シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
エンダーのゲーム
(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
英題:
ENDER'S GAME
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年1月18日
上映時間:
1時間54分
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。昆虫型生命体と人類の戦争を終息させる能力と宿命を背負った少年の成長と苦悩が描かれる。監督は、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド。『ヒューゴの不思議な発明』で注目を浴びたエイサ・バターフィールドが主人公のエンダーを好演、名優ハリソン・フォードやベン・キングズレーなどの実力派が脇を固める。宇宙船の艦隊が銀河を行く戦闘シーンなどのVFXビジュアルも必見。

ストーリー:強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダー(エイサ・バターフィールド)もベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し、少年戦士の指揮官となるエンダーだった。

エンダーのゲーム
(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    冒険心と社会性、冷静と情熱の間を漂う秀作SFドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     子どもを主人公にした話だが、それでも共感を抱けたのは、単にガンダムやエヴァのノスタルジーが疼いたからだけではない。

     もちろん冒険心を刺激する点は重要なポイント。宇宙に飛び立つことにロマンを覚えるのは、筆者だけではないだろう。球形の無重力ドーム内で行なわれる実践訓練も迫力があり、ワクワクさせるに十分だ。

     そんなエンタメ要素の一方で、現代的な点に深く考えさせられた。戦闘訓練こそフィジカルだが、戦争そのものはバーチャル感覚。端末の操作ひとつで敵を殲滅することができる状況には戦慄を禁じ得ない。30年以上も前に原作は執筆されているが、このゲーム感覚は今でこそ理解しやすい。なかなか歯ごたえアリ!

  • なかざわひでゆき
    ビジュアルは申し分ないが、物語はダイジェスト的印象も否めず
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     異星人の侵略から地球を守る、という重すぎる使命を背負わされてしまった少年の苦難と成長の物語。
     選ばれし者としての誇り、自分を見下す連中の鼻を明かしたいという願望、できれば他者を殺めたくないという本音。こうした主人公エンダーの複雑な葛藤を通し、大人の勝手で若者が戦場へ送られる理不尽や戦争そのものの愚かしさを描く。メッセージは極めて明確だ。ビジュアルの美しさやスケールも申し分ない。
     ただ、全体として駆け足で語られるため、ダイジェスト的な軽い印象は否めない。特に最大の見せ場であるクライマックスは、原作未読ではあるものの、恐らく映像で見るよりも文章で読んだ方が衝撃度は大きいだろうと想像がつく。

  • くれい響
    妥協なき“ドSF”に備えよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「エヴァンゲリオン」などの元ネタとして知られるSF小説を114分でまとめているので、サッパリ感は否めないが、完全復活を遂げたギャヴィン・フッド監督の硬派演出から、十分に“ドSFな世界観”は伝わる。

    ただし、バトルスクールを舞台にした少年少女の成長物語ということで、ライトな青春映画ノリを期待すると痛い目に遭う。ヘビイな初期設定と膨大な情報量、名優たちのムダに力の入った熱演から、冒頭からおいけてぼりを喰らう可能性もあるからだ。そのため、ある程度の情報量を入れておくことを勧めたい。
    ちなみに、ネタバレ厳禁な衝撃のラストだが、原作まんまなのでご安心あれ!

動画

映画『エンダーのゲーム』予告編
映画『エンダーのゲーム』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『エンダーのゲーム』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『エンダーのゲーム』秋赤音さん描き下ろしクリアファイルと「エンダーのゲーム」特製ピンバッジ
    秋赤音さん描き下ろしクリアファイルと「エンダーのゲーム」特製ピンバッジ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本: ギャヴィン・フッド

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エンダーのゲーム』の映画ニュース

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『エンダーのゲーム』を見た【映画】オースン・スコット・カードのSF小説をエイサ・バターフィールド主演で映画化 from カフェビショップ (2014年6月16日 20時19分)
    これはつまらなかったなあ。 宇宙人の襲撃を辛くも撃退した人間たちは 再び宇宙人が襲撃してくることに備えて 優秀な子供を集めて 優秀な司令官として 全艦隊を率いる才能を持つ子供の選別と訓練を行っていた。 それでこいつだ!とハリソン・フォードに見込まれた子… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エンダーのゲーム」 あらすじ&ネタバレ 続編は? from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年5月27日 0時8分)
    1985年に出版された、オースン・スコット・カードによる全14作にも及ぶSF小説 ...[外部サイトの続きを読む]
  • エンダーのゲーム from sailor's tale (2014年1月26日 23時50分)
    1980年代に出版された名作SF小説『エンダーのゲーム』。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • エンダーのゲーム (2013) ★★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年1月26日 2時29分)
    おもしろかった。  地球上での戦争ではたとえ空中戦であっても指揮官は2次元的に戦略を練れば良い。しかし宇宙空間では3次元の動きを把握して指揮しなければならないが、今までの映画だと球形の立体映像を外側から見る方式だった。この映画では指揮官自身が宇宙空間にいて自由に動き回れるような視点で命令を出すことができる。  ただエンダーの作戦は味方を犠牲にしても勝てば良いというもので、ゲームなら本当に... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エンダーのゲーム from Some Like It Hot (2014年1月26日 1時36分)
    ■「エンダーのゲーム/Ender's Game」(2013年・アメリカ) 監督=ギャヴィン・フッド 主演=エイサ・バターフィールド ヘイリー・スタインフェルド ハリソン・フォード ベン・キングズレー  オースン・スコット・カードの原作は1985年に書かれたSF... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク