シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
エクソダス:神と王
(C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
英題:
EXODUS: GODS AND KINGS
製作年:
2014年
製作国:
イギリス/アメリカ/スペイン
日本公開:
2015年1月30日
(TOHOシネマズ日劇ほか)
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

チェック:旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリー・スコット。『ザ・ファイター』などのオスカー俳優クリスチャン・ベイル、『華麗なるギャツビー』などのジョエル・エドガートンを筆頭に、実力派やベテランが結集。砂漠を埋め尽くすエジプトの軍勢や割れていく紅海など、スケールの大きなビジュアルも見もの。

ストーリー:紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセス(ジョエル・エドガートン)とたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。

エクソダス:神と王
(C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

映画短評

  • 中山 治美
    ジェノサイドの原点
    ★★★★
    »読む«閉じる

     混沌と時代に人々が宗教に傾倒するように、ネタ枯れが叫ばれるハリウッドも宗教に走る。『ノア 約束の舟』に続いての旧約聖書からの映像化。預言者モーゼの奇跡といえばセシル・B・デミル監督『十戒』(56)という秀作があるのに、だ。だが哀しくも、世情と符合。なぜに神は「十戒」を授けたのかを熟考する、こんな良い機会はないだろう。
     リドリー・スコット監督の手によりスペクタル色が強くなったことで、際立つのは殺戮の残忍性と、人種が異なるというだけで争いを続ける人間の愚かさ。エンディングロールに流れる、自殺した弟トニー・スコット監督へのメッセージが傷口に塩を塗られたように胸に染み、観賞後の虚無感は半端ない。

  • ミルクマン斉藤
    そろそろSFに専念してほしいなあ、リドリーには。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    思った以上に『十戒』のリメイク的色合いが濃いのだが、ほんとうに奇蹟なんてなぁんにも起きてませんよ、と言い張るそっけなさ。ただ、その「十の災厄」含むランドスケープの3Dヴィジュアルは壮麗かつ壮絶な完成度で、つまるところスペクタクルがやりたかったのだなという以外、リドリーがこれを撮る理由は見つけにくい。いや、史劇になると時おり大胆な歴史観を吐く彼のこと、紅海を渡り終わったモーゼに「カナンの人々にとって俺たちは侵略者と同じだな」と言わせることこそが主眼だったのではとも勘繰れる。ま、最後の献辞を見てしまうと、親族の愛憎は彼の大きなテーマでもあるだけに弟トニーとの関係性を憶測してしまうわけだが。

  • 山縣みどり
    モーゼの精神状態を疑わせる演出が理解できず!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    出エジプト記を3D映画化したわけで、ビジュアル的には「おおっ」と興味深いシーンも多数。紅海が割れるシーンもデミル版よりずっとリアルで、さすがはリド様とうなる。でも、それだけ。モーゼが同胞を救おうと立ち上がるまでの人間ドラマが薄すぎるのが最大の欠点。一緒に育ち、兄弟のように愛したラムセスが実は権力大好きなボンクラ男だったと気づくのも遅いし、大義に覚醒する過程も今さら感満載。というか、追放中にシナイ山上で落石に当たった後のモーゼが少年の姿をした神の指示で動くあたりが……。もしかして精神状態がやや不安定な人だった?と思わせる演出理解できず、なんとも残念。

  • くれい響
    弟・トニーに捧げられた家族ドラマ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ノア 約束の舟』に続き、作り手の新解釈を加えた旧約聖書モノだが、出来としてはどっちもどっちな印象。とにかくモーゼがエジプトに戻るまで前半パートが長すぎる。そして、「10の奇跡」が起こり始め、ようやく3D効果が発揮。決してドーンと割れるわけではない紅海の描写など、『十戒』に比べ、スぺクタクル感は欠け、まるで「少年ジャンプ」の連載打ち切りのようなラストで幕を閉じるのも気になる。そろそろ史実モノは卒業してもらいたいリドリー・スコットだが、第二班監督に息子ルークも迎えた家族ドラマとして観ると、ちょっと観方は変わる。なんたって、兄弟同然に育った男の物語が亡き弟・トニーに捧げられているのだから!

  • 平沢 薫
    リドリー・スコット監督が3D技術を手に入れると世界はこうなる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    この空間の巨大さ。空はどこまでも高く、地はどこまでも広く、山並みはどこまでも遠く、映画というものが映し出すことが可能な大地の広がりはこれが最大限だろうと思うと、そのさらに向こうに、山並みが霞んでいる。

    しかもこの巨大な空間の、立体的な構成の緻密さ。昨今、多数のファンタジー映画が無数の大軍勢による広大な戦場を見せてくれたが、本作の画面の完成度、格調は、レベルが違う。その違いがなぜ生じるのか、これから何度も画面で確かめなくてはならない。

    聖書から題材を取っているが、物語はリドリー・スコット監督の解釈によるもの。この監督が神を描くとしたら、どのような在りようになるのか。その観点からも興味深い。

  • なかざわひでゆき
    ある意味でタイムリーな宗教的スペクタクル史劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     「キングダム・オブ・ヘブン」以来となるR・スコット監督のスペクタクル史劇は、「出エジプト記」の映画化というよりも’56年版「十戒」のリメイクと呼ぶべきだろう。
     巨大セットや無数のエキストラ、そして最新VFXを駆使して再現された古代エジプト世界の壮大なスケールは文句なしに圧巻。科学的な真実味を重視して描かれる“10の奇跡”や“割れる紅海”の独自解釈も興味深い。
     ただ、旧約聖書や古代史の予備知識に乏しいと理解しづらい部分も多く、尻切れトンボなクライマックスにも面食らう。とはいえ、エジプトの神は偽物でヘブライの神こそが本物というストーリーの根幹に、時節柄いろいろと考えさせられることは確かだ。

動画

映画『エクソダス:神と王』予告編
映画『エクソダス:神と王』本予告
専門家が語る!映画『エクソダス:神と王』特別映像

写真ギャラリー

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『エクソダス:神と王』ポスター
    ポスター
  • 映画『エクソダス:神と王』ポスター
    ポスター
  • 映画『エクソダス:神と王』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作:
プロデューサー: ピーター・チャーニン
プロダクションデザイナー: アーサー・マックス
衣装デザイナー: ジャンティ・イェーツ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エクソダス:神と王』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • エクソダス:神と王 from ダイターンクラッシュ!! (2015年3月15日 17時58分)
    2015年3月8日(日) 16:20~ TOHOシネマズ日劇1 料金:300円(ポイント鑑賞+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 「グラディエーター」は面白かったのに 『エクソダス:神と王』公式サイト リドリー・スコットは、もう終了か。 「悪の法則」も「プロメテウス」もクソつまらなかった。 こんなように海は割れないし。 お勧め度:☆☆☆ スペクタクル度:☆☆★ 俺度:☆☆☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エクソダス 神と王」:生まれた時代が悪いのか from 大江戸時夫の東京温度 (2015年3月12日 23時54分)
    映画『エクソダス 神と王』は、現代のCGやVFX技術で、あの『十戒』を復活させち ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『エクソダス:神と王』 紀元前14世紀の資本 from そのスピードで (2015年2月21日 13時21分)
    ? ? エクソダス:神と王 Exodus: Gods and Kings ? 出演:クリスチャン・ベイル ジョエル・エドガートン ジョン・タトゥーロ マリア・バルベルデ 監督:リドリー・スコット 脚本:スティーヴン・ザイリアンほか 制作:アメリカ・イギリス 2014年 [公式サイトはこちら] ? ? ? 旧約聖書・出エジプト記を下... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エクソダス:神と王」 from ここなつ映画レビュー (2015年2月12日 12時35分)
    疑う余地のない大作である。空恐ろしい位に。リドリー・スコットといえば、×(かける)ラッセル・クロウの「グラディエーター」だけれど、そして確かにアレも痺れてあまりにも鮮明に記憶に残っているけれど、今回も迫力は健在である。軍馬の駆ける地響きの音、馬車の車軸の軋む音。矢が放たれ、刃が敵をなぎ倒す。活劇だなぁ~。ホンットに活劇だ。受難とか奇跡とか十戒とか、もうどうでもいい位の活劇。肉弾戦は少ないものの、戦闘シーンはすごいものがあるし、加えて「神」が放った災いの数々が底知れぬ迫力であった。実の兄弟同様に育ってきたエジ ...[外部サイトの続きを読む]
  • エクソダス:神と王 from sailor's tale (2015年2月11日 15時5分)
    『グラディエーター』の成功の理由は、歴史に囚われることなく人間ドラマとしての面白さを前面に打ち出したことだと思う。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年1月26日の週の公開作品
  3. 『エクソダス:神と王』