シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
インターステラー
(C) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:
INTERSTELLAR
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年11月22日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。主演を務める『ダラス・バイヤーズクラブ』などのマシュー・マコノヒーを筆頭に、『レ・ミゼラブル』などのアン・ハサウェイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインら演技派スターが結集する。深遠なテーマをはらんだ物語に加え、最先端VFXで壮大かつリアルに創造された宇宙空間の描写にも圧倒される。

ストーリー:近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

インターステラー
(C) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    科学度45%の愛が時空を超える叙事詩は宇宙へ高次へと上昇する
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ノーラン版『2001年宇宙の旅』は、実に饒舌で愛に満ちあふれ「時間」や「未来」についての想像力を激しくかき立ててくれる。アナログ表現にこだわり視覚的驚異を追求する姿勢には、畏敬の念さえ覚える。難解・荒唐無稽…と冷笑的な声もかまびすしいが、劇中のロボットにあやかれば、これはサイエンス度45%×ファンタジー度55%でファミリーに人類と宇宙への想いを馳せることを促し、映画が豊かだった時代を思い起こさせる究極の“フィルム”だ。『メメント』は前へ過去へ、『インセプション』は内へ深層心理へ、『ダークナイト ライジング』は下へ奈落へと向かった。本作は、外宇宙へ高次元へと上昇する大いなる希望の叙事詩である。

  • ミルクマン斉藤
    昨年のゼログラ、来年の『火星の人』。ハードSF新潮流!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「どうしてノーランがアルマゲドン?」と不安にさせた予告編。でもフタを開けてみるとゴリゴリのハードSFで驚愕。J.G.バラードを想わせる理不尽な終末風景とオカルティックな発端、最新理論に基づいたという宇宙ヴィジュアル。明らかに『2001年~』を意識したアナログな触覚とクラシカルなアプローチの音楽、そしてアートマン=ブラフマン的思想が父と子のテーマと合わさって見え隠れし、長尺ながら大興奮の連続。アホみたいにシンプルかつ機能的なロボットも、『サイレント・ランニング』や『銀河ヒッチハイク・ガイド』クラスの可愛いさで最高だ。終盤の“本棚”のくだりが丁寧すぎてクドくなったのは惜しいが。

  • なかざわひでゆき
    難解そうな題材だがテーマは極めてシンプル
    ★★★★
    »読む«閉じる

     絶滅の危機に瀕した人類を救うため、愛する家族を地球に残して宇宙開拓の旅へ向かう男。C・ノーラン監督らしい時間と空間の独創的な解釈の際立つ本作は、相対性理論などチンプンカンプンな理系門外漢にとって難解な部分も少なくはないが、しかし親子の固い絆に焦点を定めたテーマは極めてシンプルだ。
     科学や物理学など人類が長年培った英知をもってしても、到底太刀打ちできない広大な宇宙の謎と神秘。その中にあって、結局のところ唯一確かなものとは人間同士の愛情、つまり魂の結びつきにほかならないのではないかと改めて思い知らされる。個人的には「ローリング・サンダー」のウィリアム・ディヴェインの出演も嬉しい。

  • くれい響
    しっかり『ゼロ・グラビティ』後のSF映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『コンタクト』、いや『トランスフォーマー/ニューエイジ』『アルマケドン』なマイケル・ベイ的導入部に驚き。そして、ストーリーが展開すれば展開するほど、その驚きが違う意味で増幅していく。なかでも、明らかにHAL とモノリスをミックスしたTARSとCASEの存在。あのセリフのオマージュもあるが、彼らの『少林寺木人拳』の木人ばりにアナログな動きにはクギ付け! しかも、『インセプション』同様、父子愛がテーマだが、おなじみの“分かる奴だけついてこい感”は薄めで、予習は相対性理論程度で可。とにかく長尺ながら吸引力はハンパなく、ヴィジュアル面でも“『ゼロ・グラビティ』後のSF映画”にもなっているのもスゴい。

  • 平沢 薫
    ノーラン監督がワームホールの映像化に果敢に挑戦
    ★★★★
    »読む«閉じる

    "重力"と"時間"を研究する科学者が、"愛"もまたそれらと同等の何かなのではないかと問いかける。これが今回のノーラン監督の主題だろう。重力と時間という巨大なモチーフに、人類の存続という壮大なテーマを載せて、それをサスペンス満載のエンターテインメントに仕立てつつ、監督はこれを父と娘のドラマに着地させる。

    もうひとつ、監督が果敢に挑戦したのは、まだ誰も見たことがない宇宙規模イベントのビジュアル化。ワームホールの通過、ブラックホールへの突入、時空の特異点から見る光景を、この監督はどのように描くのか。これらの映像は、現時点での最新科学知識に基づいて描かれたとのことだが、さて。

  • 相馬 学
    相対性理論やブラックホールを予習して臨むべし
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ワームホールやブラックホールの知識が本作の評価を分ける。宇宙空間での時間の超越、さらには時間も空間も超える四次元の存在を信じられるか?

     完全主義者のノーランだから起こりうることを想定してドラマを組み立てているだろう。しかし相対性理論の基礎も知らずに見ると、突飛に映るかもしれない。せめて宇宙空旅行がタイムトラベルを可能にする……という概念は理解しておきたい。

     とはいえ、そんなSF的な設定が受け入れられれば親子のドラマを十分に体感できる。子どもたちの成長を正常に目に焼き付けられないかもしれない父親の不安が胸に迫る。『コンタクト』のファンにはぜひオススメしたい。

  • 山縣みどり
    3時間近い長尺を一気に見せる美しい父子ドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    相対性理論やキップ・ソーン博士のブラックホール&タイムワープ論など物理音痴な私には難しい側面もあったが、主題である父子ドラマが丹念に描かれているので長尺も気にならず、最後までスクリーンに没頭! ノーラン監督のこだわりが伝わる映像美も美しく、5次元の概念もわかりやすい。ギミックに走りすぎ、人間のエモーションを描くのが苦手と評されていた監督だが、本作では弱点を克服。子供を思う父親の愛情と宇宙にいる父の帰還への期待と諦めが入り交じった子供の心情が如実に伝わる。『ヤング≒アダルト』のヒロインが「愛はすべてに勝つ」と言った時は笑ったが、マシュ―・マコノヒー演じる宇宙飛行士の行動を見れば納得でしょ。

動画

映画『インターステラー』最新予告編
映画『インターステラー』予告編
ノーラン監督最新作!映画『インターステラー』特報
映画『インターステラー』最新映像
『インターステラー』アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、クリストファー・ノーラン監督 インタビュー
映画『インターステラー』メイキング映像

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『インターステラー』ポスター
    ポスター
  • 映画『インターステラー』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・製作・脚本:
視覚効果監修: ポール・フランクリン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『インターステラー』の映画ニュース

  • アカデミー賞主演女優賞受賞作『クィーン』や『終着駅 トルストイ最後の旅』のヘレン・ミレンが、ディズニー製作の「くるみ割り人形」実写版に出演する可能性があると The ...れる幻想の世界を描く。クララ役に、映画『インターステラー』の新星マッケンジー・フォイが決まってい...
  • 映画『ダークナイト』『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が、第2次世界大戦中に起きた実話を映画化する『ダンケルク(原題) / Dunkirk』が2017年に日本公開...リス、アメリカなど世界中で撮影を敢行。『インターステラー』のようなSF映画でも、極力CGに頼らない生...
  • ディズニーがバレエ作品として有名な「くるみ割り人形」を実写映画化する作品で、女優のキーラ・ナイトレイがお菓子の国の女王こと金平糖の精を演じるとEW.comなどが報じた...を務めることとなった。 少女クララ役に『インターステラー』で注目を浴びたマッケンジー・フォイが抜...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『インターステラー』を見た【映画】クリストファー・ノーラン監督、マシュー・マコノヒー主演のSFドラマ from カフェビショップ (2015年5月28日 20時48分)
    これは古典SF小説が好きな人には たまらないだろうなあ。 アーサー・C・クラークとかハインラインとか、 そのへんのやつが好きな人には。 宇宙へのロマン、 時間の経過によるすれ違いと巡り合い。 そういうのたまらんですなあ。 ワームホールがどうした、 ブラック… ...[外部サイトの続きを読む]
  • インターステラー from 晴れたらいいね~ (2015年4月14日 2時23分)
    SF好き、宇宙理論だとか重力なんちゃらとか理系の人は、数段面白く観られる映画だったんじゃないかなぁ。あっ私は、ただのSF好き、理数系は壊滅的(丼勘定はする)。それでも、な~ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インターステラー」 from ここなつ映画レビュー (2015年1月9日 12時46分)
    結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と日々発生する砂嵐とで、地球の作物は順次全滅し、今ではトウモロコシしか作付けできなくなってしまった。このままでは飢え死にするか、植物の光合成によって供給される酸素がなくなり窒息死するか、という環境下の人類であった。第一次産業だけが重要視されるようになり、第二 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 3度めの インターステラー体験、 当然 IMAX。 予想外に 1/ 8(木)で終了。もう一度という人は 急げ!!! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年1月6日 8時29分)
    大画面で観なければいけない映画は、確実に、ある。 昨年のベスト1に押した、インターステラー もそんな1本。 実はNYでタイミングが合えば、観てもいいかなとは思っていた。 某サイトで、世界最大級のベストサイズで観賞できるのはNYのその劇場しかない!を知っ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「インターステラー」(二回目) from prisoner's BLOG (2014年12月27日 9時33分)
    35mmフィルム上映で再見。 フィルムだと冒頭の砂嵐のザラついた感触がよく出て、その感触そのものがさまざまなことを語る。地球が荒廃している感じや、本棚の前にたまったホコリの跡で何かがやってきて、さらにそれが幽霊ではなく「生きている」ことを直観的に伝える。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月17日の週の公開作品
  3. 『インターステラー』