シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

テルマエ・ロマエII

公式サイト:http://thermae-romae.jp

チェック:古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップするヤマザキマリの人気コミックを実写映画化した『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデアに煮詰まったルシウスが、再度日本と古代ローマを行き交うさまを描く。主演の阿部寛や上戸彩、市村正親ら主要キャストが続投し、ブルガリアに実物大のコロッセオを建設するなど大規模なロケを敢行。また、曙や琴欧洲ら現役、元力士も出演。帝国を揺るがす危機的状況を、日本の風呂文化によって救おうと頑張るルシウスの奮闘に注目。

ストーリー:ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこで風呂雑誌の記者になっていた真実(上戸彩)と再会を果たすも、やがてローマ帝国を二分する争いに翻弄(ほんろう)されることになり……。

テルマエ・ロマエII
(C) 2014「テルマエ・ロマエll」製作委員会

映画短評

  • 森 直人
    フジテレビがバブル時代のようなパワーを発揮している!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    第一作の成功体験を踏み台に映画独自の方法論を強化。前作は長編への「引き伸ばし感」が最大の弱点だったが、今回はタイムスリップのつるべ打ち&大量の特濃キャラ投入とぬかりない。ユルい空気感を保ちつつ、実は密度が濃い“怪力”系だ。

    そうなると「このマンガの古代ローマ人さあ、阿部ちゃんがやったら面白くね?」という居酒屋話的な思いつきから、古代ローマ帝国の疑似再現へと発展させてしまった本作の「壮大なフェイク」としての特異さが本格的に際立つ。これは好景気な頃のフジテレビ、『オレたちひょうきん族』などを彷彿させる豪快な悪ノリ。TVバラエティが微温的に縮こまっていく中、フジは映画でそのパワーを発揮したのだ。

  • 中山 治美
    前作のヒットでより自由に、より大胆に
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作の自信が、至るところに溢れている。タイムスリップする描写はぞんざいに。松島トモ子まで引っ張り出した古めのギャグも、若者が理解しようがお構いなし。良い意味の開き直りがさらに笑いを呼び、かつ原作から一歩はみ出た独自の世界を構築。オリジナルキャラ真実の存在も含め、原作ファンも納得する展開になっているのではないだろうか。
     ただ、やはり実感するのは原作の着眼点の鋭さだ。同じ風呂文化を持つ古代ローマと日本を結びつけた空想の豊かなこと。そしてルシウスが驚くハイテク日本の数々は、現代の外国人が来日して衝撃を受ける事柄と同じだ。時代を超越して共感出来るところが、本作が海外でも支持される理由なのだろう。

  • 山縣みどり
    風呂好き日本人の入浴文化と阿部寛の肉体に拍手!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    銭湯や温泉に代表される日本の入浴文化は世界に誇れると常々思っている。シャワーな国の人に「心臓に悪い」と言われても、温かいお湯に肩まで浸かる喜びは捨てられない。この快感を理解する古代ローマの浴場設計技師ルシウスが再び我々のテクを学んで行く展開は相変わらずで、「もうネタ切れでは?」というこちらの心配をよそに、次々に直球や変化球を投げてくる製作陣の情報量にちょっと感動。ゆるい笑いが絶え間なく続く構成ももはやお家芸で、松島トモ子と熊が露天風呂であわや!?なんて下らないギャグにも素直に笑えたのはお風呂に入った気分を味わえたせい? 前作を超えるボディメイキングをした阿部寛の根性で★1つ追加。

  • 平沢 薫
    やっぱりお風呂とオペラはよく似てる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     おフロとオペラの真髄は同じ。どちらもただ全てを委ねて身を任せるしかなく、そうしていると快感が押し寄せてくる。

     前作同様、古代ローマ人の主人公が現代日本にタイムスリップするときは、いつもオペラ歌手がイタリアオペラを歌い上げるのだが、そのたびにそう痛感。この演出は、原作コミックにはない映画オリジナル。こういうオリジナル演出が、原作のツボを押さえてるところが、本シリーズのステキなところ。

     今回は前作でウケたネタの数々もひとヒネリされて再登場。多機能トイレも献身的な奴隷たちも帰ってくる。主人公が日本から「フロで歌うと治癒力が増す」と把握したある歌を持ち帰るのは、このオペラネタのヒネリ? 

  • ミルクマン斉藤
    いか八朗と日本猿のユルみっぷりが本質かと。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    本場ローマのチネチッタで撮った前作をも凌ぐ、ブルガリア・ロケのスケール感。水増しCGを差し引いてもちょいと感動モノだ。だけどあまりにぬるま湯的な、ゆるゆるスカスカは相変わらず。前作は中盤からの唐突すぎる風呂敷の拡げまくりに白けたが、ま、今回は原作が似た展開になってもいるし、上戸彩の立ち位置にもおなじみ感が生じて意外にすんなり受け入れられる(というより諦めに近いか)。それにしても、白木みのるに松島トモ子、そして浪越徳治郎……ま、僕は全部判るけれど、いったいどの世代をターゲットにしているのか得体が知れなすぎてクラクラするが、かなり大きな役を与えられたいか八朗が醸し出す異次元空間だけはかなりの凄味。

動画

映画『テルマエ・ロマエII』予告編
映画『テルマエ・ロマエII』阿部寛&上戸彩inナポリ メッセージ動画

ポスター/チラシ

  • 映画『テルマエ・ロマエII』ポスター
    ポスター
  • 映画『テルマエ・ロマエII』チラシ
    チラシ
  • 映画『テルマエ・ロマエII』チラシ
    チラシ
  • 映画『テルマエ・ロマエII』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
脚本: 橋本裕志
音楽: 住友紀人

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『テルマエ・ロマエII』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「テルマエ・ロマエII」セットは大掛かりになったが、驚きは無い from soramove (2014年5月23日 19時10分)
    「テルマエ・ロマエII」★★★ 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、 宍戸開、笹野高史、市村正親出演 武内英樹監督、 113分 2014年4月26日公開 2014,日本,東宝 (原題/原作:テルマエ・ロマエII) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「前作が面白かったので 今回も劇場へ、 そこまで期待してはいなかったが、 セットが壮大になって 前作 ...[外部サイトの続きを読む]
  • テルマエ・ロマエII from 単館系 (2014年5月12日 0時28分)
    テルマエ・ロマエII ユナイテッド・シネマ浦和 4/26公開 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、 剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、 またもや現代の日本へタイムスリップ。 そこで風呂雑誌の記者になっていた真実(上戸彩)と再会を果たすも、 やがてローマ帝国を二分する争いに翻弄(ほんろう)されるこ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【 テルマエ・ロマエII 】HEI HEI HOU…HEI HEI HOUUU~ from 映画@見取り八段 (2014年5月7日 3時16分)
    テルマエ・ロマエII     監督: 武内英樹    キャスト: 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢、曙、琴欧洲、菅登未男、いか八朗、松島トモ子、白木みのる 公開: 2014年4月26日 2014年4月30日。劇場観賞 2012年に… ...[外部サイトの続きを読む]
  • テルマエ・ロマエII from ダイターンクラッシュ!! (2014年5月4日 23時15分)
    2014年4月26日(土) 19:15~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 T2 『テルマエ・ロマエII』公式サイト フリーパスポート20本目。 核になる話が弱く、散漫な感が否めない。 1作目のインパクトが大だったので、少々残念。 個々のエピソードは、それなりに面白いのだけど、ちょこちょこ出てくるので、ゲバゲバみたいで、落ち着きが無い。 白木みのるの名前があったのだが、どこに出てんだよと調べたら、ラーメン屋の婆役だった。 お薦め度:☆☆★ 二番煎じ度:☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • テルマエ・ロマエII : 余りにも変化がない作品 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2014年5月3日 11時5分)
    今日から広島市内では、ゴールデンウィーク期間中で博多どんたくと並ぶ大きなお祭り、フラワーフェスティバルが始まります。全国的には余り知られていないでしょうが、昔とんえ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月21日の週の公開作品
  3. 『テルマエ・ロマエII』