シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む。メガホンを取るのは、『チアーズ!』などのペイトン・リード。『ウォールフラワー』などのポール・ラッド、名優マイケル・ダグラス、『ホビット』シリーズなどのエヴァンジェリン・リリーらが出演している。小さな体を生かしながら、強大な悪を倒していくアントマンの姿は痛快。

ストーリー:仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。

アントマン
(C) Marvel 2015

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    やっぱり…あの人のヴァージョンが観たかったかな。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    P.リードのややレトロな美的センス、コメディの才を僕は大きく買ってはいて、本領発揮とまでは言えぬものの大健闘してはいるが、やはりE.ライトが監督していたらどうなったのかという叶わぬ夢がつきまとう。なんでもライト脚本はもっとシリアス (!?)で、原作ファンのリードはより原点に近づけたのだというけれど、それでもライトらしいアホの痕跡はあちこちにある…ように思う(特にクライマックス、誘蛾灯のくだりなど最高)。アイアンマン以上にちゃらんぽらんなヒーロー、P.ラッドや、『ブルージャスミン』以降重宝されてるコワモテB.カナヴェイルは好演だが、M.ペーニャはコメディが苦手なのか、意外にもあまり笑えない。

  • 相馬 学
    マーベルユニバースでもっとも愛すべきヒーロー、か!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     コメディの分野で活躍しているポール・ラッドがヒーローを演じるとなれば、これまでのマーベル・ヒーローとは違うことも想像できるが、想像以上に共感を引き寄せるキャラでグッときた。

     無職で前科持ちで、うだつの上がらないという言葉がピッタリくる主人公。それでもお人好しで子煩悩……という設定が効いており、ラッドの人好きのする個性と相まって、ついつい応援してしまう。

     クライマックスの戦場が高層ビル街や荒野ではなく家の中というのも、主人公のサイズ(肉体面だけでなく中身的にも)に合っていて妙味。キッチンや子ども部屋で伸びたり縮んだりしながらのバトルは、このヒーローならではの味だ。

  • なかざわひでゆき
    正直者がバカを見る世の中で、ちっぽけなヒーローが悪を正す
    ★★★★
    »読む«閉じる

     人生に行き詰った負け組中年男が、特殊スーツによって蟻んこサイズの極小ヒーロー、アントマンへと変身し、軍事企業の恐るべき野望に立ち向かう。
     大企業の不正を告発したせいで仕事も家庭も失った主人公。正直者がバカを見る今の世の中で、ちっぽけなヒーローが巨大な悪を正すというストーリーが痛快だ。仲間が貧困層の窃盗団ってのも皮肉が効いているし、主人公の願いが“娘にとって誇らしい父親になること”っていうのも泣かせる。
     現代社会を蝕む新自由主義経済やアメリカ式資本主義への批判が込められているのは明白。そうした社会性とエンタメ性のバランスが絶妙だ。やっぱり、なんだかんだ言ってマーベルヒーロー物は侮れない。

  • くれい響
    『チアーズ!』の監督がいい仕事してます。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    もう全然二枚目キャラじゃないポール・ラッドの抜擢や、人間味ダダ漏れすぎるマーベルキャラという点で、『アイアンマン』にも似た異端ヒーローの雰囲気が漂うなか、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』直後ということもあって、まったく気負ってない感じが持ち味の本作。主人公スコット・ラングのダメ親父キャラだけでなく、マイケル・ペーニャやT.I.ら、窃盗仲間とのブロマンス要素など、まさにエドガー・ライトこそが監督に適任だったが、そこは『チアーズ!』『イエスマン』の職人監督ペイトン・リード。ベタなギャグアリ、スパルタな訓練シーンアリ、トーマスを巧く使った列車アクションアリと、いい仕事してくれました。 

  • 平沢 薫
    誰のギャグなのか推測しつつ見るのも楽しい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     マイケル・ペーニャが語る伝聞シーンと、「きかんしゃトーマス」のおもちゃの列車での激闘シーン、そしてあのアリが最高! それだけで見る価値がある。「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のエドガー・ライト監督のファンとしては、彼が途中で降板したのが残念でならない本作だが、完成版の脚本のクレジットは4人。エドガー・ライトと、彼が製作した「アタック・ザ・ブロック」の監督ジョー・コーニッシュ、本作の主演のポール・ラッドと、彼が出演した「俺たちニュースキャスター」シリーズのアダム・マッケイの計4人。となると、どのギャグが誰のネタなのか、思わず推測しながら見てしまうが、それも楽しい。

動画

映画『アントマン』予告編
映画『アントマン』アクション満載の本編映像
映画『アントマン』ポール・ラッド&マイケル・ダグラスが踊りまくる!映像
ポール・ラッド、ブラマヨ小杉に「ヒーハー!はあなたのものです」 映画『アントマン』ジャパン・プレミア
ポール・ラッドが踊る踊る踊る!『アントマン』特別映像
アントマンVSファルコン!『アントマン』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『アントマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『アントマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『アントマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『アントマン』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『アントマン』イヤホンジャック
    イヤホンジャック

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アントマン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【アントマン】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月11日 1時36分)
    2008年の映画【アイアンマン】から始まったマーベル・スタジオの映画プロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース」 本作はその12作目 企画自体はイギリスの映画監 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アントマン from ダイターンクラッシュ!! (2016年1月15日 23時16分)
    2015年9月25日(金) 18:45~ TOHOシネマズ日本橋5 料金:400円(フリーパス+3D料金メガネ無し) パンフレット:未確認 印象薄い 『アントマン』公式サイト フリーパス19本目。 ほとんど内容の記憶が無い。 小さいということで、他のマーヴェル・ヒーローより特徴はあるのだが。 マーヴェルにしてはコメディ要素が強く、妙にシリアスになったアイアンマンと、見てくれはお笑いなのに生真面目なキャプテン・アメリカと共演するそうだが、どうなることやら。 お薦め度:☆☆★ ミクロマン度:☆☆☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「アントマン」  マーブルシリーズだけど、これはこれで新感覚!? from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年11月22日 10時57分)
    映画「アントマン」観ました。 SF系の映画で、初回は名作率が高いという話があります。 それは、舞台設定の説明や、能力などを身に付ける過程が語られ、無理なく入っていけるからと言われています。 この「アントマン」も、学歴もなく過去に犯罪に加担したためにまとも… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アントマン」:センチメートルの決死圏 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年10月5日 23時55分)
    映画『アントマン』は、マーヴェルのヒーローものにしてコメディーにしてファミリー・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:「アントマン」。 from ☆みぃみの日々徒然日記☆ (2015年9月30日 16時7分)
    平成27年9月29日(火)。 映画:「アントマン」。 監  督:ペイトン・リード 脚  本:エドガー・ライト 、 ジョー・コーニッシュ 、 アダム・マッケイ 、 ポール・ラッド ストーリー:エドガー・ライト 、 ジョー・コーニッシュ 視覚効果監修:ジェイク・… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月14日の週の公開作品
  3. 『アントマン』