シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
楽園からの旅人
(C) COPYRIGHT 2011 Cinemaundici
英題:
THE CARDBOARD VILLAGE
製作年:
2011年
製作国:
イタリア
日本公開:
2013年8月17日
上映時間:
配給:
アルシネテラン
カラー/35ミリ/ビスタサイズ/SRD

チェック:教会堂の老司祭とそこに集まってきた不法移民たちの交流を通して、未来への希望を描いたイタリア発のヒューマンドラマ。出産や恋の始まり、キリスト教徒とイスラム教徒の対話などの出来事が、教会堂での2夜の間に繰り広げられる。監督は、『聖なる酔っぱらいの伝説』などのイタリアの巨匠エルマンノ・オルミ。出演は、『神々と男たち』などのマイケル・ロンズデールや『ブレードランナー』などのルトガー・ハウアー。困難な境遇の中にあっても失われない、人間同士の理解し合う心や絆に心を洗われる。

ストーリー:取り壊し予定の教会堂に残っていた老司祭のもとに、1人の男が家族を連れてやって来る。家族は不法入国者で、その後教会堂には同じような境遇の人々が集合。そこには、妊娠中の女性や幼い子ども、イスラム教徒もいた。やがて女性が出産すると、皆で赤ちゃんの子守りをする。一方で若者の間には恋愛関係が……。そんなある日、不法移民を取り締まる保安委員が教会堂を訪れる。

楽園からの旅人
(C) COPYRIGHT 2011 Cinemaundici

映画短評

  • 今 祥枝
    平和を願う巨匠からのシンプルで力強いメッセージ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これまでにも今日におけるキリスト教の意味を問い続けてきた、イタリアの巨匠エルマンノ・オルミ。取り壊される教会のキリスト像が下ろされるショッキングな冒頭は、この世の”神の不在”を示唆するかのようだ。こうした宗教的なメタフォーは随所に読み取れるしイスラム教やユダヤ教にも触れているが、ことさら難しく捉えて敬遠するのはもったいない。

    絶望の中で老司祭は、それぞれ苦境にある不法入国者たちを受け入れていく。そこで一つの命が誕生するシーンがある。薄暗い教会堂に差し込んだ、一筋の陽光のような赤ん坊の無邪気な笑顔に、どの子供にとっても未来は明るいと信じられる世界であって欲しいと切実に思ったとき、ふと今の日本はそう信じられる社会だろうか?という疑問が頭をよぎった。これは決して遠い国の話ではないのだ。

    社会の縮図とも言うべき不法入国者たちの人間模様を演劇的に描く一方で、老司祭は「善行に信仰は必要ない」との境地に至る。宗教や人種を超えて、他者を思いやる心。ただそれだけのことで、世界を今よりほんの少しよくすることができるのかもしれない。オルミが伝えるメッセージはシンプルで力強く、ストレートに胸に響く。

  • なかざわひでゆき
    ヒューマニズムの原点に立ち戻り未来を見つめる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    信者の減少で取り壊されてしまった教会を舞台に、苦境に立たされる老司祭と安住の地を探し求めるアフリカ難民たちの交流を描く。移民問題や宗教間対立など現代ヨーロッパ社会に渦巻く様々な不寛容を浮き彫りにしつつ、宗教というものの本来あるべき姿を含め、ヒューマニズムの原点に立ち戻って世界の未来を見つめた作品だと言える。

    一幕劇風の脚本はともすると平坦で非映画的なものになりかねないところだが、その象徴的かつ寓話的な語り口と宗教画を思わせる荘厳なビジュアルイメージが見る者を惹きつける。御年82歳になるエルマンノ・オルミ監督の、虐げられた弱者に対する慈しみの心がじわじわと伝わってくるようだ。

    ただ、決して万人に向けた分かりやすい映画ではないし、随所に往年の左翼リベラル的な古臭い理想主義が垣間見えることで若干の興醒めも否めない。どことなく’80年代の低予算アート映画のような印象を受けるのも、恐らくそのせいなのだろう。それでもなお、老境に差しかかった巨匠の次世代に対する遺言として、しっかりと受け止めたい作品ではある。

動画

映画『楽園からの旅人』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『楽園からの旅人』ポスター
    ポスター
  • 映画『楽園からの旅人』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「楽園からの旅人・・・・・評価額1550円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年9月7日 23時29分)
    黙示録の劇場。 もちろん全て観ている訳ではないが、エルマンノ・オルミの作品は、キリスト教的な寓話の要素が強い。 貧しい生活の中で、強固な信仰を心の糧とする人々の物語「木靴の樹」、飲んだくれのホ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 楽園からの旅人 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年8月21日 0時52分)
    Il Villaggio Di Cartone [Italian Edition] [DVD]神への信仰に生きてきた人と懸命に今を生きようとする人が交錯する人間ドラマ「楽園からの旅人」。オルミ監督らしい寡黙な作品だがラストに希望 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月12日の週の公開作品
  3. 『楽園からの旅人』