シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
キャロル
(C) NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
英題:
CAROL
製作年:
2015年
製作国:
イギリス/アメリカ
日本公開:
2016年2月11日
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
製作会社:
Production Companies / Number 9 Films / Film4 / Killer Films
カラー

チェック:「太陽がいっぱい」「殺意の迷宮」などで知られる作家パトリシア・ハイスミスの小説を基にしたラブロマンス。同性ながらも強く惹(ひ)かれ合う女性たちに待ち受ける運命を追い掛ける。メガホンを取るのは、『エデンより彼方に』『アイム・ノット・ゼア』などのトッド・ヘインズ。『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェット、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラが共演。彼女らの熱演はもとより、舞台となる1950年代初頭のニューヨークを再現した美術にも注目。

ストーリー:1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

キャロル
(C) NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • 相馬 学
    オードリーへの切ないラブレターか!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     保守主義に対するアウトサイダーの反抗。トッド・ヘインズが描く愛は、つねにそれを下地にしているが、このパトリシア・ハイスミスの原作も自分サイドに巧く引き寄せてみせた。

     リベラルな若い女性と上流マナーにウンザリしている人妻の関係が恋へと発展。道ならぬ関係をとおして社会の窮屈さが見えてくるのはヘインズ作品らしいところだが、これまで以上にラズストーリーの切なさに重きを置いている点が妙味。

     役者ではブランシェットもイイが、より印象的なのは相手役のルーニー・マーラ。聡明さと憂鬱がにじむ表情と、装いは若きオードリー・ヘプバーンとよく似ている。『噂の二人』へのオマージュか……と、ふと頭をよぎった。

  • 清水 節
    タブーや隔たりを乗り越える熱情が、美しきアートに昇華する。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    映画とはストーリーばかりを追うものではない。
    人物の感情の揺らぎや高まりを共有することで、心を豊かにするものだ。
    この映画は、観る者の美意識の持ちようや、恋愛経験の深度を問う。
    まだ街よりも人の存在が際立っていた、50年代初めのニューヨーク。
    淡い画調の中で、美術や衣装が彼女たちの覆い隠した想いを表わす。
    内側に秘められていた身も心も、次第に露わにされていく。
    タブーや隔たりを乗り越える熱情は、美しきアートに昇華する。
    映画とはパッションであることを思い出させてくれる、至高の体験だ。

  • 山縣みどり
    勝手な予想を裏切るピュアなラブストーリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    P・ハイスミス原作だし、ケイト・ブランシェット演じるキャロルがまた二心ありそうだしで、事件待ちしていたら…。自分らしく生きようとする女性の心情が伝わる恋愛ドラマが展開されてびっくり。同性愛が悪だった50年代、周囲の不寛容にヒロインたちが苦悩する様が切ない。特に長らく抑制してきた本当の自分をテレーズとの出会いで解き放つキャロルの怒濤の変貌ぶりに引き込まれた。さすがはケイト様。彼女が開花する無邪気なテレーズ役のルーニー・マラとの掛け合いの裏にある思いの複雑さにうなる。T・ヘインズ監督が『エデンより彼方へ』でも見せた映像美へのこだわりは今回も健在で、役者陣が着こなす衣装や舞台美術からも目が離せない。

  • 平沢 薫
    2人の人間がどうしようもなく恋をする
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     2人の人間が出会って、どうしようもなく恋をする。それをケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが演じる。それだけで見応えがある。片方が書く別れの手紙の文面、「あなたは別れの理由が欲しいだろうが、何を言っても意味はない。いつか分かってくれたら、また会おう」に、この恋の強さ、潔さは明らかだ。
     派手な出来事は起きない。関係は静かに深まり、出来事はみな、静かに生じる。名手サンディ・パウエルが担当した1950年代の女性の衣装は、質の良い布地で身体に沿って仕立て上げられた、上質な衣服。その服が美しく整っているのは、その下に収まりきらなくなりそうな情熱を押し隠すためだ。

  • くれい響
    118分間、映像マジックに酔いしれる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    名義は違えど、パトリシア・ハイスミス原作=ミステリーやサスペンスを期待すると、この展開に戸惑を覚えてしまうほど、決して斬新なストーリーではない。だが、衣装・美術・音楽など、トッド・ヘインズ監督らしいこだわりを感じるディテールの数々。スーパー16で撮影によって醸し出される、1950年代のクラシカルなニューヨークの風景。そして、スクリーンから溢れ出す対照的な女優2人の色香…。ラストの余韻もたっぷりで、118分どっぷり映像マジックに酔いしれる、いわゆるオトナの映画。間違いなく、ヘインズ監督作でベストといえるが、2人と同時代に生きた男と男を描いた『ディーン、君がいた瞬間』と観比べるのも一興だろう。

  • なかざわひでゆき
    保守的な社会の無言の圧力に抵抗する恋人たちの物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ‘50年代を舞台にしたトッド・ヘインズ作品というと『エデンより彼方に』を思い出すが、今回は少なからず印象が異なる。あちらがダグラス・サークだとすると、こちらはエリア・カザンかシドニー・ルメット。よりリアルな時代性が再現される。
     物語も純粋なラブストーリーだ。愛し合うのは女性同士だが、しかし同性愛やフェミニズムはことさら強調されない。モラルや規範の名のもと人間の自然な感情や意思を妨げる社会、その無言の圧力に抵抗する恋人たちの姿が描かれるのだ。
     さらに、2人の間には階級や年齢差の壁が立ちふさがり、愛情と絆が試されていく。その多重構造的な深みのある脚本、知性的で抑制の効いた演出が素晴らしい。

動画

映画『キャロル』予告編
『キャロル』 ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ

ポスター/チラシ

  • 映画『キャロル』ポスター
    ポスター
  • 映画『キャロル』チラシ
    チラシ
  • 映画『キャロル』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『キャロル』スペシャルポストカードセット(3枚組)<キャ  ロル版><テレーズ版>
    スペシャルポストカードセット(3枚組)<キャ ロル版><テレーズ版>

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

キャロル・エアード:
テレーズ・ベリベット:
ハージ・エアード:
リチャード・セムコ:
アビー・ゲーハード:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キャロル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • Carol (キャロル) from Cinema Review シネマ・レビュー (2016年4月12日 21時26分)
    Carol (2015) ★★★☆☆ (UK/USA) 日本語タイトル: キャロル official site: http://carol-movie.com/ Starring: Cate Blanchett(ケイト・ブランシェット), Rooney Mara(ルーニー・マーラ), Sarah Paulson(サラ・ポールソン), Kyle Chandler(カイル・チャンドラ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『キャロル』★ケイトの存在感!アノ表情に引きずられる…… from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年4月6日 19時54分)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/167863/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     ・キャロル :ケイト・ブランシェット ・テレーズ :ルーニー・マーラ   女性同士の“特別な関係“――ということですが 車の窓越しから見せた、ケイトの表情が なんとも、切ない哀愁を帯びてい... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャロル」 from 元・副会長のCinema Days (2016年2月26日 6時39分)
    (原題:Carol )確かに“見た目”のクォリティは高く、世間の評判も良いが、私は大した映画だとは思わない。この映画にはラヴ・ストーリーにおける最重要ポイントが存在せず、それ故に鑑賞後の印象は実に希薄だ。第68回カンヌ国際映画祭では観客受けこそ良かったらし... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「キャロル」と「太陽がいっぱい」の秘密 from エンターテイメント日誌 (2016年2月21日 12時12分)
    評価:A 映画公式サイトはこちら。 パトリシア・ハイスミス原作、ルネ・クレマン監 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど from 大江戸時夫の東京温度 (2016年2月20日 22時38分)
    映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年2月8日の週の公開作品
  3. 『キャロル』