シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
かぐや姫の物語
(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年11月23日
上映時間:
制作:
スタジオジブリ
配給:
東宝
カラー

チェック:数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッチで描く。声優陣には、ヒロインかぐや姫にテレビドラマ「とめはねっ! 鈴里高校書道部」などの朝倉あき、その幼なじみを高良健吾が務めるほか、地井武男、宮本信子など多彩な面々がそろう。

ストーリー:今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、翁は媼と共に大切に育てることに。女の子は瞬く間に美しい娘に成長しかぐや姫と名付けられ、うわさを聞き付けた男たちが求婚してくるようになる。彼らに無理難題を突き付け次々と振ったかぐや姫は、やがて月を見ては物思いにふけるようになり……。

かぐや姫の物語
(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK

映画短評

  • 清水 節
    「ファンタジー」が人を不幸に陥れる酷い現実を冷徹に突き付ける
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     宮崎駿の熱情がふつふつとたぎる紅い太陽ならば、高畑勲の知性は冴え冴えと照らす蒼い月だ。長い闇を経て高畑の執念は実った。水彩画や水墨画を思わせるかすれ気味の線に、塗り残しと余白。“生命を得て躍動する日本画”と呼びたいほどにアートとしても貴重な一品である。『竹取物語』の筋書きをそのままに、原作には描かれていない要素へ思慮深い解釈を加えることで今と斬り結び、淡い光で生と死の世界の在りようを浮き上がらせる。

     かぐや姫とは、本作の中で「ファンタジー」を一身に担う存在。成長目覚ましい絶世の美女は、人々に一体何をもたらしたか。それは「不幸」である。彼女の存在に触れた周囲の人々は皆、幸せから遠ざかる。観る者はカタルシスなど得られない。高畑はファンタジーが人を不幸に陥れるというむごい現実を冷徹に突き付けた。アニメはこの30年、いや高度成長期からの半世紀以上、果たして私たちを幸せにしてきたのだろうか。ファンタジーを否定する本作の苦々しさは、アニメの中で願望を充足させようとする者たちへの痛烈なメッセージでもある。かぐや姫は、現代人の負の肖像だ。

    (※3600字版はプロフィール下の<サイト>URLへ)

  • くれい響
    四半世紀ぶりに日本映画界が再検証
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『E.T.』にインスパイアされ、「かぐや姫=宇宙人」という設定からSF評論家の石上三登志も脚本に参加した市川崑監督作『竹取物語』から、早くも四半世紀。ということで、本作は改めて日本最古の物語を検証してくれる(良くも悪くも、そこに尽きる)。

     冒頭の古語表現で語られるナレーションから、あまりにゆっくりした語り口に、一瞬戸惑うものの、「まんが日本昔ばなし」のように、これぞ原作の持ち味を生かした描き方だろう。伊集院光の怪演も光る姫が出す難題に挑む大臣たちの姿も、かなり時間を割いて描かれるが、この穏やかなリズムは心地良くなり、『風立ちぬ』より11分長い尺も、さほど気にならない。

     確かに、かぐやと村の幼馴染との関係は、ハイジとペーターのようにも見えるが、天真爛漫で恋愛ベタな彼女の性格は、むしろ声を吹き替えた朝倉あきが以前演じた「とめはねっ! 鈴里高校書道部」のヒロインとも重なる。そして、幼いかぐやの呼び方について、翁と子供たちが繰り広げる絶叫バトルは、高畑監督の前作『ホーホケキョとなりの山田くん』でのチャンネル争いを思い起こされる。この狂気炸裂のシーンだけでも一見の価値アリ。

動画

高畑監督『かぐや姫の物語』はオスカーを取るか?長編アニメ映画賞予想【第87回アカデミー賞】

ポスター/チラシ

  • 映画『かぐや姫の物語』ポスター
    ポスター
  • 映画『かぐや姫の物語』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・原案・脚本:
製作: 氏家齋一郎
製作名代: 大久保好男
企画: 鈴木敏夫
脚本: 坂口理子
音楽: 久石譲
主題歌: 二階堂和美
人物造形・作画設計: 田辺修
美術: 男鹿和雄
作画監督: 小西賢一
塗・模様作画: 斉藤昌哉
動画検査: 野上麻衣子
色指定: 垣田由紀子
撮影監督: 中村圭介
宣伝プロデューサー: 高橋亜希人 / 細川朋子
制作: 星野康二
プロデューサー: 西村義明

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『かぐや姫の物語』の映画ニュース

  • 米アカデミー賞の前哨戦として注目される第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞が現地時間4日に発表され、日本の『君の名は。』がアニメーション賞に輝いた。なお、次点にはス...は『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)と『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)がアニメーション賞を受賞...
  • 宮崎駿、高畑勲ら不世出のクリエイターたちが築き上げてきたスタジオジブリの世界観に、ヨーロッパの新たな息吹が注ぎ込まれた。最新作『レッドタートル ある島の物語』は、...ラマチックに活写する。なお、鈴木と共に『かぐや姫の物語』の高畑監督がアーティスティック・プロデ...
  • 17日に公開されるスタジオジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』は劇中、セリフが一切出てこない。「絵に力があれば言葉はいらない」と主張する鈴木敏夫プロデューサ...の後の人生を紡いでいく姿を描く。なお、『かぐや姫の物語』などの高畑勲監督もアーティスティック・...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • かぐや姫の物語 from 映画三昧、活字中毒 (2014年1月30日 0時42分)
    ■ 新所沢レッツシネパークにて鑑賞かぐや姫の物語 2013年/日本/137分 監督: 高畑勲 声の出演: 朝倉あき/高良健吾/地井武男/宮本信子/高畑淳子 公開: 2013年11月23日 公式サイト 今は昔。竹取の翁と呼ばれる男が、ある日竹林に入っていくと、金色に光り輝く竹が生えてきた。翁が竹を切ったところ、そこには掌に乗る程の小さな女人がいた。翁が女人を家に連れて帰ると、女人は... ...[外部サイトの続きを読む]
  • かぐや姫の物語 from 我想一個人映画美的女人blog (2014年1月14日 0時51分)
    ランキングクリックしてね ←please click 今は昔。竹取の翁といふものありけり。 野山にまじりて竹を取りつつ よろづのことに使ひけり。 名をば、さぬきの造りとなむ言ひける。 その竹の中に もと光る竹なむ一筋ありける。 11月に公開したジ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「かぐや姫の物語  かぐや姫が犯した罪と罰」  当時は痛烈な風刺物語 from 珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々 (2014年1月8日 2時17分)
    ジブリアニメ映画「かぐや姫の物語」を観ました。 独特のパステルタッチのアニメで、ストーリーはほぼ竹取物語そのまんまなのかなと思います。 って国語の教科書に出てきた範囲でしか読んだことがないので。 で、竹取物語がどんなものなのかを考えながら見ていました。 … ...[外部サイトの続きを読む]
  • ベタだけど心に迫る「かぐや姫の物語」 from てんシネ探検隊 (2014年1月1日 20時6分)
    ジブリ作品は評価がむずかしい。 ほとんど全ての作品を鑑賞しているし、あらかじめ相 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 920「かぐや姫の物語」。 from わたしの(わたしの東京の日常と)映画日記。 (2013年12月17日 10時0分)
    大好きな 高良健吾さんの声が聞きたくて 観に行ってきました。高畑勲 原案、脚本、監督作品。 物語はさておき、声を演じた役者さんの顔が(ふわっと)浮かんでしまうのが 少し残念でした。(が、大好きな 高良健吾さんの声は良かったです。)(笑) あ、それと、物語のおしまいに おにいさん(っぽいひと。ムーンレィス。)が登場して 驚きました。(笑) . ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年11月18日の週の公開作品
  3. 『かぐや姫の物語』