シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ブルージャスミン
Photograph by Jessica Miglio (C) 2013 Gravier Productions, Inc.
英題:
BLUE JASMINE
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年5月10日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
日本語字幕:
石田泰子
配給・提供:
ロングライド
提供:
KADOKAWA
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しようとする過程で、彼女の過去や心の闇を浮き彫りにしていく。実業家である夫をアレック・ボールドウィンが演じるほか、サリー・ホーキンスやピーター・サースガードが共演。シリアスな展開と共に、ケイトの繊細な演技に引き込まれる。

ストーリー:ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)とニューヨークでぜいたくな生活を送っていたが、全てを失い、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。過去のセレブ生活にとらわれ、神経をすり減らしていたジャスミンだったが、ある日お金持ちの男性ドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、自分の身の上についてうそをついてしまう。

ブルージャスミン
Photograph by Jessica Miglio (C) 2013 Gravier Productions, Inc.

映画短評

  • 清水 節
    「欲望という名の造花」は、枯れることも叶わず、ただ壊れていく
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     なぜこんなにも、愚かなジャスミンに惹かれるのだろう。嘘を塗り重ねた挙げ句、真っ逆さまに転落したヒロインなのに。なぜこんなにも、憂鬱なジャスミンがいとおしいのだろう。過去の栄華しかすがるものはなく、今を受け容れられぬ女なのに。

     忌み嫌われて当然の堕ちた彼女を、ウディ・アレンが見つめる眼差しは、優しく温かい。彼女は、私たちの虚栄心の映し鏡とは言えまいか。「欲望という名の造花」は、枯れることも叶わず、ただ壊れていく。虚構を愛する者は誰も皆、少なからずジャスミンである。

  • 相馬 学
    アレンの分身、女性バージョンか!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ウディ・アレンの映画には勘違いした、いけ好かない女性が、しばしば登場する(『ミッドナイト・イン・パリス』のレイチェル・マクアダムズ等)。そんな人物を主人公に設定して、正面切って描いたのが本作。

     一度は手に入れた贅沢ライフの価値観にしがみつき、プライドだけは高いので、落ちぶれても生活レベルを簡単には下げられない。そんなヒロインのダメなところを徹底的にイジリ倒す。

     必然的にブラックな笑いも濃くなるが、一方ではウディ・アレンが自作でしばし体現するスノッブなダメ男の女性バージョンととれなくもない。このキャラが憎み切れないのは、ケイト・ブランシェットの名演のおかげだけではないと思う。

  • 山縣みどり
    ウソで塗り固めた人生に溺れた女、哀れなり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    上昇志向が強い女性の没落っぷりに真の富裕層が仕切るアメリカ上流界の厳しさが透けて見える、切なくも皮肉な物語。美貌だけを武器に投資銀行家と結婚したジャスミンは、バーニー・メイドフ並みの詐欺師だった夫の逮捕でソーシャライトから一文無しに。それでもファーストクラスに乗り、臨席の老女に華やかな時代を一人語り……。冒頭からケイト・ブランシェットの常軌の逸しぶりが鮮やかで、怖いくらい。ウソで塗り固めた人生を送るうちにそれが彼女にとっての現実となっている? こういう人いるよね。もちろん化けの皮はすぐにはがれるわけで、空虚な自分に気づいたときに待っているのは? 夢を叶えるには美貌だけじゃNGってことね。

  • ミルクマン斉藤
    たとえ手は汚れても、精神の貴族たるべし。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    弱者を食い物にしての贅沢三昧、そこから惨めに転落しても自責する様子もなく、知りたくないことからは目を背け虚栄の幻想に生きる女。そんなジャスミンを、ウディは『マッチポイント』の時のように決して冷笑したりはしない。ま、貧しいけれど正直で気がいい(だけが取り柄の)妹が属する労働者階級側から描かれる発端では、所詮ジャスミンは搾取野郎の成れの果て、いかに精神状態が危うげでも自業自得。だが彼女の「意識の流れ」に沿って過去が透けてくるうち、次第に明らかとなるウディの嫌悪の所在は、知性と繊細さに欠けた妹の階級のほうなのだ。「妥協という名の安寧」を退け「自尊心という名の狂気」を選ぶジャスミンとウディに幸あれ。

動画

映画『ブルージャスミン』予告編

写真ギャラリー

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ブルージャスミン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ブルージャスミン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ブルージャスミン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ブルージャスミン』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
共同製作: ヘレン・ロビン
共同製作総指揮: ジャック・ロリンズ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ブルージャスミン』の映画ニュース

  • 映画『ブルージャスミン』や米テレビシリーズ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」などの俳優マックス・カセラが、ウディ・アレン監督の新作に出演することになったとDeadlin...
  • 映画『ゼロ・グラビティ』などのサンドラ・ブロックが主演する女性版『オーシャンズ11』こと『オーシャンズ8(原題) / Ocean's Eight』に、新たに『マイ・インターン』のア...。主演のサンドラほか、その右腕を演じる『ブルージャスミン』『キャロル』のケイト・ブランシェット、...
  • ジョン・ベルーシさんの弟で、映画『カーリー・スー』などでおなじみの俳優ジェームズ・ベルーシが、ウディ・アレンが手掛けるタイトル未定の作品に出演することがDeadline...ン監督の妹レッティ・アロンソンと、映画『ブルージャスミン』からアレン監督とタッグを組んできたエド...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ブルージャスミン』を見た【映画】ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェット主演で描くシニカルコメディ from カフェビショップ (2014年11月25日 6時21分)
    ケイト・ブランシェットが 破産した嫌な元金持ちの女を演じて 話題になってたやつです。 どんぐらい嫌な感じの女をやってるのかと 期待していたのだが、嫌な奴というより普通の人じゃないすか。 贅沢な暮らしが大好きで 自分にはそうする価値があると思ってて 面倒… ...[外部サイトの続きを読む]
  • farmville 2 cheat engine 2014 from farmville 2 cheat engine 2014 (2014年7月29日 3時3分)
    映画『ブルージャスミン』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブルージャスミン  (2013)  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年7月10日 3時48分)
    ウディ・アレンの物悲しいコメディ。 セレブ生活が突然破たんした女性ジャスミン。やむを得ず頼ったのは貧乏な妹ジンジャー。自分は一文無しと分かっていても、どうしてもセレブ時代の栄光が忘れられない。せっかくつかんだ大金をジャスミン夫妻に騙し取られたジンジャーだって言い分はある。 □ ボストン大学在学中に求婚され退学して結婚したジャスミン(ジャネット)は、大金持ちの実業家のハルのおかげでニュ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブルージャスミン from 映画のメモ帳+α (2014年6月21日 22時1分)
    ブルージャスミン(2013 アメリカ) 原題   BLUE JASMINE 監督   ウディ・アレン 脚本   ウディ・アレン 撮影   ハビエル・アギーレサロベ 編集   アリサ・レプセルター 出演   ケイト・ブランシェット アレック・ボールドウィン       サリー・ホーキンス ルイス・C・K        ボビー・カナヴェイル アンドリュー・ダイス・クレイ       ピーター・サースガード マイケル・スタールバーグ       マックス・カセラ オールデン・エアエンライ ...[外部サイトの続きを読む]
  • キャリア最高の演技に納得。ケイト・ブランシェット『ブルージャスミン』 from For James Bond 007 Lovers Only (2014年6月5日 23時14分)
    キャリア最高の演技に納得。ケイト・ブランシェット『ブルージャスミン』 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月5日の週の公開作品
  3. 『ブルージャスミン』