シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
謝罪の王様
(C) 2013「謝罪の王様」製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年9月28日
上映時間:
配給:
東宝
カラー

チェック:『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続いて、水田伸生、宮藤官九郎、阿部サダヲの監督・脚本・主演トリオが放つ異色のコメディー。あらゆる相手、いかなる状況であろうとも依頼者の代わりに謝って事態を収束する謝罪師が巻き起こす騒動の数々を描く。井上真央、竹野内豊、尾野真千子、松雪泰子など、豪華な面々が集結してクセのあるキャラクターを快演。全編を貫くにぎやかなタッチもさることながら、社会風刺の利いたブラックな笑いも楽しめる。

ストーリー:依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子(井上真央)は、彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる。二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田(岡田将生)、あるエキストラの起用で外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田(荒川良々)など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく。

謝罪の王様
(C) 2013「謝罪の王様」製作委員会

動画

映画『謝罪の王様』スペシャル特報(ウソ編)

ポスター/チラシ

  • 映画『謝罪の王様』ポスター
    ポスター
  • 映画『謝罪の王様』チラシ
    チラシ
  • 映画『謝罪の王様』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
脚本: 宮藤官九郎
音楽: 三宅一徳
主題歌: E-girls
製作指揮: 城朋子
エグゼクティブプロデューサー: 奥田誠治
プロデューサー: 飯沼伸之 / 和田倉和利 / 福島聡司
撮影: 中山光一
美術: 都築雄二
照明: 松本憲人
録音: 鶴巻仁
編集: 平澤政吾
監督補: 相沢淳
助監督: 足立公良
衣裳デザイン: 伊藤佐智子
ヘアメイクデザイン: 新井健生
装飾: 茂木豊
音響効果: 大河原将
VFXスーパーバイザー: オダイッセイ
キャスティング: 武重裕子
振付: 八反田リコ
スクリプター: 阿保知香子
製作担当: 島根淳
宣伝プロデューサー: 江上智彦
ラインプロデューサー: 宿崎恵造

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『謝罪の王様』の映画ニュース

  • 女優の多部未華子が最強にキュート、コミカル、破天荒なヒロインを演じる映画『あやしい彼女』の初日舞台あいさつが1日、都内で行われ、主演の多部をはじめ、共演者の要潤、...要潤、志賀廣太郎") 『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田監督がメガホンを取った同作は...
  • 20歳の姿に戻った73歳の毒舌おばあちゃんが再び夢を追う姿を描いた映画『あやしい彼女』で共演した多部未華子と要潤が、俳優という“夢”を追い続ける難しさについて語った。... 『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などで知られる水田伸生監督がメガホンを...
  • 多部未華子が主演を務める映画『あやしい彼女』より、多部がザ・フォーク・クルセダーズの名曲「悲しくてやりきれない」を熱唱するシーンが公開された。多忙の中、3か月に及...作のメガホンを取った『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などで知られる水田伸生監督が、ミュージ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「謝罪の王様」 パクリ疑惑あったけど解決済み from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年4月7日 0時14分)
    『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続いて、水田伸生、宮藤官九郎阿部サダ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【謝罪の王様 】 映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2014年3月28日 0時25分)
    監督: 水田伸生    キャスト: 阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 謝罪の王様 from ダイターンクラッシュ!! (2013年11月4日 2時47分)
    2013年11月3日(日) 19:30~ TOHOシネマズ日劇2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 ヘッポコ 『謝罪の王様』公式サイト フリーパスポート5本目。 ダメだった「舞妓Haaaan!!!」まあまあだった「なくもんか」の脚本、監督、主演トリオの第三弾。 五月蝿過ぎで、大人し過ぎだった阿部サダヲが適度にうざい。 いくつかのエピソードで話が進むが、微妙にクロスオーバーする練れた脚本。 爆笑とまではいかないが、かなり笑える内容だった。 ただ、土下座を超えるものは、あまりに ...[外部サイトの続きを読む]
  • 謝罪の王様 ★★★*☆ from センタのダイアリー (2013年10月20日 20時30分)
    クドカンの映画と言うことで期待せずに行きましたが、そのせいか思ったより楽しめました。 謝罪のいろんなケースを紹介している構成になっていますが、単に並列させるのではなく時系列上、同時進行しているという形をとっていたのは興味深かったです。 親子の謝罪から会社でのセクハラの謝罪、国同士の謝罪まであらゆる謝罪をテンポよく見せてくれます。 それでも、やはりくだらないとは思うのですが、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「謝罪の王様」 from ここなつ映画レビュー (2013年10月7日 16時26分)
    今思い出しても笑っちゃう程面白かった「謝罪の王様」。謝罪の行為そのものだけでなく、謝罪する側、される側、それをはたで見ている側の心理にまで突っ込んだ所が面白い。謝罪が産み出す波状効果もよくできている。 思えば日常で、どれだけ謝罪の言葉を口にする事だろうか。この場合の日常とはほぼ殆どが職場なのだけれど。電話で、メールで。実際にはもう既に形骸化しているのかもしれない謝罪の言葉。それは「謝っときゃいいんでしょ」という意味ではなく、何というか、季語や枕詞のような。 裏を返せば、本当に心の底から謝らな ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月23日の週の公開作品
  3. 『謝罪の王様』