シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジャラス・ラン』などにも出演したスウェーデン人俳優のジョエル・キナマンを抜てき。ゲイリー・オールドマンやマイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソンら実力派俳優が脇を固める。ブラックを基調とする新生ロボコップのデザインやさまざまなガジェットなど、クールな武器にも注目。

ストーリー:2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな日々を過ごしていたが、ある日、車の爆破に巻き込まれる。かろうじて命を取り留めたアレックスは、オムニコープ社の最先端のテクノロジーによってロボコップとして生まれ変わり……。

ロボコップ

映画短評

  • 森 直人
    半分人間半分機械、これはまさに今のハリウッド映画の姿
    ★★★★
    »読む«閉じる

    遅ればせながら鑑賞したらかなりの傑作。穿った見方だが、筆者には米国批評並びに「映画論」そのものの作品に思えた。

    87年のヴァーホーヴェン版はコミック的な虚構に徹した面白さだったが、新作はドキュメンタリー出身の監督を起用し、ロボコップが「人間」と「機械」の間を生々しく揺れ動く。この葛藤と模索は現在の映画をめぐる問いと同じではないか。実写とCGの境界が溶解する中で、新たなバランスを探り、高次元のフィクションとして生まれたのが例えば『ゼロ・グラビティ』のような映画だ。

    頭部と肺機能だけでぎりぎり「人間」足りえているロボコップ。これはまるで今のハリウッド大作の映画組成を形象化したシンボルのようだ。

  • 相馬 学
    劇画を避け、リアルに徹した“ロボ警察24時”
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ポール・ヴァーホーヴェンによるオリジナル版のファンとしては正直不安もあったが、このリメイクは予想以上の出来。オリジナルのよう劇画タッチとは逆に、ハードボイルドに徹してハードルを越えた。

     ジョゼ・パヂーリャ監督は代表作『エリート・スクワッド』そのままのハンディカム撮影で、リアリズムに徹してドラマを語る。おかげでヒーロー活劇ではなく、“警察24時”的なドキュメンタリーを見ているような生々しさを覚える。

     ロボコップに最初から人間の頃の記憶があるという、オリジナルとは異なる設定も活きていて、ドラマ面でも驚きがある。ガッカリさせられるリメイク作品は少なくないが、これは大歓迎!

  • くれい響
    重厚なドラマで魅せる見事なリメイク
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ヴァイオレンス満載なオリジナル好きにはモノ足りなく感じるだろうが、このリメイクは見事。義肢にも通じる医療開発のその先として、コピー通り「半分人間、半分ロボット」となった男の悲劇がドラマティックに描かれる。オリジナルでは皆無だった夫や父としての葛藤もあり、絶賛売出し中のジョエル・キナマンの顔出しも多し。
    『第9地区』を意識したオープニングも用意されるなか、やっぱり高まるテーマ曲やED-209をあえて同サイズで登場させるなど、オリジナルへのリスペクトも忘れない。アニメやゲーム版など、27年間のロボコップ史のいいどこ取りといえるだろう。

動画

映画『ロボコップ』予告編

写真ギャラリー

MGM / Columbia / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ロボコップ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ロボコップ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ロボコップ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ロボコップ』LEDロボコップ・ライト
    LEDロボコップ・ライト

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

エグゼクティブプロデューサー: ビル・カラッロ / ロジャー・バーンバウム

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ロボコップ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ロボコップ』を観た【映画】ポール・ヴァーホーヴェン監督による87年のヒット作をジョゼ・パジーリャ監督でリブートしたSFアクション from カフェビショップ (2014年8月13日 7時30分)
    これはどうなんすかねえ。 うーむ。 見た目は今風になってて 映像は綺麗なことは綺麗なんすけど、 ただそれだけって感じがした。 どれもこれもが中途半端になってる。 オリジナルのポール・バーホーベン版では 記憶の中で軽く触れられてただけのマーフィーの家族が… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ロボコップ2014」現代に蘇ってもローテクっぽいのが御愛嬌 from soramove (2014年4月17日 21時9分)
    「ロボコップ2014」★★★★ ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、 マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソン、 アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー出演 ジョゼ・パジーリャ監督、 117分 2014年3月14日公開 2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ (原題/原作:ROBOCOP) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りた ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ロボコップ」:なぜ口は丸出しなの? from 大江戸時夫の東京温度 (2014年4月14日 23時50分)
    映画『ロボコップ』を観ましたが、あのポール・ヴァーホーヴェン版から27年もたって ...[外部サイトの続きを読む]
  • ロボコップ from Some Like It Hot (2014年3月24日 21時37分)
    ■「ロボコップ/Robocop」(2014年・アメリカ) 監督=ジョゼ・パヂーリャ 主演=ジョエル・キナマン ゲイリー・オールドマン マイケル・キートン サミュエル・L・ジャクソン  僕はポール・バーホーベン監督のオリジナルに思い入れがある世代。メディアや社会... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ロボコップ (2014) ▲▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年3月18日 4時5分)
    人間の意志を持つロボット警官「ロボコップ(1987)」のリメイク。ロボットの開発生産拠点が中国など時代を反映したものになっている。 機械的に情報を処理するロボットと意思や感情を持つ人間との融合の難しさや人気TV番組の影響力の強さなどいろいろ盛り込まれていておもしろかった。 □ 米国企業のオムニコープは国外で治安維持ロボットを売っていたが米国内では機械に人間を委ねることへの反発が強... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月10日の週の公開作品
  3. 『ロボコップ』