シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
聖者たちの食卓
英題:
HIMSELF HE COOKS
製作年:
2011年
製作国:
ベルギー
日本公開:
2014年9月27日
(アップリンクほか)
上映時間:
配給:
アップリンク
カラー/16:9

チェック:インドのパンジャーブ地方にあるシク教総本山ハリマンディル・サーヒブで、日々巡礼者や旅行者に無料で提供される10万食の食事の舞台裏に迫るドキュメンタリー。約300人の奉仕者たちの手作業による膨大な量の食事が出来上がり、人々の口に入るまでを刻々と映し出す。監督は映像作家のフィリップ・ヴィチュスとヴァレリー・ベルト。老若男女が集い、人海戦術でまるで魔法のように完成する食事の神々しさに心打たれる。

ストーリー:インド北西部アムリツァルにあるシク教寺院ハリマンディル・サーヒブでは、毎日10万食を人々に提供するため早朝からサバダールと呼ばれる奉仕者たちが作業を開始する。彼らは野菜の下ごしらえをし、チャパティをこねて焼き、カレーやサラダを用意する。ここでは宗教も人種も階級も関係なく、みんなが平等に手にした食事を共に口にする。

聖者たちの食卓

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    インドの詩的な記録フィルム、といえばいえるが。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    野菜の皮を剥く手さばき、分業体制で次々と焼かれていくチャパティ、猛スピードで綺麗になっていく食器…一日10万人の参拝者に食事をまかなう黄金寺院の無料食堂の一日を描くこの作品。圧倒的な色彩、食材、人の量、その画面は確かにスペクタキュラーともいえるのだが、「なんか西洋人が来やがったな」的な教徒たちの目や行動(いきなりキャメラの前に立ったりする)も考慮する必要がある。上映時間も1時間程度しかなくて正直物足りず、これを宗教映画としてとらえるなら、これだけの作業を無償奉仕するシク教徒の高いホスピタリティの背景をせめてもう少し掘り下げてほしいところ。

動画

映画『聖者たちの食卓』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『聖者たちの食卓』ポスター
    ポスター
  • 映画『聖者たちの食卓』チラシ
    チラシ
  • 映画『聖者たちの食卓』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『聖者たちの食卓』ターリー&インドカリー
    ターリー&インドカリー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『聖者たちの食卓』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】 聖者たちの食卓 from 別冊 社内報 (2014年11月26日 13時49分)
    例によって飛び込みで。 よい題材なのに、監督の思い入れが激し過ぎて、わかりづらい。 スクリーンからは伝わらないけど、ずいぶん衛生的に大変だろうなぁ、と。 上映始まってから入ってきたお姉ちゃんが私の横で立ちながらスマホをいじり始めた。 注意すると「暗くて席がわからないんです!」とキレる。 スマホで調べてわかるのか?!とこちらもキレてもいいけど、元々上映時間の短い作品。 ただでさえ始まりのいい部分を彼女との口論に費やして見逃した。 とにかく座らせようと、空いてる椅子を指したら素直に応じた。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年9月22日の週の公開作品
  3. 『聖者たちの食卓』