シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アクト・オブ・キリング

公式サイト:http://www.aok-movie.com/
アクト・オブ・キリング
(C) Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012
英題:
THE ACT OF KILLING
製作年:
2012年
製作国:
デンマーク/ノルウェー/イギリス
日本公開:
2014年4月12日
(シアター・イメージフォーラム ほか)
上映時間:
日本語字幕:
金子嘉矢
配給:
トランスフォーマー
カラー

チェック:インドネシアで行われた大量虐殺を題材にし、ベルリン国際映画祭観客賞受賞、アカデミー賞にもノミネートされたドキュメンタリー。1960年代にインドネシアで繰り広げられた大量虐殺の加害者たちに、その再現をさせながら彼らの胸中や虐殺の実態に迫る。『フィツカラルド』などの鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク、『フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白』などのエロール・モリス監督が製作総指揮を担当。凶行の再演という独特なスタイルに加え、そこから浮かび上がる人間が抱える闇にドキリとさせられる。

ストーリー:1960年代のインドネシアで行われていた大量虐殺。その実行者たちは100万近くもの人々を殺した身でありながら、現在に至るまで国民的英雄としてたたえられていた。そんな彼らに、どのように虐殺を行っていたのかを再演してもらうことに。まるで映画スターにでもなったかのように、カメラの前で殺人の様子を意気揚々と身振り手振りで説明し、再演していく男たち。だが、そうした異様な再演劇が彼らに思いがけない変化をもたらしていく。

アクト・オブ・キリング
(C) Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

映画短評

  • 中山 治美
    カメラに撮られる事、語る事の意義を考える
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ドキュメンタリーは、ある事象をありのまま記録する際に用いられる手法だ。本作の場合、大量殺人犯が英雄視されている国が存在する信じ難き事実を我々に突きつける。さらに加害者に史実を疑似体験させることで、彼らが長年押し殺していた罪悪感を呼び起こし、自責の念に駆られるまで追及する。この展開をどこまで監督が予想出来たかは分からないが、カメラを持った第三者の介入がトラウマを解放するという心理学的な効果があることを実証した稀有な例だろう。
     結果本作が世界的に知られたことによってインドネシア政府が、大量虐殺の事実をようやく認めたという。ドキュメンタリーの力を感じずにはいられない映画史に残る衝撃作である。

  • 相馬 学
    恐ろし過ぎて、笑って泣けてしまう狂気のドキュメント
    ★★★★
    »読む«閉じる

     “虐殺”を正義と感じる人はいないと思うが、世界にはそれを誇る国があり、誇る人がいる。まず、そんな事実にゾッとせずにいられない。

     自分が携わった虐殺を嬉々として再現してみせる老人たち。その狂気から凄みがにじむ一方で、彼らがあまりに突き抜けているのでユーモアさえ感じさせる。同時に、撮影の過程で生じる登場人物の心的な変化には人間ドラマも。ヘビーな展開の中にも、それらのサジ加減が活きる。

     恐ろしい人を写し出しているのに、どこかファニーで、僅かながら人間味も。そういう意味では、『ゆきゆきて、神軍』にも通じるものがある。

  • 山縣みどり
    傷口に波の花、な一種の拷問ムービー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     イデオロギーとは関係のない差別意識や欲にかられて民衆虐殺し、英雄となった愚連隊をホメ殺す手法が斬新。撮影スタッフはきっと、彼らへの嫌悪感を隠すのにさぞや苦労したはず。下卑たジジイが蛮行を嬉々と再現する姿を見るだけで戦慄する。PTSDって何?みたいな虐殺者の佇まいは、言い方は悪いけれど、「生きるために殺す」原始人のよう。でもこの勝負は製作側の勝ち! ジジイたちは虐殺を英雄行為と信じ込むことでごまかしていた心の傷をえぐられ、己が他人に与えた痛みを感じざるを得なくなる。傷口に塩を塗りこめたような、まさに精神的な拷問なのだ。失われた命は取り返せないが溜飲は下がる、なんて考えた私も残酷かも。

  • 森 直人
    人間の獣性をグロテスクに露出させる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    国家・軍部のもとに行われた殺人の責任を問う――。同種の主題を持った『ゆきゆきて、神軍』が過激なアクション映画だとしたら、こちらは静かに魂のはらわたをえぐっていく。人間の内部を攻めるだけに殺傷力は本作のほうが上かも。

    この映画が仕掛けるのは相当な知略だ。大量虐殺者に自分が行った蛮行を演じさせる。一見、根本敬言う処の“イイ顔”した親父が無自覚の獣性を剥き出しにする。そこにオッペンハイマー監督は人間の原型・裸形を見るのだ。目線はまさしくヘルツォーク的であり、頭脳値の高いヤコペッティのようでもある。

    「演技」という認識の回路が人間存在を根底から引っ繰り返す様はマジ戦慄。もはやサルトル『嘔吐』の域!

  • ミルクマン斉藤
    映画史上、最もおぞましい作品
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    かつて行った残忍極まる行為を嬉々として再現するおっさんたち。自分たちの妻子が被害者役となり恐怖のあまりパニックを起こしても笑ったままだ(殺人手段の模範が米製ギャング映画だったというのも示唆的)。イデオロギー優先の記録映画では「世界のどこででも起こり得ること」的部分を強調しがちだが、そんな良心派ぶったおもねりはほぼ無い。むしろ「欧米人から見た第三社会の劣った事例」とも受け取られかねない下卑た行為を悪意が窺えるくらい率直に映し出す。これはまさに製作総指揮に名を連ねるヘルツォークの精神そのものだ(『フィツカラルド』を観るべし)。ちなみに「えずく」という肉体反応がこれほど意味深く捉えられた映画はない!

動画

映画『アクト・オブ・キリング』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『アクト・オブ・キリング』ポスター
    ポスター
  • 映画『アクト・オブ・キリング』チラシ
    チラシ
  • 映画『アクト・オブ・キリング』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『アクト・オブ・キリング』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アクト・オブ・キリング』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 戦慄のドキュメンタリー「アクト・オブ・キリング」 from エンターテイメント日誌 (2014年12月29日 23時57分)
    評価:A 今年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた衝撃作。公 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アクト・オブ・キリング』 こんな映画観たことない! from 映画のブログ (2014年8月20日 21時49分)
    お、面白かった。インドネシアの大虐殺を取り上げたドキュメンタリーというから重苦しい映画だろうと覚悟して臨んだが、案に相違して『アクト・オブ・キリング』はとても面白い映画だった。  虐殺者の所業を面白がってると勘違いされてはいけないから、興味深いと表現する方がよいかもしれない。ともかく166分ものオリジナル全長版がまったく苦にならない、刺激に満ちた映画だった。  山形国際ドキュメンタ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アクト・オブ・キリング from 映画三昧、活字中毒 (2014年5月28日 4時34分)
    ■ 新宿シネマカリテにて鑑賞アクト・オブ・キリング/THE ACT OF KILLING 2012年/デンマーク、インドネシア、ノルウェー、イギリス/121分 監督: ジョシュア・オッペンハイマー 公式サイト 公開: 2014年04月12日 1965年にインドネシアで起こったクーデター未遂事件の後、政府は事件の首謀者であった共産主義者狩りを始める。それは次第に過激化し、共産主義者と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アクト・オブ・キリング」 from 元・副会長のCinema Days (2014年5月4日 6時34分)
    (原題:The Act of Killing)ドキュメンタリー映画の体を成していない、ワザとらしい作品だ。個人的にはまったく評価出来ない。こんなのが各映画賞を取ってしまうのだから、暗澹とした気持ちになる。  1965年9月30日の軍事クーデターに端を発したインドネシア... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アクト・オブ・キリング」:クレイジーな違和感 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年4月25日 23時53分)
    映画『アクト・オブ・キリング』は、かなりの問題作として話題になっている割には都内 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月7日の週の公開作品
  3. 『アクト・オブ・キリング』