シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

おじいちゃんの里帰り

公式サイト:http://ojii-chan.com
おじいちゃんの里帰り
(C) 2011 - Concorde Films
英題:
ALMANYA-WELCOME TO GERMANY
製作年:
2011年
製作国:
ドイツ
日本公開:
2013年11月30日
(ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか)
上映時間:
配給:
パンドラ
カラー/デジタル

チェック:トルコ系ドイツ人2世の新鋭ヤセミン・サムデレリ監督が妹ネスリンと共同脚本を手掛け、姉妹の実体験を基に描く感動作。1960年代半ばにトルコ移民としてドイツに定住した一家の家長である祖父を中心に、家族の歴史や絆を優しさとユーモアたっぷりに描き出す。頑固だが心優しい祖父を、ヴェダット・エリンチンが好演。まるでおとぎ話のように語り継がれる、ごく一般的な家族の感情豊かな日々の暮らしが胸に染みる。

ストーリー:トルコからドイツに移り住み、一生懸命働きながら一家を支えてきたフセイン(ヴェダット・エリンチン)も今や70代。彼は一見平凡そうに映る大家族の中で孫たちに囲まれて平穏な日々を送っていたが、息子や孫たちはそれぞれ悩みを抱えていた。ある日、フセインは、今度の休暇には全員で故郷トルコに買った家を訪れようと提案するが……。

おじいちゃんの里帰り
(C) 2011 - Concorde Films

動画

映画『おじいちゃんの里帰り』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『おじいちゃんの里帰り』ポスター
    ポスター
  • 映画『おじいちゃんの里帰り』チラシ
    チラシ
  • 映画『おじいちゃんの里帰り』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • おじいちゃんの里帰り (2011) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年11月17日 3時26分)
    ドイツに帰化したトルコからの移民家族の歴史を描いたコメディ。DVDで観た。 監督自身がとトルコ系ドイツ人の2世だそうだ。 昔、ドイツに移住することになった幼い次男モハメドに友達が『ドイツでは豚だけでなく人の肉も食べる』と教えてくれる。 □ 戦後、ドイツは不足する労働力を補うため外国からの労働者を歓迎した。トルコ人のフセイン・イルマズは妻と3人の子供を養うためにドイツにひとりで出稼ぎ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「おじいちゃんの里帰り・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年11月29日 22時13分)
    おじいちゃんが、伝えたかった事。 これは愛すべき映画である。 1960年代の高度成長期、当時の西ドイツに移り住んだトルコ人のイルマズ家。 ほぼ半世紀の時が経ち、主のフセインはすっかりドイツ化した一族を連れて、遥かトルコ内陸部の故郷への旅に出る。 監督はトルコ系ドイツ人のヤセミン・サムデレリ。 実妹ネスリンと共に、自らの家族の体験を元に書き下ろしたオリジナル脚本は、二つの国と二つ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年11月25日の週の公開作品
  3. 『おじいちゃんの里帰り』