シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
藁の楯 わらのたて
(C) 木内一裕 / 講談社 (C) 2013映画「藁の楯」製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年4月26日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たちの緊迫した道程をスリリングに描く。正義とは何かと揺れる思いを抱きながら、命懸けで犯人を移送する警視庁警備部SPを演じるのは大沢たかおと松嶋菜々子。少女を惨殺した殺人犯には藤原竜也がふんする。常に油断できない展開であっといわせる三池監督の演出が、サスペンスで生かされることが期待できる。

ストーリー:少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は凶悪犯を移送することになる。

藁の楯 わらのたて
(C) 木内一裕 / 講談社 (C) 2013映画「藁の楯」製作委員会

映画短評

  • 相馬 学
    激しく胸をザワつかせる強力エンタテインメント
    ★★★★
    »読む«閉じる

    観終わって振り返ると“ありえない”と思う点は多々あるものの、観ている間はテンションの高さに引っ張られて、ドラマの渦に飲みこまれる。“自分はどこまでプロに徹することができるのか?”“自分ならどうやって10億円をせしめるか?”などなど、頭の中で激しくクエッションが飛び交う。一方で、世知辛い世を斬る風刺も突き刺さってきて、ザワつきが止まらない。映画が2時間程度の間、観客を異世界に導いて何かを考えさせる芸術であるならば、本作は合格点をあたえられると思う。

  • 森 直人
    1970年代の邦画大作を思わせる大ぶりの熱気
    ★★★★
    »読む«閉じる

    カンヌでの「荒唐無稽」という評価を待たずとも、リアリティの面では極めてツッコミどころの多い作品。しかしその脇の甘さも含めて「味」だと言ってしまいたい! 例えば『新幹線大爆破』など、1970年代の日本映画娯楽大作を復活させたような大ぶりの熱気があるのだ。大芝居系の俳優をメインにそろえた極太の筆致で(顔のドアップがやたら多い)、路上に風がびゅうびゅう吹いている大袈裟すぎるクライマックスなど、まさに「劇場型」の魅力。役者陣では意外に長江健次(中小企業のがけっぷち社長)の印象が強い。また原作者の木内一裕はヤンキー漫画『ビー・バップ・ハイスクール』で有名なあの「きうちかずひろ」! 彼は映画監督としても『カルロス』『鉄と鉛』『共犯者』などソリッドな秀作をモノにしており、自身で本作を映画化していたらまた異なる味に仕上がっただろう。


  • くれい響
    B級原作を大作として作ったことがマイナスに
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    代表作を自身で監督した94年版「ビー・バップ・ハイスクール」やVシネのように、かなり実力はあるが、B級色が強いのは否めない原作者・きうちかずひろ。本作も彼自身で監督するために書いた原作というところがポイントである。つまり、コリン・ファレル版『S.W.A.T.』のようでオリジナリティのない設定や、荒さがあることが魅力だったのだ。そんな原作を大作として作れば作るほど、その荒さが目立つのは当然。三池崇史監督はスタッフ、キャストにVシネ要因を入れることで、それを回避しようとしていたが、その程度では難しく、緊張感のないシーンが延々と続く、2時間ドラマノリな結果に。そりゃ、カンヌで失笑を買うのは当たり前。レイトショー公開程度の低予算作品にしていれば、カルト的人気になっていたと思われるだけに残念。

  • なかざわひでゆき
    人間のおぞましさを赤裸々に描く
    ★★★★
    »読む«閉じる

    懸賞金10億円の凶悪犯を護送するSPたちの苦悩と戦いを描く。犯人の清丸は生まれついての異常者。性善説などまるで通用しない怪物だ。そんな彼の命を狙うのが、可愛い孫娘を殺された財界のドン、そして彼の提示した懸賞金に与ろうとする貧しい一般市民。さながら、弱者の仮面をかぶった怪物集団と言えよう。この両者の狭間に立たされた主人公たちの葛藤が物語の主軸となる。ストーリー展開やセリフは予定調和の域を出ないものの、三池監督の演出は本能と感情をむき出しにした人間のおぞましさを赤裸々に描いて秀逸。そして、正義とはなんと虚しく苦々しいものなのか。惜しむらくは、清丸を演じる藤原竜也が可愛らしすぎること。最後のテーマ曲も余韻ぶち壊しで萎える。

動画

映画『藁の楯』特報
映画『藁の楯 わらのたて』氷室京介&三池崇史監督対談映像
映画『藁の楯 わらのたて』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『藁の楯 わらのたて』ポスター
    ポスター
  • 映画『藁の楯 わらのたて』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督:
原作: 木内一裕
脚本: 林民夫

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『藁の楯 わらのたて』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】藁の楯 わらのたて from 海外ドラマ・映画など無料動画のシアターズ4U (2014年6月11日 20時59分)
    凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たちの緊迫した道程をスリリングに描く。少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『藁の楯』を観た from カフェビショップ (2013年9月29日 19時21分)
    なかなかおもしろかったっすね。 途中、みんなで会議するのがおかしくて 笑っちゃったけどね。 死に際とかに解説的というかまとめ的というか、 このキャラクターはこういう人かあ~みたいな わかりやすいセリフをひと通り言うとか、 けっこう笑っちゃうけど、 なか… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【藁の楯】本物の正義 from 映画@見取り八段 (2013年5月19日 4時42分)
    藁の楯    監督: 三池崇史    出演: 大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、山崎努 公開: 2012年4月26日 2013年5月8日。劇場観賞。 スリリングな展開で飽きさせない映画だった。ずっとハラハラしっぱなしで、目が釘付け… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「藁の楯」:直線的な娯楽作だが・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2013年5月15日 22時32分)
    映画『藁の楯』は、グランド・アイディア1本で勝負する骨太なエンタテインメント。そ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 833「藁の楯 わらのたて waranotate」 from わたしの(わたしの東京の日常と)映画日記。 (2013年5月14日 19時17分)
    先日観に行って来ました。物語はさておき、名前が(ドドーンと)載っていたのにもかかわらず、なかなか劇中に登場しなかった、わたしの大好きな 余貴美子さんに ハラハラドキドキさせられました。(笑)三池崇史監督作品。 . ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年4月22日の週の公開作品
  3. 『藁の楯 わらのたて』