シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

今日子と修一の場合

今日子と修一の場合
(C) ZERO PICTURES
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年10月5日
(新宿ピカデリー)
上映時間:
配給:
彩プロ
カラー/ビスタサイズ/デジタル作品

チェック:モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作『長い散歩』などの奥田瑛二が、娘の安藤サクラとその夫・柄本佑を主演に迎えた人間ドラマ。東日本大震災によって、それぞれに心の問題を抱えた男女が、帰郷できない現実にぶつかりながらも人生をやり直そうと懸命に生きるさまが描かれる。和田聰宏、宮崎美子、平田満ら実力派が共演。大震災で心のよりどころをなくした若者たちの姿を通し、絶望から再生していく物語が胸に迫る。

ストーリー:同居している男の言いなりで心身共に束縛される生活を送る今日子(安藤サクラ)と、母親を助けるために父を殺害した修一(柄本佑)。それぞれの事情で故郷に帰れない彼らが過去を清算すべく東京で生活する中、突然地震が発生する。そしてテレビには、掛け替えのない故郷が巨大な津波にのみ込まれる様子が映し出されていた……。

今日子と修一の場合
(C) ZERO PICTURES

動画

映画『今日子と修一の場合』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『今日子と修一の場合』ポスター
    ポスター
  • 映画『今日子と修一の場合』チラシ
    チラシ
  • 映画『今日子と修一の場合』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『今日子と修一の場合』の映画ニュース

  • 和音匠、志垣太郎の息子であることを公表
    俳優の和音匠が13日、新宿ピカデリーにて行われた映画『今日子と修一の場合』の公開一週間を記念したトークセッションに、奥田瑛二監督、安藤サクラ、田部周と共に出席し、...て和音にアドバイスを贈っていた。 映画『今日子と修一の場合』は東日本大震災を背景に、心の拠り所を失...
  • 安藤サクラ、父・奥田瑛二監督作品主演にプレッシャー…前日は眠れず
    5日、映画『今日子と修一の場合』初日舞台あいさつが、新宿ピカデリーにて行われ、監督を務めた俳優の奥田瑛二、その娘で主演の安藤サクラ、そして安藤の夫・柄本祐が登壇し...出す姿を描いた物語。(磯部正和) 映画『今日子と修一の場合』は新宿ピカデリーほかにて全国公開中...
  • 【映画週末興行成績】福山雅治主演『そして父になる』が初登場1位! 5億円突破の大ヒットスタート!
    興行通信社が30日に発表した全国映画動員ランキングでは、是枝裕和監督、福山雅治主演の『そして父になる』が初登場1位を記録した。第66回カンヌ国際映画祭コンペティション...『飛べ!ダコタ』『ランナウェイ/逃亡者』『今日子と修一の場合』『ムード・インディゴ うたかたの日々』...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 今日子と修一の場合 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年11月17日 21時26分)
    希望はラーメン 公式サイト。英題:Case of Kyko, Case of Shuichi。奥田瑛二監督。安藤サクラ、柄本佑、和田聡宏、小篠恵奈、和音匠、カンニング竹山、田部周、宮崎美子、平田満、高橋源一 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「今日子と修一の場合」 from prisoner's BLOG (2013年10月14日 9時25分)
    英語タイトルがThe case of Kyoko,the case of Syuichi「今日子の場合」「修一の場合」と二つに分かれているように、若い男女が出会うまでを別々に綴っている場面が大半を占めて、交錯して恋に落ちるとかドラマが本格的に始動するまでにいささかだれてへたばってしまう。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 今日子と修一の場合 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年10月8日 0時10分)
    心の拠り所を失くした男女が被災地ですれ違う人間ドラマ「今日子と修一の場合」。今日子のドラマはあまりにつらすぎる。夫と別れ子供の親権も奪われた今日子は同居している男か ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月30日の週の公開作品
  3. 『今日子と修一の場合』