シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
インポッシブル
(C) 2012 Telecinco Cinema, S.A.U. and Apaches Entertainment, S.L.
英題:
THE IMPOSSIBLE
製作年:
2012年
製作国:
スペイン/アメリカ
日本公開:
2013年6月14日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
配給:
プレシディオ
カラー

チェック:ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが主演を務め、スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に描く感動の人間ドラマ。突如襲った災害により一時は離散してしまうも、諦めることなく生き抜いた家族の絆を描き出す。監督を務めるのはデビュー作『永遠のこどもたち』も好評だったスペインの新鋭フアン・アントニオ・バヨナ。危機的状況の中、サバイバルする人々の姿をパワフルな映像と胸打つ物語でつづるバヨナ監督の手腕にうなる。

ストーリー:2004年末、マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子と共にタイにやって来る。トロピカルムードあふれる南国で休暇を過ごすはずだったが、クリスマスの次の日、彼らは未曾有の天災に巻き込まれる。一瞬にして津波にのみ込まれ、散り散りになった家族はそれぞれの無事を祈りつつ再会への第一歩を踏み出す。

インポッシブル
(C) 2012 Telecinco Cinema, S.A.U. and Apaches Entertainment, S.L.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    人間は生きている限りその“生命”を全うせねばならない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    タイのスマトラ島沖で地震による津波に巻き込まれた一家の実話。なによりもまず、津波の圧倒的な描写に息を呑む。突然襲いかかってくる巨大な波の恐怖、なすすべもない人間の無力さ。とにかく痛い、苦しい、怖い。これほど臨場感をもって自然災害の凄まじさを再現した作品は他にないだろう。だからこそ、この悪夢を生き延びたことの奇跡が実感として伝わるし、離れ離れになった家族が再会するまでのドラマに説得力が生まれる。安易なお涙頂戴の感動ドラマにしなかった点も偉い。でなければ、実際に津波で犠牲になったその他大勢の命に対して失礼であろう。人間は生きている限りその“生命”を全うせねばならないことを改めて教えてくれる。それを身をもって示す母親を演じたナオミ・ワッツがまた素晴らしい。

動画

映画『インポッシブル』特報
映画『インポッシブル』予告編

写真ギャラリー

Summit Entertainment / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『インポッシブル』ポスター
    ポスター
  • 映画『インポッシブル』チラシ
    チラシ
  • 映画『インポッシブル』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作総指揮: ハビエル・ウガルテ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『インポッシブル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『インポッシブル』 from Cinema+Sweets=∞ 映画+スイーツBLOG (2013年12月16日 19時30分)
    ブログの更新をしていなかった間に鑑賞済の映画の感想も、ちょっとずつアップしていこうと。 そして、やっぱり今年一番の衝撃を受けた作品ということで、この作品から。 ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー共演の『インポッシブル』です。 ******************** 2004年のスマトラ島沖地震による大津波で被災したあるヨーロッパ人家族を巡る奇跡の物語を、『永遠のこどもた... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インポッシブル」 南海トラフ巨大地震 いつなのか? from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年11月14日 0時21分)
    「フェア・ゲーム」のナオミ・ワッツと「砂漠でサーモン・フィッシング」のユアン・マ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インポッシブル」 from ここなつ映画レビュー (2013年10月11日 14時6分)
    泣く、と判っていたけれど、本当に泣けました。津波の恐怖や、災害時に家族の消息がわからない不安感、それにももちろん同化して胸が苦しくなったけれど、最も泣けたのは、家族の中の長男が、精神的に少年から青年に成長して行く姿。 2004年、スマトラ沖で発生した、地震による津波の惨事に遭遇した、あるアメリカ人家族の物語。 クリスマス休暇でタイのリゾートへ幼子を含む家族5人で来ていたヘンリー(ユアン・マクレガー)とマリア(ナオミ・ワッツ)夫妻だったが、12月26日、スマトラ沖地震が現地を襲い、家族はバラバラに ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インポッシブル」:比類なき津波描写と、愛 from 大江戸時夫の東京温度 (2013年7月10日 22時41分)
    映画『インポッシブル』は2004年スマトラ島大津波の時に実際あった家族の物語をベ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インポッシブル」 from 元・副会長のCinema Days (2013年7月2日 6時32分)
    (原題:The Impossible)ハードな場面の連続だが、実録映画らしい切迫感と力強い演出、そしてキャストの頑張りにより見応えのある映画に仕上がっている。  2004年、ベネット夫妻と3人の子供たちは、クリスマス休暇を利用してタイのリゾートホテルにやって来る... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年6月10日の週の公開作品
  3. 『インポッシブル』