シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
サンローラン
(C) 2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL
英題:
SAINT LAURENT
製作年:
2014年
製作国:
フランス
日本公開:
2015年12月4日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
後援:
在日フランス大使館 / アンスティチュフランセ日本
カラー/ビスタサイズ/5.1ch デジタル

チェック:世界的な知名度を誇るファッションデザイナー、イヴ・サンローランの栄光と挫折を、1967年からの10年間に焦点を絞って赤裸々に描いたドラマ。多忙を極める一方で重圧や孤独に悩む様子や、アルコールや薬への依存やパートナーとの関係といった衝撃的な出来事までもを映し出す。監督は『メゾン ある娼館の記憶』などのベルトラン・ボネロ。主演を『ハンニバル・ライジング』などのギャスパー・ウリエルが務めるほか、『ある子供』などのジェレミー・レニエなどが共演。ギャスパーによるサンローランの成り切りぶりに注目。

ストーリー:1967年、フランス・パリ。イヴ・サンローラン(ギャスパー・ウリエル)は斬新なコレクションを次々と発表し多忙を極めるとともに、カルチャーアイコンとしてもその名をとどろかせていた。しかし、サンローランはプレッシャーから次第にアルコールや薬に依存していく。

サンローラン
(C) 2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

映画短評

  • なかざわひでゆき
    サンローランに特別な思い入れがなければ辛いかも
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     イヴ・サンローランの伝記映画といえばジャリル・レスペール版が昨年日本でも公開されたが、こちらはたまたま同時期に制作されたベルトラン・ボネロ版である。
     サンローランの半生を時系列でドラマチックに追ったレスペール版に対し、ボネロ版は最盛期の10年間と晩年の彼に焦点を当て、あえてストーリー性を排除しながら人間サンローランの素顔を多角的に捉えていく。シーン前後の関連性も時間軸も基本的にバラバラ。試みとしては面白いものの、正直なところ抽象的で分かりづらい。
     とりあえず、『家族の肖像』以来40年ぶりとなるヘルムート・バーガー&ドミニク・サンダの共演(直接的な絡みはないけど)は映画ファンとして嬉しい。

  • 平沢 薫
    このキャスティング、超豪華!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     まず、キャスティングが豪華。サンローラン役は「ハンニバル・ライジング」のギャスパー・ウリエル。その長年の公私に渡るパートナー役は、ダルデンヌ兄弟監督作の常連ジェレミー・レニエ。主人公の放埒な愛人役は、フィリップ・ガレル監督の息子ルイ・ガレル。晩年の主人公役は、ヴィスコンティ映画の美男俳優ヘルムート・バーガー。主人公の母親役は「暗殺の森」などのベルトルッチ映画のドミニク・サンダなのだ。そして、主人公の苦悩が深まるのにつれて、画面の上で、彼の作品群の形と色彩と質感が、その輝きを増していく。昨年公開の同題材映画はサンローラン財団の公認、こちらは非公認なので、より自由に題材の魅力を描いている。

動画

歴史に名を残したファッションデザイナーに迫る!映画『サンローラン』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『サンローラン』ポスター
    ポスター
  • 映画『サンローラン』チラシ
    チラシ
  • 映画『サンローラン』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・音楽:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『サンローラン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • サンローラン (2014) ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年6月4日 3時34分)
    2014年にイヴ・サン=ローランの映画が2本フランスで公開された。  「イヴ・サンローラン (2014)」ではディオール時代やサンローラン設立(1962)が描かれていた。今回DVDで観たこの映画では1967年以降を中心に描いている。  サンローランの日常や行動、エピソードがスポット的に出てくる。サンローランの生活について知識のある人ならば意味がわかるのかもしれないが私にはわかりづらかった... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「SAINT LAUREN サンローラン」:チャレンジングな力作 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年12月28日 0時39分)
    映画『SAINT LAUREN サンローラン』は、もう少し公開時期を遅らせても良 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年11月30日の週の公開作品
  3. 『サンローラン』