シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
受難
(C) 2013姫野カオルコ・文藝春秋 / 「受難」製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年12月7日
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー

チェック:直木賞候補となった姫野カオルコの小説を実写化した、異色のドラマ。恋愛やセックスに対して深く考えてしまう女性が、局部に出現した人面瘡(そう)と奇妙な共同生活を送っていく。メガホンを取るのは、『《ポルノチック》 惑星のかけら』などの俊英・吉田良子。『009ノ1 ゼロゼロクノイチ THE END OF THE BEGINNING』などの岩佐真悠子が主演を務め、全裸もいとわない熱演を披露する。奇想天外な物語や何かとヒロインをののしる人面瘡(そう)のキャラクターも要チェック。

ストーリー:修道院で育った、天涯孤独で純粋無垢(むく)な女性・フランチェス子(岩佐真悠子)。社会に出たばかりの彼女は、どうして男と女は恋に落ちるのか、なぜセックスするのかを深く考え悩んでは、もんもんとする毎日を送っていた。そんな折、彼女の性器に人面瘡(そう)ができてしまう。しかも、その人面瘡(そう)は事あるごとにフランチェス子を「おまえはダメな女だ!」と口汚くののしる意地の悪い性格。情け容赦ない言葉の数々に打ちのめされながらも、人面瘡(そう)人瘡(そう)に古賀さんという呼び名を付けて一緒に暮らしていくが……。

受難
(C) 2013姫野カオルコ・文藝春秋 / 「受難」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『受難』ポスター
    ポスター
  • 映画『受難』チラシ
    チラシ
  • 映画『受難』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
音楽: 大友良英
プロデューサー: 山口幸彦 / 小林智浩 / 宮崎大
撮影: 芦澤明子
照明: 御木茂則
録音: 伊藤裕規
美術: 平井淳郎
VFXスーパーバイザー: オダイッセイ
音響効果: 斎藤昌利
編集: 平田竜馬
スタイリスト: 小倉久乃
ヘアメイク: 橋本伸二
写真: 黒田光一
キャスティングプロデューサー: 山口真人
助監督: 林啓史
協力プロデューサー: 本島章雄

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『受難』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「受難」 ファーストクラス出演の岩佐真悠子が過激ヌードに(;゜Д゜)! from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年5月23日 0時9分)
    直木賞候補となった姫野カオルコの小説を実写化した異色ドラマ[E:sign01] ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「岩佐真悠子 in 受難」 岩佐真悠子フルヌードで全裸疾走(;゜Д゜)! from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年12月20日 1時25分)
    直木賞候補となった姫野カオルコの小説を実写化した 異色のドラマ[E:sign01 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『受難』 (2013) from 相木悟の映画評 (2013年12月14日 11時40分)
    奇想天外、人面瘡が導く性愛コメディ! 性器に人面瘡ができちゃった女の子の物語―、と聞いただけでギョッとなる素っ頓狂な怪作の登場である。 本作は、姫野カオルコの直木賞候補となった同名小説の映画化。監督と脚色を担ったのは、新鋭の吉田良子だ。原作自体は、97... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 受難 from 単館系 (2013年12月11日 0時38分)
    受難 シネマート新宿 12/7公開 修道院で育った、天涯孤独で純粋無垢(むく)な女性・フランチェス子(岩佐真悠子)。 社会に出たばかりの彼女は、どうして男と女は恋に落ちるのか、なぜセックスするのかを 深く考え悩んでは、もんもんとする毎日を送っていた。 そんな折、彼女の性器に人面瘡(そう)ができてしまう。 しかも、その人面瘡(そう)は事あるごとにフランチェス子を「おまえはダメな女... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年12月2日の週の公開作品
  3. 『受難』