シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
インヒアレント・ヴァイス
(C) 2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
英題:
INHERENT VICE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年4月18日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
日本語字幕:
松浦美奈
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー/ビスタサイズ

チェック:『ザ・マスター』のポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再度タッグを組み、アメリカの覆面作家トマス・ピンチョンの探偵小説を映画化。マリファナ中毒の私立探偵が元恋人の依頼を受けたことからさまざまな陰謀に翻弄(ほんろう)される様子を、舞台となった1970年代のポップカルチャー描写を織り交ぜて描く。共演にはジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、リース・ウィザースプーン、ベニチオ・デル・トロら豪華な俳優陣が集結している。

ストーリー:1970年代初頭のロサンゼルス。ビーチを拠点に活動するマリファナ中毒のヒッピー探偵ドック(ホアキン・フェニックス)を、以前付き合っていた女性が訪ねてくる。彼女の依頼を受け調査を進めるドックだったが、いつしか巨大な陰謀に巻き込まれていき……。

インヒアレント・ヴァイス
(C) 2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    モット、パンケークヲヲヲヲ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    LAに生まれ、当初その地を舞台にし続けたPTAが、久々に生地の、しかも自分の生まれた時代を背景にしたハードボイルド・コメディ。なに? 物語がよく判らない? そんなのチャンドラーのパロディばりなピンチョンの原作もそうだし、映画ではH.ホークス『三つ数えろ』以来の伝統で、“グルーヴィ”できればどうでもよくなるはず。次々と現れるフザケたエロキャラ(マッサージ嬢ジェイド最高!)と、怖いんだかなんだかよく判らない警察と悪の組織に、マリファナの紫煙にラリったJ.フェニックスともども流されればいい(だから最初ノれなければ最悪かも)。選曲も相変わらず素晴らしく、N.ヤングとCANとM.デニーには参った。

  • 相馬 学
    サイケデリック探偵劇の奥深さに近づけるか!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ポール・トーマス・アンダーソン監督が「ブギーナイツ」以来、久々に放つ1970年代のドラマ。それだけで十分に期待できたが、中身の密度の濃さは期待以上のものだ。

     ドラッグ吸引が当たり前のヒッピー社会で生きる私立探偵のドラマは混沌とともにスリルを増す。謎を解き、ある人物を助けようとする彼の奔走は、その混沌ゆえに目が離せなくなる。

     正直、設定が複雑過ぎる本作は誰にでも勧められるミステリーではない。しかし作品を見ながら思考する熟練の映画ファンには、ぜひ見て欲しい。ラストのテロップで示される“舗道の敷石の下にはビーチがある!”の意味を考えるだけでも歯応えがあるのだから。

  • なかざわひでゆき
    イマイチ話が見えてこないハードボイルド風群像劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     くたびれた場末の私立探偵が、依頼人の美しきファム・ファタールによって、不可解な事件に巻き込まれていく。レイモンド・チャンドラー的なハードボイルドの王道を踏襲しつつ、’70年代初頭のL.A.を舞台にした本作は、「マルタの鷹」というよりはサイケでフラワーな「ロング・グッドバイ」といったところか。
     ミステリーよりも70’sのヒッピー・カルチャーや、複雑に入り組んだ人間模様に重点が置かれていることもあってか、のらりくらりと煮え切らないストーリーにフラストレーションは溜まり気味。本来、群像劇はアンダーソン監督の得意とするジャンルなはずだが、本作に限っては今ひとつ精彩を欠いている印象だ。

  • 山縣みどり
    山無し、オチ無し、意味なしって、これぞ究極のヤオイ映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    一見ミステリー風で、実はマリファナ漬けの探偵がいろいろな場所でとんでもない事態を引き起こすコメディだった。ヒゲ面のホアキン・フェニックスの冗談とも本気ともつかないトリップ感が非常に効いている。登場人物が多い上に多彩で、群像劇が得意なポール・トマス・アンダーソン監督が惹かれたのも納得。ただし次々と登場するキャラクターを整理するのが一苦労だし、「こいつ、いらなくね?」と思われる人物にイラつくことも!? 70年代ファッションや豪華なセット、エンドクレジットの書体に至るまで凝った映像はおしゃれで、一見の価値あり。とはいえ物語としては山無し、オチ無し、意味なしな感じ。究極のヤオイ映画といってもいいかも。

  • 平沢 薫
    変化球ハードボイルドにニヤニヤクラクラ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     サエない私立探偵にファムファタール、とくれば、いわゆるハードボイルドの様式なのだが、ハードではなくフニャフニャ、クールではなくホット。70年代の色調と音楽、ホアキン・フェニックス演じる主人公は、モミアゲが長く汗かきで暑苦しい。ハードボイルドのお約束のナレーションは、主人公の独白ではなく、女性の声による注釈で、これがかなりおしゃべりなのに、登場人物たちもよくしゃべるので、トマス・ピンチョンの原作に負けない言葉の洪水に翻弄されるばかり。しかも笑える。そんなあれやこれやで幻惑する趣向なのかと思ったら、事件の裏を暴く謎解きストーリーがしっかりしていて、ちゃんとお話の最後まで引っ張って行ってくれる。

動画

ホアキン・フェニックスがヤク中の探偵を怪演!映画『インヒアレント・ヴァイス』予告編
「桐島」出演者と監督がP・T・アンダーソン監督作品を語る ポール・トーマス・アンダーソン監督最新作『インヒアレント・ヴァイス』公開記念『ザ・マスター』トークショー付き特別上映イベント

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『インヒアレント・ヴァイス』ポスター
    ポスター
  • 映画『インヒアレント・ヴァイス』チラシ
    チラシ
  • 映画『インヒアレント・ヴァイス』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『インヒアレント・ヴァイス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • インヒアレント・ヴァイス from 映画三昧、活字中毒 (2015年5月28日 0時7分)
    ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞インヒアレント・ヴァイス/INHERENT VICE 2014年/アメリカ/148分 監督: ポール・トーマス・アンダーソン 出演: ホアキン・フェニックス/ジョシュ・ブローリン/オーウェン・ウィルソン/キャサリン・ウォーターストン/リース・ウィザースプーン 公式サイト 公開: 2015年04月18日 1970年、カリフォルニア州ゴルディー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インヒアレント・ヴァイス」:1970年のゆるゆるハードボイルド from 大江戸時夫の東京温度 (2015年5月15日 22時58分)
    映画『インヒアレント・ヴァイス』は、1970年のロサンゼルスを舞台にした私立探偵 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インヒアレント・ヴァイス」 from 元・副会長のCinema Days (2015年5月6日 7時9分)
    (原題:Inherent Vice )ひたすら退屈な映画で、中盤以降は眠気との戦いに終始した。誉めている評論家もいるようだが、世の中には映画の出来そのものではなく、映画の手法やモチーフなどに過剰に拘泥してその範囲内ですべてを語ってしまえる人も存在するのだと、感心... ...[外部サイトの続きを読む]
  • インヒアレント・ヴァイス(2014) INHERENT VICE from 我想一個人映画美的女人blog (2015年4月29日 23時14分)
    INHERENT VICE=内在する欠陥。 アメリカの探偵小説作家トマス・ピンチョンの同名の小説(「LAヴァイス」)を映画化。 「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ザ・マスター」などの、ポール・トーマス・アンダーソン監督作。 殆どの作品観てるけど相... ...[外部サイトの続きを読む]
  • インヒアレント・ヴァイス (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年4月23日 3時14分)
    1970年頃のロサンゼルス。時代としては見通しの立たない泥沼化したベトナム戦争が続いていた。前年の69年にはマンソン一味による残虐な女優シャロン・テート殺害事件が起き映画の中でも触れられる。  酒とドラッグで年中もうろうとしているようなPI"private investigator"が、警察やFBIや麻薬ギャングや医者やらみんな欠陥だらけの奴らばかりと混沌とからみあう、一応コメディ。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年4月13日の週の公開作品
  3. 『インヒアレント・ヴァイス』