シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
トランセンデンス
(C) 2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
英題:
TRANSCENDENCE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年6月28日
上映時間:
配給:
ポニーキャニオン / 松竹
カラー

チェック:『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、人類や世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』『マネーボール』などの撮影を手掛けてきたウォーリー・フィスター。ジョニー・デップ、モーガン・フリーマンら、実力派スターが顔をそろえる。電脳化が進む現代に警鐘を鳴らす物語と鮮烈なビジュアルに息をのむ。

ストーリー:人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手によって彼の頭脳と意識は、死の間際にPINNへとアップロードされていた。ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を見せ始め、軍事機密、金融、政治、個人情報など、ありとあらゆるデータを手に入れていくようになる。やがて、その進化は人類の想像を超えるレベルにまで達してしまう。

トランセンデンス
(C) 2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    C・ノーラン印も品質にばらつき有り【ネタバレ有り】
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     映画界において、ジョニデやC・ノーラン作品と言えば品質保証が確約されているイメージがあったが、その定説も崩れつつあるようだ。亡き天才科学者の知能がインストールされたコンピュータが、人間社会を操っていく。これまでも同様のテーマはあった。とはいえ、近い将来ありうる話だけに、では我々はどのように対応したらいいのか?という部分を期待して見るはずだ。ところがFBIは、ジョニデを殺害した過激派テロ集団と徒党を組んで武力制圧を試みる。その展開も浅はかだが、ジョニデ殺人犯はお咎めナシですかい。
     新人監督&新鋭脚本家のタッグ。彼らをデビューさせるための、ノーラン組の温情映画だと心して見るべし。
      
     

  • なかざわひでゆき
    言うなればハイテク版「フランケンシュタイン」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     いわゆる科学技術の暴走という筋書きに目新しさはないが、AI(人工知能)に人間的な意志や感情を移植することは本当にできるのか?というテーマには、それが決して絵空事ではない時代だからこその現実味が備わっている。
     案の定、行き過ぎた技術進歩は新たな怪物を生み出してしまうわけだが、このハイテク版「フランケンシュタイン」とも呼ぶべきストーリーが全く想定の範囲内で、簡単に先の展開が読めるのは食い足りなかった。
     大量殺人を犯したテロ組織のリーダーが、厳重な警備のもと身柄を拘束されるわけでもなくFBIの捜査に加わるなど、よく考えると首を傾げるような点も多々あり。どうも細部の詰めが甘いという印象が残る。

  • ミルクマン斉藤
    ストーリーテリングの不在が痛い。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    天才科学者の頭脳をインストールされたコンピュータが地球を脅かす…ってそれ、いつの時代の発想なんだ。『地球爆破作戦』かよ、と皮肉も言いたくなる。とても『her』と同時代の作とは思えない。ナノロボットが人類や地球を支配していく描写も安易。肉体を失ったジョニデ以外の登場人物(M.フリーマン、P.ベタニーら実力派キャスト群)は、いつしか何故か対A.I.テロリスト側と合流するのだけど、呆れるほどに何もできない始末。結局はR.ホールとの「夫婦愛」が持ち出されて……いや、この「愛」とやらが描きたかったのかも知れないが、それならいっそ硬派ぶるのを捨て、ロマンティックに開き直れば良かったものを。

  • 平沢 薫
    カメラマン出身監督がやりたかったのはきっとコレ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     本作が監督デビュー作となるウォーリー・フィスターは、撮影カメラマン出身。クリストファー・ノーラン監督作の撮影を「メメント」から「ダークナイト・ライジング」まで担当した。だから本作については、まずカメラマンとして、人工知能の硬質で冷たい青色と、大地の柔かく暖かな橙色を、特にその質感を重視して、対比的に描くことに魅力を感じたのではないか。

     そして、この2者の対比が、物語と強く結びついているから、監督したいと考えたのではないだろうか。

     映画中で、前者は後者との差異を"超越"して、別の何かに進化しようとする。それをどうやって説得力のある映像にするか。監督は、その難業に果敢に挑んでいる。

動画

映画『トランセンデンス』特別映像「Singularity(特異点)」
映画『トランセンデンス』特別映像「Transcendence」
映画『トランセンデンス』予告編
映画『トランセンデンス』特報
映画『トランセンデンス』特別映像「R.I.F.T.」

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『トランセンデンス』ポスター
    ポスター
  • 映画『トランセンデンス』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『トランセンデンス』極秘情報入り!おでかけデップICパスケース
    極秘情報入り!おでかけデップICパスケース

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『トランセンデンス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『トランセンデンス』を観ました【映画】ジョニー・デップ主演、人工知能(A.I.)の進化を描いたSFドラマ from カフェビショップ (2014年12月10日 7時12分)
    自立した人工知能の話。 究極の知性を人間が作ることができるかみたいな。 AIの研究って今どのへんまでいってるんすかねえ。 膨大なデータベースを持って それに照らしあわせて反応するのは 自立しているとはいえないわけで、 まあ、自我っていうやつですか、 それ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • read what he said from read what he said (2014年10月3日 19時43分)
    映画『トランセンデンス』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • uberstrike generator money from uberstrike generator money (2014年8月16日 1時22分)
    映画『トランセンデンス』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • xpango hack no survey from xpango hack no survey (2014年8月15日 16時33分)
    映画『トランセンデンス』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • farmville 2 cheat engine 6.3 cash from farmville 2 cheat engine 6.3 cash (2014年8月10日 20時38分)
    映画『トランセンデンス』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月23日の週の公開作品
  3. 『トランセンデンス』