シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
R100
(C) 吉本興業株式会社
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年10月5日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:『大日本人』『しんぼる』『さや侍』などを手掛けてきたダウンタウンの松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった主人公が遭遇する未知の体験を活写する。大森南朋、大地真央、寺島しのぶのほか松本自身も出演を果たし、前田吟や渡部篤郎ら個性派俳優らも豪華共演。観客の想像をはるかに超えた見せ場に向かって疾走するストーリー展開に度肝を抜かれる。

ストーリー:男(大森南朋)は誘惑に負け、1年という期限付きでミステリアスなクラブへの入会を決意する。入会の際の条件は、たとえ何があろうとも途中で退会することはできないという内容だったが、当初彼はそのことをまったく気にも留めていなかった。その後、彼の人生には次々と型破りで魅力的なキャラクターの女性たちが出現するようになり……。

R100
(C) 吉本興業株式会社

映画短評

  • なかざわひでゆき
    もっと突き抜けるまで暴走すべきだった
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     昏睡状態の妻と幼い一人息子を抱える平凡なサラリーマンが、日頃のストレスを解消するがごとく秘密のSMクラブへ入会。様々なタイプの女王様から日常的に陵辱されることでマゾヒスティックな願望を満たすのだが、やがてプレイの内容はエスカレート。遂には国際的な秘密組織たるSMクラブとの全面戦争に突入する…という荒唐無稽な不条理コメディだ。

     なるほど、性的な快楽に現実逃避を求めてしまう男の哀しい性(さが)というのはよく分かる。そのことで家族にまで危険が及び、さながら戦隊ヒーローもの的なアクションへとなだれ込んでいくというハチャメチャな展開も面白い…のだが、どうも終始落ち着きのない居心地の悪さがつきまとう。それは、映画らしい映画を目指しながらもテレビ的なコントの呪縛から逃れきれず、結局は従来の笑いの概念を破壊するという目標が宙ぶらりんになってしまったことに起因するのだろう。

     さらに、途中から“ある設定”を追加することで作り手として弁明の余地を残してしまったため、かえって消化不良に陥ってしまったように思われる。たとえ収拾がつかなくなったとしても、ここは潔く突き抜けるまで暴走しまくるべきだった。

  • 清水 節
    批判をかわすための仕掛けは、むしろ痛ましさと憐れみを抱かせる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アナーキーな志は感じるが刺激は弱い。オーソドックスな物語に堕した『さや侍』の対極へ向かうこともなく、不条理なコントの集積のようなものは、結局のところ「映画」のフォーマットに屈服した不可解な時間であり、居心地の悪い奇妙な体験にすぎない。
     
     謎のSMクラブに入会し日常の中で不意の責め苦を受ける――設定自体、テレビで見受けるコントからイメージはさほど遠くはない。刹那の失笑を誘うシーンは少なくない。興奮を覚えた大森南朋の頬は紅潮しCGで盛り上がった顔面は、まるでソン・ガンホのようだ。女王様は女優の各キャラクターに準じ意外性は薄いが、片桐はいりの技だけは空恐ろしい。
     
     しかしセピア調に脱色された画面で恐怖を醸成させる狙いは純粋に映画的で、ハチャメチャ感とは裏腹の理性を感じさせる。マスコミやスタッフらしき人物を登場させ、意味不明な点を語らせるメタ化が批判をかわす逃げ道であるのは明白で、むしろ痛ましさと憐れみを抱かせる。それでも松本人志の才能に懸け、期待する者は絶えない。エンドロールで上がる製作首脳陣こそが、映画界では裸の王様であると知りながらも彼に付き従う最高の“ドM”に思えてくる。

  • くれい響
    作品を通じて監督と俳優のSM関係を表現
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     前作『さや侍』があまりにも「映画的」だったこともあり、その反動からデビュー作『大日本人』に近いノリ(本人曰く“メチャクチャ”)に戻ったのは喜ばしい。映画の方程式を壊してこそ、松本人志監督作なのだから! 
     いきなり目の前に現れては、大森南朋をシバいて去っていく女王様たちの姿は、まるで「笑ってはいけない」シリーズのゲストのようであり、気付けば大晦日の晩のように釘づけに…。また、ストーリー上、携帯電話がない時代設定にしたことで、匂い立つ昭和テイストは塚本晋也監督の『六月の蛇』にも似た不気味さを醸し出す。
     劇中、松本監督の分身といえるキャラを登場させるほか、本作を通じて監督と俳優のSMな関係を表現したこと、楽曲の使い方など、かなりのスキルアップも見られるが、モキュメンタリーとしても衝撃的だった『大日本人』越えとは正直言い難い。それにしても、SMクラブの名称が「ボンテージ」とはいかがなものか?

動画

映画『R100』予告編
映画『R100』特報映像
映画『R100』×「豆しば」オリジナルマナーCM

ポスター/チラシ

  • 映画『R100』ポスター
    ポスター
  • 映画『R100』ポスター
    ポスター
  • 映画『R100』チラシ
    チラシ
  • 映画『R100』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『R100』“ど”付きS/M宣言バッジ
    “ど”付きS/M宣言バッジ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・企画:
プロデューサー: 竹本夏絵 / 小西啓介
アシスタントプロデューサー: 松岡剛
キャスティングプロデューサー: 元川益暢
ラインプロデューサー: 坂本忠久 / 森太郎
監督補: 吉村昌晃
撮影: 田中一成
照明: 吉角荘介
美術デザイナー: 愛甲悦子
装飾: 篠田公史
録音: 岡本立洋
記録: 吉田久美子
衣装: 荒木里江
スタイリスト・ボンテージデザイン: 伊賀大介
ヘアメイク: 伊藤ハジメ
助監督: 佐野友秀
製作担当: 鎌田賢一 / 有賀高俊
俳優担当: 福田エミ
編集: 本田吉孝
VFXスーパーバイザー: 西尾健太郎
音楽: 坂本秀一
音楽制作: 土岐秀一郎
スーパーヴァイジングサウンドエディター: 勝俣まさとし
リレコーディングミキサー: 佐藤忠治
製作総指揮: 白岩久弥
製作代表: 岡本昭彦

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『R100』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「R100」 赤字額10億(・□・;) from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年3月22日 0時13分)
    『大日本人』『しんぼる』『さや侍』などを手掛けてきたダウンタウンの松本人志がメガ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「R100」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2013年10月12日 1時32分)
    いろいろと酷評されているこの映画、平日の最初の回(9:05スタート)を見に行きましたが観客は300席を超えるシアターが貸切でした(笑)。もしこの評価が誤解と偏見から来る不評だとしたら。そう思い見に行きましたが…同じく酷評された「ガッチャマン」の方が笑えまし... ...[外部サイトの続きを読む]
  • [映画評][お笑い評]『R100』/松本人志 from 泣きながら一気に書きました (2013年10月7日 16時28分)
    前二作(『さや侍』『しんぼる』)の出来と今作の前評判の悪さに覚悟を決めて行ったら、「意外と悪くない」と思えた。もしもそういう逆方向への前フリが効いていなかったらどう感じたのだろうと考えてみても、もう先入観のない状態に戻ることはできない。ただ言えるのは、『 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『R100』 (2013) from 相木悟の映画評 (2013年10月7日 11時32分)
    まっちゃんVS映画、第4戦! SかMか、傑作か駄作か、それが問題だ!?ってなもんである。 本作は、ご存じ天下の人気芸人、ダウンタウン松本人志の監督第4作。映画を撮る度に賛否両論巻き起こしつつ、それでもきっちり2年毎に作品を発表する姿勢は“継続は力なり”を信... ...[外部サイトの続きを読む]
  • R100 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年10月6日 1時22分)
    R100 [DVD] [DVD]謎のSMクラブに入った男が不条理な体験をする異色作「R100」。ワケがわからない物語には、実は大きな仕掛けがある。おかげで過去作品の中で一番“映画らしい”かも。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月30日の週の公開作品
  3. 『R100』