シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

遺体 明日への十日間

公式サイト:http://reunion-movie.jp/

チェック:2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材としたルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に、メディアが伝え切れない被災地の真実を描き出したヒューマン・ドラマ。葬儀関係の仕事をしていた主人公を中心に、遺体を家族のもとに帰そうと奮闘する遺体安置所の人々の姿を映し出す。メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズの脚本や『誰も守ってくれない』などで知られる君塚良一。西田敏行が主演を務め、佐藤浩市や佐野史郎など日本を代表する名優たちが共演。東日本大震災の壮絶な様子と共に、遺体安置所の人々を通して日本人の死生観をも映し出す。

ストーリー:東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が多かったことから、遺体安置所でボランティアとして働くことになる。一人一人の遺体に優しく話し掛ける相葉の姿を見て、膨大な遺体に当初は戸惑っていた市職員たちも、一人でも多く遺族のもとに帰してあげたいと奮闘し続ける。

遺体 明日への十日間
(C) 2013フジテレビジョン

動画

映画『遺体 ~明日への十日間~』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『遺体 明日への十日間』ポスター
    ポスター
  • 映画『遺体 明日への十日間』チラシ
    チラシ
  • 映画『遺体 明日への十日間』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 石井光太
製作: 亀山千広

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『遺体 明日への十日間』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 壮絶なルポルタージュ、石井光太『遺体 震災、津波の果てに』映画化 from For James Bond 007 Lovers Only (2013年4月11日 1時57分)
    壮絶なルポルタージュ、石井光太『遺体 震災、津波の果てに』映画化 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『遺体 明日への十日間』を観る意義、撮る意義 from Healing (2013年3月8日 15時42分)
    遺体 明日への十日間 人間としての尊厳を取り戻し 家族のもとに帰ることあらすじなど、詳しくは公式サイトでどうぞ。 原作を号泣しながらやっとのことで読み、試写会で映画を拝見して、 こちらの記事も読んで、思ったことをつらつら書いております。 「自分は観ることはできないけれど、 撮ってくれてありがとう」と被災者の方はいいます。 でも、自分にはつらすぎる。見られない ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【遺体 明日への十日間】2万人の尊厳のある遺体 from 映画@見取り八段 (2013年3月1日 23時55分)
    遺体 明日への十日間    監督: 君塚良一    出演: 西田敏行、筒井道隆、志田未来、勝地涼、佐藤浩市、柳葉敏郎、酒井若菜、沢村一樹、緒形直人、國村隼、佐野史郎 公開: 2013年2月23日 2013年3月1日。劇場観賞。 もっとステレオタイプに震災を描いた映画なんだ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 遺体 明日への十日間 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年2月27日 0時11分)
    映画『遺体 明日への十日間』オリジナル・サウンドトラック [CD]震災発生後の遺体安置所での出来事を描くヒューマンドラマ「遺体 明日への十日間」。見ていてつらくなる内容だが、目 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『遺体 ~明日への十日間~』★いまだ身元不明の方々のことを心に留めて…… from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2013年2月26日 21時0分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160486/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       釜石市で、津波被害に遭った方の遺体安置所で、ボランティアをされた男性を 西田敏行さんが、演じました。     2011年3月11日 ( 金 ) 普段と変わりない... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年2月18日の週の公開作品
  3. 『遺体 明日への十日間』