指揮: ゲイリー・ハミルトン
特殊メイク: スティーヴ・ボイル
ヘアメイク: テス・ナトリ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『プリデスティネーション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • プリデスティネーション from 映画三昧、活字中毒 (2015年5月9日 22時46分)
    ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞プリデスティネーション/PREDESTINATION 2014年/オーストラリア/97分 監督: マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 出演: イーサン・ホーク/セーラ・スヌーク/ノア・テイラー/クリストファー・カービイ/クリス・ソマーズ 公式サイト 公開: 2015年02月28日 1975年、NYでは“不完全な爆弾魔(フィズル... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「プリデスティネーション」 from 元・副会長のCinema Days (2015年4月6日 6時36分)
    (原題:Predestination)宣伝ポスターは何やら“SF大作”みたいな雰囲気だが、実際は上映時間は短く、小品とも言えるオーストラリア映画だ。出来の方は悪くない。ウィットに富んだ短編小説を読んだような(実際に原作小説も短編なのだが ^^;)、ホロ苦い味わいが残る... ...[外部サイトの続きを読む]
  • プリデスティネーション/PREDESTINATION from 我想一個人映画美的女人blog (2015年3月11日 23時23分)
    先月一番たのしみだったこれ。  やっと観れた~ 同じく、イーサン主演の 人口の95%がヴァンパイアになってしまった未来を描いたSF「デイブレイカー」 の、オーストラリアの双子監督ピーター&マイケル・スピエリッグ最新作 SFの巨匠ロバート・A・ハイン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • プリデスティネーション/この人生に閉じ込められて from 映画感想 * FRAGILE (2015年3月9日 12時26分)
    プリデスティネーションPredestination/監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ/2014年/オーストラリア アイデンティティの崩壊と救済の物語 ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン5、F-12で鑑賞。原作未読です。 マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ監督作は、2010年の「デイブレイカー」(やっぱり主演はイーサン・ホーク)がめちゃめちゃ珍作で面白かったので、今回も見てみようと思いました。 そしたら、まさかの涙腺崩壊映画で、わたしは……わたしは……。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • プリデスティネーション~永遠の自作自演 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年3月8日 21時25分)
    公式サイト。原題:Predestination。オーストラリア。ロバート・A・ハインライン原作、ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ監督。イーサン・ホーク、セーラ・スヌーク、ノ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年2月23日の週の公開作品
  3. 『プリデスティネーション』