シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
MUD マッド
(C) 2012 , Neckbone Productions, LLC.
英題:
MUD
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年1月18日
(ヒューマントラストシネマ渋谷)
上映時間:
配給:
東京テアトル / アース・スター エンターテイメント
カラー/シネマスコープ/デジタル

チェック:『テイク・シェルター』で脚光を浴びたジェフ・ニコルズと、『マジック・マイク』などの演技派俳優マシュー・マコノヒーが手を組んだ青春ドラマ。親友同士の少年二人が、島に潜む一風変わった男との出会いを通して成長する姿を描き出す。『ツリー・オブ・ライフ』のタイ・シェリダンやベテランのマイケル・シャノン、オスカー女優のリース・ウィザースプーンらが共演。友情やさまざまな愛の形を盛り込んだ物語が心に染みる。

ストーリー:14歳のエリス(タイ・シェリダン)はアメリカ南部、アーカンソー州の川辺のボートハウスで両親と暮らしている。彼はある日、親友ネックボーン(ジェイコブ・ロフランド)と出掛けたミシシッピ川の島でマッド(マシュー・マコノヒー)という男性と出会う。エリスは世間から隠れて暮らす彼に興味を抱くが、ネックボーンはマッドのことを快く思っていなかった。

MUD マッド
(C) 2012 , Neckbone Productions, LLC.

映画短評

  • 相馬 学
    マコノヒーはもちろん、ジュヴナイルの完成度にも注目
    ★★★★
    »読む«閉じる

     恋愛の機微を学ぶ少年を描いた、端正なドラマとして唸らされた。彼が出会った流れ者は来ないかもしれない女性を待ち、一方で少年の両親は夫婦仲が冷え切りつつある。大人の愛の現実がそこに見えてくる。

     少年が人生を学ぶという点でも歯応えアリ。流れ者は自由を体現し、父親は常識を説く。どちらも生きてゆくうえで必要なもの。そういう意味では悪役になりかねない厳格な父親を、理解できる人物として描いたバランスの良さが光る。

     注目のマシュー・マコノヒーは文句なしの好演で、『ダラス・バイヤーズ クラブ』でのオスカー受賞の追い風となりそうだ。何より、成長劇の“パーツ”としてきちんと機能している点が素晴らしい。

  • 森 直人
    絶品! 負け犬マコノヒーのカントリーブルース的抒情
    ★★★★
    »読む«閉じる

    賞レースを賑わせ中の『ダラス・バイヤーズクラブ』(2月22日公開)は、マシュー・マコノヒーがここ数年のアウトロー怪優路線を昇華した記念碑的な一本。その前にぜひ観ておきたい彼の出演作が、この『MUD』だ。ワケありの逃亡者ながら徐々に「イイやつ」の顔を見せる、負け犬ハンサムの色気が絶品の味わい。

    そんな彼に、ある種「自由」の匂いを嗅ぐミシシッピ州を舞台にした少年の冒険譚――という点でマーク・トウェインの世界、あるいは『スタンド・バイ・ミー』と比較する評が多いが、マコノヒーに焦点を合わせるとニューシネマの残響が強く前面化する。俊英ジェフ・ニコルズ監督が「南部もの」の正統を高感度に継承した秀作だ。

動画

映画『MUD -マッド-』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『MUD マッド』ポスター
    ポスター
  • 映画『MUD マッド』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『MUD マッド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『MUD マッド』を見た【映画】ジェフ・ニコルズ監督とマシュー・マコノヒーが贈る青春ドラマ from カフェビショップ (2014年11月10日 6時52分)
    これはおれがあいつであいつがおれでだね。 子供の俺が大人の俺に出会って 子供の俺は少し大人になったみたいな。 愛さえあれば世界は大丈夫と思っていた僕は 愛が不幸せを呼ぶこともある ということを知らなかった。 子供が秘密の遊び場にしてる島に 謎の男がどこ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • MUDマッド (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年10月31日 2時44分)
    川で生活している少年たちが、殺人を犯した男が恋人と逃げるのを助けようとするドラマ。 子供のころの思い出を語っているような雰囲気の映画だった。 DVDで観た。 □ 14歳の少年エリスは、米国アーカンソー州デウィットで両親と共にハウスボートに住んでいる。母親は町での暮らしを望んでいて両親は別居するかもしれない。  エリスは親友のネックとミシシッピー川に浮かぶ島の高い木の上に引っかかっ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「MUD  −マッド−」 from prisoner's BLOG (2014年7月29日 9時39分)
    タイトルのMUDというのはマシュー・マコノヒーの役名なのだが、直接には「泥」の意味だし、MADにもかけているのだろう。 泥、というのは川底の泥からさまざまなもの、貝から天井にとりつける豪華扇風機の羽までを拾ってくるおじさん(マイケル・シャノン、おっかない顔し... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『MUD―マッド―』★この男の生き様がきっと少年を大人にした from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年4月26日 1時1分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163659/ ↑↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   マッドとは、少年( 14 歳)エリスと友人が出逢った、逃亡犯の名前です。 マッドは、警察からも、殺した男の家族からも狙われています。     内容は、そのマッドの逃亡を援助する、エリス少年の“心の物語”なのですが エリスの心もようを映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • MUD-マッド-~夕陽のガンマン from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年4月2日 23時3分)
    公式サイト。ジェフ・二コルズ監督。マシュー・マコノヒー、タイ・シェリダン、ジェイコブ・ロフランド、サム・シェパード、マイケル・シャノン、レイ・マッキノン、サラ・ポール ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年1月13日の週の公開作品
  3. 『MUD マッド』