シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
チョコレートドーナツ
(C) 2012 FAMLEEFILM, LLC
英題:
ANY DAY NOW
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年4月19日
(シネスイッチ銀座 ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
カラー

チェック:1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。ゲイであるがゆえに法の壁に阻まれる苦悩を、テレビドラマ「グッド・ワイフ」シリーズなどアラン・カミングと、『LOOPER/ルーパー』などのギャレット・ディラハントが熱演する。メガホンを取るのは、『17歳のカルテ』などのトラヴィス・ファイン。血のつながりはなくとも、少年を守るため奔走する主人公たちの無償の愛が胸を打つ。

ストーリー:1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。 母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく。 しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう。

チョコレートドーナツ
(C) 2012 FAMLEEFILM, LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    マイノリティの心情を代弁した普遍性が魅力
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     同性愛に対する世間の無理解に怒りを抱えたダンサーと、冷静に現実との折り合いを付けようと模索する弁護士という対照的なゲイカップルを通じて、マイノリティならではの複雑な葛藤を明確に描いた点がいい。そこへ孤独なダウン症の少年との絆を絡めることで、偏見に晒された全ての人々の心情を代弁する普遍性を備えた。
     ただ、ゲイや障害者に関する情報が著しく偏っていた70年代にあって、彼らの養子縁組を認めなかった法の判断は自然であり、判事や検事は差別を差別と認識していなかったに違いない。その点、主人公側に寄り添い過ぎて法の側を冷酷な悪人のように描いたため、特に後半は感傷的なメロドラマに陥ってしまったように思える。

  • 山縣みどり
    LGBTの戦いが終わる日が来ることを望みます。
    ★★★★
    »読む«閉じる

     薬物依存症の母親にネグレクトされたダウン症の少年マルコを養子に迎えようと頑張るゲイ・カップルが直面する差別や誤解を通し、正義や人権を考える人間ドラマだ。同性婚を合法とする州が増えるなどアメリカにおけるLGBTへの理解はここ数年かなり進んだ。しかし本作を見れば、わずか30年前までは彼らを取り巻く環境は実に悲惨だったことは明らかだ。「同性愛者は良き親にはなりえない」という歪んだ偏見を持つ人々が少年の希望や利益を踏みにじり、幸せに暮らせるはずだった3人を蹂躙する過程には第三者でしかない身でも怒りを覚えた。今は失望や憤りをバネに権利を拡張してきたLGBTの戦いが終わる日が来ることを望むのみだ。

  • ミルクマン斉藤
    正統的社会派映画ではあるけれど。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    社会から除け者扱いされる3人のアウトサイダー。彼らはそれゆえの共感でもって、疑似家族的な安住の地を見つけ出すが……。そのアウトサイダーがゲイ・カップルとダウン症児というのが今までになかったところだけど、作りとしては至極まっとうな社会告発劇(といっても舞台は’79年)。LGBTアクティヴィストでもある才人アラン・カミングの感情ダダ漏れなチャームと、これまで決して印象に残る俳優ではなかったG.ディラハントの抑え目ながらも内に怒りを湛えた演技の魅力は大きい。でも何度か繰り返される“引き離された家族”のカットバックはあまりにも教科書的かつ感傷的で、いささか興醒めするのも事実。

  • 森 直人
    美しい「大人」がいる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    まいった。こんなに良い映画だとは…!と、きっと誰もが驚く傑作だ。

    最近相次ぐ70年代実話の映画化だが、まさに今、特に子育てにまつわる事件が頻発する日本で観られるべき内容。責任能力を全く欠いた母親を持つダウン症の少年を、赤の他人である“パパ2人”が引き取ろうとする物語。血縁を超えた「家族」を改めて問う。『ハッシュ!』や『キッズ・オールライト』をさらに一歩転がしている。

    演技はアラン・カミングの熱量が圧巻だが、人物像としては弁護士ポール(G・ディラハント)こそキモ。彼はありったけ以上の勇気で、冷静に世間やシステムとの軋轢と闘い抜く。筆者は彼の在り方に、今後必要な「理想の大人」の姿を見た。

動画

映画『チョコレートドーナツ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『チョコレートドーナツ』ポスター
    ポスター
  • 映画『チョコレートドーナツ』ポスター
    ポスター
  • 映画『チョコレートドーナツ』チラシ
    チラシ
  • 映画『チョコレートドーナツ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『チョコレートドーナツ』アマイワナバスキャンディー
    アマイワナバスキャンディー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チョコレートドーナツ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • リンツ(lndts)チョコレート2016年福袋通販は2回で即完売 from 2016年福袋セール・通販ファッション雑貨情報局(2015年も)@うさぎ (2015年11月5日 1時51分)
    1月1日から通販開始とのアナウンスがあったのですが すでに2種類通販での販売が始まっていたので ご紹介する/(=? x ?=)\ リンツの福袋(3千円)はこんな感じ。倍額相当かな?チョコレートは絶対に欠かせないのでww、嬉しい。リンドール(右の2つ)が好き。 pic.twitter.com/D7GDI8ckda — nashi_2 (@nashi_2) 2015, 1月 2 チョコレートが値段として3倍近く入っている大人気の チョコレート福袋が通販開始です。 お正月からチョコレートを楽し&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「チョコレートドーナツ」 ダウン症の子供を育てたゲイの実話なんです(ノД from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年4月17日 0時3分)
    涙が止まらない゜(゜´Д`゜)゜ 1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨て ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『チョコレートドーナツ』を見た【映画】1970年代の実話をもとにしたヒューマンドラマ from カフェビショップ (2015年2月18日 7時51分)
    これはけっこう淡々としてますね。 面白かった点は みんな関係が薄いってとこだなあ。 ゲイのカップルがダウン症の子供を 引き取ろうとする話なんすけど、 彼らはもともと何か強いつながりがあるわけではない。 ゲイのカップルは付き合い始めたばっか。 ダウン症の… ...[外部サイトの続きを読む]
  • チョコレートドーナツ/マルコの笑顔は輝いていた from MOVIE BOYS (2014年12月11日 19時40分)
    1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった話をもとに、ジャンキーの母親に育児放棄されたダウン症の少年と家族になったゲイカップルの物語を描いた人間ドラマ。メインキャストを『バーレスク』のアラン・カミング、『ノーカントリー』のギャレット・ディラハント、そして実際に障害を抱えながらも俳優を志し、本作でデビューしたアイザック・レイヴァの3人が務めている。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『 チョコレートドーナツ 』I Shall Be Released from 映画@見取り八段 (2014年12月11日 1時24分)
    チョコレートドーナツ ~ ANY DAY NOW ~      監督: トラヴィス・ファイン    キャスト: アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー、グレッグ・ヘンリー、クリス・マルケイ、ドン・フランクリン、ジェイミ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月14日の週の公開作品
  3. 『チョコレートドーナツ』