シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
さよなら渓谷
(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年6月22日
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー/ビスタサイズ

チェック:『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説を、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の衝撃的な秘密を描きながら、男女の愛と絆を問う。愛と憎しみのはざまで揺れるヒロインの心情を、『ベロニカは死ぬことにした』などの真木よう子がリアルに体現。その夫役には『キャタピラー』などの大西信満がふんするほか、大森監督の実弟である大森南朋をはじめ、井浦新、新井浩文ら実力派が名を連ねる。

ストーリー:緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し、容疑者として母親が逮捕される。隣の家に住んでいる尾崎俊介(大西信満)がその母親と不倫していたのではないかという疑惑が、俊介の妻かなこ(真木よう子)の証言によって浮かぶ。事件を取材する週刊誌の記者、渡辺(大森南朋)がさらに調査を進めていくうちに、尾崎夫妻をめぐる15年前の衝撃的な秘密にたどり着き……。

さよなら渓谷
(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    危うい橋の上の真木よう子
    ★★★★
    »読む«閉じる

     物語の多くは、成功する、勝つ、成長する、たどり着く、結ばれる、そして幸せになることを目的に上昇する。しかし実人生がそうとは限らない。
     
     時系列が解体された流れの中で炙り出されてくるのは、15年前の集団暴行事件の被害者と加害者の一人の複雑極まりない内面。なぜ彼らは互いに惹き付け合ったのか。観る者の興味はその一点に集約されていく。男にとっての贖罪。唯一の理解者にすがった女。最初のうちはそうだったのかもしれない。だが、癒えることのない女の心の傷が蠢き、暴走する。
     
     絶望的な道行きが始まる。またも真木よう子が、危うい橋の上にいる。『ゆれる』でもそうだった。宙づりになった彼女の身体がある言葉を吐くとき、我々はハッと気づく。
     
     作り手も宣伝もメディアもこぞって「分かりやすさ」を旨とし、リテラシーの地盤沈下を招いたこの数十年にあって、大森立嗣監督は敢えて挑む。理解しがたくあてどもない心の旅。真木よう子と大西信満の身体は見事に応え、漂流する。

  • 今 祥枝
    見応えはあるが男性の視点は不快
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    映像化必至の吉田修一の原作ものとしては、一連の映像化作品の成功例にもれず本作も上手く翻案されている。真木よう子、大西信満のねっとりとした粘着質の演技も真夏の熱気とあいまった事態の異常さを無言で伝えて、大森立嗣監督の世界観にきっちりハマっており見応えがある。が、原作でも男性目線の描写が気になった”15年前の秘密”の顛末と、その後の彼らの関係性は、映画では弱冠形を変えてはいるが昇華されているとは言えず、理解に苦しむ。男女の深い何かを描いているようでいて、これで「それぞれに何かを感じ取って下さい」と言われても、映画もまた男性の視点から語られており戸惑いと苛立ちを禁じ得ないというのが正直な感想だ。

  • くれい響
    男の願望が先走ったヌルいメルヘン
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    孤独な男女の物語ということで、どうしても同じ吉田修一原作の『悪人』と比較してしまいがちだが、ネタバレとされている“15年前の秘密”が分かれば、やはり別物として捉えてしまうだろう。特に女性心理には響きにくい。だからこそ、いかに女性映画として成立させるかが、本作の課題であった。そのため、真木よう子や大森南朋の起用は正解だったが、再び脱ぐことを拒否した真木の女優魂はまだまだだし、『ゆれる』の呪縛みたいなものが付きまとう結果に。また、「ヘルタースケルター」の役柄と被ってしまった大森も、キャリア的にもマイナスとしかいえない。なにより、最大の欠点は彼の兄である大森立嗣監督が、完全に男主人公の目線で描いてしまったこと。それによって、男の願望が先走ったヌルいだけのメルヘンになってしまった。

  • 森 直人
    しっとり濡れた大人の「色気」がたぎる男女の道行き
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『悪人』(李相日)、『パレード』(行定勲)、『横道世之介』(沖田修一)など、吉田修一の小説を原作とした映画の成果が続いている。どの監督の資質にも親密に寄り添いつつ、同時に化学反応を起こしてワンレベル押し上げる“吉田修一力”は凄まじく、それは『さよなら渓谷』の大森立嗣も然り。これまで彼の持ち味だった「殺気」が漲るアウトロー男子世界に、しっとり濡れた大人の「色気」が加わった。秋葉原事件を題材にした大森監督の前作『ぼっちゃん』が彼のコアを剥き出しにした怪作だとしたら、今作は複合的なカラーがバランスよく溶け合っており、口当たりは一般向けと言えるかも(脚本は『婚前特急』の高田亮と大森の共同)。男と女の情念たぎる道行きに、筆者は野村芳太郎監督の往年のミステリー映画などを連想した。役者陣は皆素晴らしく、冒頭にヤンママ役で登場する新人女優・薬袋いづみにも注目!

動画

映画『さよなら渓谷』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『さよなら渓谷』ポスター
    ポスター
  • 映画『さよなら渓谷』チラシ
    チラシ
  • 映画『さよなら渓谷』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『さよなら渓谷』オリジナルポストカードセット
    オリジナルポストカードセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 吉田修一
エンディング主題歌: 真木よう子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『さよなら渓谷』の映画ニュース

  • 俳優の渡辺謙と女優の宮崎あおいが17日、都内で行われた映画『怒り』の初日舞台あいさつに出席、劇中で渡辺と父娘を演じた宮崎は、「明日からお父ちゃんと会えなくなっちゃ...ガホンを取った李相日監督も登壇した。 『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説...
  • 俳優の綾野剛と妻夫木聡が14日、都内で行われた映画『怒り』のジャパンプレミアに出席。本作で2人は同性の恋人同士を演じ、撮影前から共同生活を送るなどして仲良く役づくり...しかったです」と感想を述べた。 本作は『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説...
  • 俳優の池松壮亮と菅田将暉が、「別冊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の漫画を実写映画化する『セトウツミ』で主演を務めることが明らかになった。監督は『まほろ駅...前狂騒曲』『さよなら渓谷』の大森立嗣。 関西を舞台に、二人の男子...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『さよなら渓谷』を見た【映画】吉田修一原作、真木よう子主演ドラマ。被害者と加害者、15年の時を経て、二人は夫婦となった from カフェビショップ (2014年2月9日 7時18分)
    どうなんすかねえ。 うーむ、真木よう子の役柄は 体当たりの迫真の演技とかいうやつなのだけど、 どうなんすかねえと。 セックスシーンがあって喚くシーンがあると いい演技してるってことになるわけじゃないしなあ。 なかなかよかったけどね。 話がミステリー形式… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「さよなら渓谷」 真木よう子がヌードで濡れ場(;゜Д゜)! あらすじ&ネタバレ 過激画像・動画 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年2月8日 0時6分)
    『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説『さよ ...[外部サイトの続きを読む]
  • さよなら渓谷 (The Ravine of Goodbye) from Cinema Review シネマ・レビュー (2014年2月1日 14時39分)
    さよなら渓谷 (2013) ★★★☆☆ (Japan) 英語タイトル: The Ravine of Goodbye official site: http://sayonarakeikoku.com/ Starring: Yōko Maki(真木よう子), Nao Ōmori(大森南朋), Shima Ohnishi(大西信満), Anne Suzuki(鈴木杏) Direc... ...[外部サイトの続きを読む]
  • さよなら渓谷 from 映画三昧、活字中毒 (2013年9月29日 11時42分)
    ■ シネマライズにて鑑賞さよなら渓谷 2013年/日本/117分 監督: 大森立嗣 出演: 真木よう子/大西信満/鈴木杏/井浦新/新井浩文 公開: 2013年06月22日 公式サイト ある緑深い町で幼児殺害事件が起き、マスコミは連日のように幼児の親である立花里美の自宅を訪れていた。程なくして、容疑者として里美が逮捕されるが、事件を取材するためにやってきた週刊誌の記者、渡辺一彦は、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 一緒に不幸になるって約束したんです。真木よう子『さよなら渓谷』 from For James Bond 007 Lovers Only (2013年8月3日 23時13分)
    一緒に不幸になるって約束したんです。真木よう子『さよなら渓谷』 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年6月17日の週の公開作品
  3. 『さよなら渓谷』