シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
まほろ駅前狂騒曲
(C) 2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年10月18日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
東京テアトル
配給・製作プロダクション:
リトルモア
製作プロダクション:
フィルムメイカーズ
協力:
町田市
企画協力:
文藝春秋
カラー

チェック:三浦しをんのベストセラー小説を実写化した『まほろ駅前』シリーズ第2弾。多田と行天の便利屋コンビが、前身が新興宗教団体という怪しげな組織を調査するうちに思わぬ事態に遭遇していく。監督に大森立嗣、主演には『ディア・ドクター』などの瑛太に『舟を編む』などの松田龍平と前作のメンバーが再結集。『戦争と一人の女』などの永瀬正敏が、主人公コンビの前に立ちはだかる人物として共演。人情味あふれる物語に加え、実力派俳優たちのアンサンブルも見もの。

ストーリー:まほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のところへ、中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んで3年目。行天と凪子(本上まなみ)の娘はる(岩崎未来)を預かって四苦八苦する中、まほろ市の裏組織の人間である星(高良健吾)から、駅前で毎日のようにビラ配りをする怪しい団体「家庭と健康食品協会」の調査を依頼される。やがて、その協会は以前新興宗教団体だったことがわかり、代表の小林(永瀬正敏)が行天の過去を知る人物だと判明する。さらに調べを進める多田たちだが、思わぬ形でバスジャック事件に巻き込まれていく。

まほろ駅前狂騒曲
(C) 2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    今回はそちらの松田優作ネタですか。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    僕にとっては大根仁のTVシリーズのほうが映画一作目『まほろ駅前多田便利軒』よりも遥かに面白かったのだが、これまた前作に輪をかけて焦点のない出来。複数の“事件”が交錯する…というより多分に並行的に動いていくが、いずれも印象が弱く必然性にも欠けるもので、豪華キャスト揃いなのにいったい何を観てるんだか判らなくなっていく。ただひとつ間違いないのは、常に多田と行天がそこに居ること。個々のエピソードはつまらなくても、瑛太と松田龍平のどこかブロマンスな二人がいれば「まほろ」世界は成り立つ、ということで、そこに心地よさを求める人にはいいかも知れない。どちらかといえばミニシリーズ向け物語だと思うけど。

  • 山縣みどり
    ファンとしての苦言もあるけど、安定感アリの面白さ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原作小説の世界観をかなり忠実に映画(ドラマ)化したシリーズで、前作に続いて安定感アリの面白さ。多田と行天を取り巻くキャラももはやご近所さん感覚で、見ている側がまほろ市在住のような気分になるのも醍醐味だ。2人の“付かず離れず”な距離感は今まで通りだが、心の距離感は近づく一方。ただ人気キャラを総花的に登場させたので、メインの人間関係が薄くなったのが残念。多田と亜沙子さん、行天と春ちゃんの関係性をもっと描き込んでほしかったと感じるのはファンの欲目? でも、ベッドに横たわる亜沙子さんの横でうなだれる多田(てか、瑛太!?)のプチメタボ腹に漂う男の悲哀、行天の達観を感じさせる名ゼリフには心つかまれました。

  • 森 直人
    ホモソーシャルなキャラ萌えの究極形!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    三浦しをん(小説)→大森立嗣(映画)→大根仁(TV)→再び大森立嗣。まるでモチをついて、こねて、のばして……というように多田(瑛太)と行天(松田龍平)のキャラがこなれていく。異なる持ち味の作家による積み重ねで魅力的なプロダクトへと成長した稀有な例だ。

    今回の大森演出は大根版『番外地』が果たしたアップデート――「見た目」のポップさと、バディ的「BL感」の強調――を受け、無骨な前作より柔らかさが宿っており、会話劇としての面白さが際立っている。

    それに行天の「パパ」ネタは必殺だ。スモールタウン物としては大ぶりな展開を見せるが(基本原作通り)、家族や宗教など重めのテーマを乗せても軋まないのが見事!

動画

映画『まほろ駅前狂騒曲』最新予告編
映画『まほろ駅前狂騒曲』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『まほろ駅前狂騒曲』ポスター
    ポスター
  • 映画『まほろ駅前狂騒曲』ポスター
    ポスター
  • 映画『まほろ駅前狂騒曲』チラシ
    チラシ
  • 映画『まほろ駅前狂騒曲』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『まほろ駅前狂騒曲』まほろエコバッグ
    まほろエコバッグ
  • 映画『まほろ駅前狂騒曲』まほろクリアファイル
    まほろクリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本: 黒住光
音楽: 岸田繁
原作: 三浦しをん
主題歌: くるり

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『まほろ駅前狂騒曲』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • まほろ駅前狂騒曲/多田・行天コンビ再び! from MOVIE BOYS (2014年11月24日 18時10分)
    三浦しをんの同名ベストセラー小説の実写化第2作。監督、主演は前作と同じく大森立嗣、瑛太、松田龍平が務める。映画シリーズは2作目だが、テレビ東京でその間のエピソードである『まほろ駅前番外地』が放送されていて、そこから真木よう子がヒロインとして参加した。他にも今回はベテラン永瀬正敏が、そしてもちろん第1作から引き続きで高良健吾、本上まなみ、新井浩文、麿赤兒、松尾スズキ、大森南朋、岸部一徳といった... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「まほろ駅前狂騒曲」:ゆるすぎてスカスカ from 大江戸時夫の東京温度 (2014年11月2日 23時12分)
    映画『まほろ駅前狂騒曲』は、瑛太と松田龍平のゆるい掛け合いを楽しむべきバディ・ム ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『 まほろ駅前狂騒曲 』ライター、子育て、トラウマ、そして小指 from 映画@見取り八段 (2014年10月30日 4時49分)
    まほろ駅前狂騒曲      監督: 大森立嗣    キャスト: 瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、永瀬正敏、奈良岡朋子、新井浩文、三浦誠己、古川雄輝、横山幸汰、岩崎未来、水澤紳吾、大西信満、原田麻由、宇野祥平、市川実和子、伊佐山ひろ子、麿赤… ...[外部サイトの続きを読む]
  • まほろ駅前狂騒曲 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年10月20日 0時41分)
    まほろ駅前狂騒曲 [単行本]便利屋を営む多田とその相棒の行天が思わぬピンチに遭遇する「まほろ駅前」シリーズ第2弾「まほろ駅前狂騒曲」。エピソードが多く賑やかな展開だがユル ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 若干軟派になったがそれでも面白い「まほろ駅前狂騒曲 」 from てんシネ探検隊 (2014年10月19日 19時16分)
    小説は読んでいませんが、1作目の映画のファンになった身としては続編が上映されるの ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年10月13日の週の公開作品
  3. 『まほろ駅前狂騒曲』