シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:NHK連続テレビ小説として放映され、大ブームを巻き起こし、海外でも人気の高い国民的ドラマ「おしん」を映画化。おしんの少女時代に焦点を合わせ、苦しい家計のためにやむなく奉公に出された彼女がさまざまな苦難に見舞われながらも、たくましく生きていく姿を描く。おしん役は、オーディションで選出された新星・濱田ここね、母親役に上戸彩、父親役に稲垣吾郎と多彩な顔ぶれが集結。『星に願いを。 Nights of the Shooting Star』などで知られ山形県出身の冨樫森が監督を務め、極寒の山形県で全てのロケを行った。

ストーリー:明治40年、凶作が原因でひもじい生活を強いられている小作・谷村家は、口減らしのため泣く泣く7歳のおしん(濱田ここね)を奉公に出すことに。奉公先の材木店で朝から晩まで働き通しの毎日を送る彼女は、雪が溶けたら家に帰れると信じてつらい日々を耐え抜く。しかしある時、店の50銭銀貨が紛失してしまいぬれぎぬを着せられたおしんは、雪が吹き荒れる天候の中、自分から店を出ていき……。

おしん
(C) 2013「おしん」製作委員会

映画短評

  • 森 直人
    「純・映画的」×「ザ・芸能界」の非・バランス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いま、なぜ『おしん』!?――最初はその一言に尽きる!と思っていたが、いざ観賞すると、まったく別の方向で面食らった。「本気」なのだ。謎の目的に向かってスタッフ・キャストが一丸となった壮絶な気迫が伝わってくる。すこぶる真面目な力作である。

    きっと企画としては最初からアジア全域のマーケットを視野に入れていたのだろう。本作はみごと、中国のアカデミー賞「金鶏百花映画祭」で国際映画部門の最優秀作品賞に輝いた。しかしありていに言うと、この映画は俗受けしないと思う。今どき愚直なほど「純・映画的」な志に満ちており、ロングショットや長回しなど、文法的にはむしろアート映画の範疇に入る。大陸的な風格の叙事詩。そして濱田ここねの芝居を丹念に見せる、少女の成長譚。相米慎二組の助監督出身で、新人の女子中学生をヒロインに起用した『非・バランス』(2001年)からスタートした冨樫森監督のひとつの集大成と評してもいいほど。

    ただ表現として真摯なだけに、どうにもお水っぽい印象との肉離れが気になる。それを象徴するのが、雪山でもメイクの乱れていない上戸彩の“特別ゲスト”感――つまり「ザ・芸能界」の匂いなのだと思う。

動画

映画『おしん』予告編
映画『おしん』特報
映画『おしん』劇場マナーCM

ポスター/チラシ

  • 映画『おしん』ポスター
    ポスター
  • 映画『おしん』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『おしん』特製ブックレットまたは限定レターセット
    特製ブックレットまたは限定レターセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 橋田壽賀子
脚本: 山田耕大

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『おしん』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「おしん」:現代的な軽さで、響かず from 大江戸時夫の東京温度 (2013年10月22日 23時21分)
    映画『おしん』は、なぜ今?というのが疑問の企画ですが、冨樫森監督がまずはそつない ...[外部サイトの続きを読む]
  • おしん from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年10月14日 0時42分)
    おしん (ポプラ文庫 日本文学) [文庫]国内外で大ブームを巻き起こしたNHK朝の連続テレビ小説を映画化した「おしん」。主演の濱田ここねちゃんの頑張りが光る。明治40年、山形県の寒村 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • おしん・・・・・評価額1650円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年10月13日 21時0分)
    日本の、素晴らしき女たちよ! 1983年から1984年にかけて放送され、平均視聴率52.6%の大記録を打ち立てたほか、世界68カ国で放送され人気を博した伝説の朝ドラ、「おしん」の30年ぶりのリメイク映画化。 明治40年の東北を舞台に、小作農の娘おしんが、ひたむきに家族を想い、過酷な奉公生活や厳しい自然環境に耐え、成長する姿を描いている。 オリジナルで小林綾子が演じた谷村しん役を、映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • おしん そもそも映画化に無理があった? from No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. (2013年10月2日 9時25分)
    【54うち今年の試写会6】久しぶりに試写会だ、しかも109シネマズ湘南が会場なので、超便利。 映画がはじまるまで時間つぶしに入った、テラスモール湘南のお隣にあるブックオフに、驚く量の中古サーフボードが売られていた! 今度ゆっくり物色しに行こう。  明治40年、凶作が原因でひもじい生活を強いられている小作・谷村家は、口減らしのため泣く泣く7歳のおしん(濱田ここね)を奉公に出す... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年10月7日の週の公開作品
  3. 『おしん』