シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
紙の月
(C) 2014「紙の月」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年11月15日
上映時間:
制作プロダクション:
ROBOT
配給:
松竹
カラー

チェック:銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。年下の恋人との快楽におぼれ転落していくヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。

ストーリー:バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。

紙の月
(C) 2014「紙の月」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    闇への失踪ではなく光への疾走。堕ちるほどに輝く宮沢りえ礼賛
    ★★★★
    »読む«閉じる

     平凡な女性の不倫と横領。堕ちていくほどに輝き、解き放たれる快感。愁嘆場を何度もかわし通俗へ向かわず、映画的見せ場を用意する演出の妙。サタンの囁きを奏でる大島優子、モラルの鎧で縛る小林聡美、母性本能をくすぐる池松壮亮。すべては、空虚で暗鬱な宮沢りえが生彩を帯びていくために存在する。時代や社会に弄ばれ、奇しくもバブル崩壊直後に幸薄きイコンとなった元アイドルが、広告業界出身の映画作家の手によって、金銭を中心に回る通念を打ち砕く一点突破劇として観ることも可能だ。紙幣という冷たく光る神、いや、紙の月を指で消去する場面が切なく美しい。彼女が全力で走る姿、それは闇への失踪ではなく光への疾走である。

  • ミルクマン斉藤
    『桐島~』以後の自信のほどはうかがえるが。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どう転んだって破滅にしか繋がらない目先の快楽を選ぶ主人公。ここに爽快さを感じるかが本作を気に入るか否か、そして最後の疾走に拍手を送れるか否かの分かれ目だと思うが、僕にはやはり愚かすぎるとしか思えぬ。ここぞという場面での過酷なスローモーションにも一歩も引かぬ、性根の座った宮沢りえの演技力なくして成立したかも疑わしいし、回りくどいだけで説明になっていない少女時代のエピソードも不要だろう。そんな僕のような観客をも終始映画に引き留めてくれるのが、崖っぷちのお局をハードボイルドに演じる小林聡美と、コメディエンヌの才を軽々と発揮する大島優子。少なくとも、この二人が絡むシーンは輝いている。

  • 相馬 学
    “逃亡者”宮沢りえのシャープなキャラに見惚れる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     過去に囚われ、仕事に囚われ、家庭に囚われるヒロインだから、逃げようとするのは必然的だった。そんな逃亡者としてのドラマに見応えがある。

     逃げるというと後ろ向きのイメージがあるし、横領という行為自体も犯罪なので悪いイメージがつきまとう。しかし一方で、“囚われ”から解き放たれた自由な人間性が光っているのも事実。反対側に突き抜けた者の清々しさや切なさが、何とも眩しい。

     何よりスゴいのは主演の宮沢りえだ。疲れた中年女性でもあるが、妖婦にもなる。笑顔を見せはするが、目だけは笑っていない。逃亡者のスキのなさが、そこにしっかり表われていた。

  • なかざわひでゆき
    真面目に生きることの息苦しさ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     地味で真面目な銀行員の主婦が、年下の男に入れあげて大金を横領する。ちょっとした出来心から転落していく人間の犯罪劇はありきたりも思えるが、しかしリアルな生活感を醸し出す宮沢りえの佇まいが十分すぎるほどの説得力を物語に与えている。
     注目すべきは、彼女の前に立ちはだかる女性より子の存在だろう。厳格なまでにルールに則り、隙のない正論の鎧で身を固めた彼女は、主人公の梨花が息苦しさを覚え、疑問を抱き、無意識のうちに捨て去ったもの全てを象徴しているように思える。
     お手本とされる窮屈な枠組から解き放たれた結果、社会から逸脱した犯罪者となってしまう皮肉。そこがなんとも痛快。真面目とは実に不自由なものだ。

  • くれい響
    女優3人の演技合戦も見どころ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    映画的に、女性銀行員の横領事件というネタは、あまりにありきたりで、面白味がないかもしれない。だが、それが吉田大八監督の手にかかると、見事なまでのハードボイルド・サスペンスになる。ヘタすれば、同じ犯罪劇である『クヒオ大佐』の二の舞になったところが、『桐島、部活やめるってよ』を経た今の吉田監督だから、しっかりと“人間”が描けているのである。しかも、原作には登場しない先輩・後輩の同僚キャラでヒロイン・梨花を挟んだことで、よりドラマティックになっており、3人の女優の三者三様の芝居も面白い。ただ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「Femme Fatale」は残念なぐらい作品のテイストに合っていない。

動画

映画『紙の月』予告編
映画『紙の月』特報
映画『紙の月』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『紙の月』ポスター
    ポスター
  • 映画『紙の月』ポスター
    ポスター
  • 映画『紙の月』チラシ
    チラシ
  • 映画『紙の月』チラシ
    チラシ
  • 映画『紙の月』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 角田光代
監督:
脚本: 早船歌江子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『紙の月』の映画ニュース

  • アカギやカイジなどを生んだ漫画家・福本伸行の傑作と呼ばれているギャンブル漫画「銀と金」が、テレビ東京の土曜ドラマ24の枠で連続ドラマ化されることが明らかになった。...ムライ』でスクリーンデビューを果たし、『紙の月』「MOZU」シリーズなどで数々の新人賞を受...
  • 俳優・池松壮亮と三浦大輔監督が3度目のタッグを組んだdTVオリジナルドラマを映画化した『裏切りの街』が、東京・新宿武蔵野館で封切られた。2016年も『デスノート Light u...のがたり』(2013)ではヒロインのヒモ、『紙の月』(2014)では銀行に勤める人妻を横領行為...
  • 2002年にSMAPの中居正広主演で映画化され、今年中谷美紀主演でスペシャルドラマ化(テレビ東京)もされた宮部みゆきのベストセラー小説「模倣犯」の、9年後を描く「楽園」が...HKの連続テレビ小説「まれ」(2015)や「紙の月」(2014)などテレビドラマの脚本を多く手...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「紙の月」 宮沢りえがヌードに(;゜Д゜)! あらすじ&ネタバレ from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年6月10日 0時2分)
    宮沢りえアカデミー最優秀主演女優賞作品[E:sign01] 銀行勤めの平凡な主婦 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 紙の月 from ダイターンクラッシュ!! (2015年1月2日 2時57分)
    2015年1月1日(木) 13:50~ 丸の内ピカデリー3 料金:1100円(ファーストデイ) パンフレット:未確認 正太郎君では・・・、 『紙の月』公式サイト 宮沢りえが横領するのだが、発端となる男女関係が、どうにも説得力が無い。 田辺誠一の亭主から冷たくされている感が無い。そして池松は、相変わらず正太郎のような、とぼけた顔なので、一瞬にして恋に落ちる可能性が極めて低い。 とは言え、大島優子の意外な好演や、善人を演じることが多い小林聡美さんの冷徹なお局さん、相変わらずの石橋蓮司の曲者ぶり、ダメっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 第27回東京国際映画祭「紙の月」 from ここなつ映画レビュー (2014年12月19日 15時32分)
    コンペティション作品。観客の投票によって決定する観客賞を受賞。主演の宮沢りえは最優秀女優賞を受賞。舞台挨拶の宮沢りえは綺麗だった! コンペ作品の中では、最も商業ベースに乗った作品だと思う。かといって、招待作品のようなお祭り騒ぎな気分ではない。何といっても、監督は「桐島、部活やめるってよ」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八なので、映画祭の“出品作品”として適切なのだと思う(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」はカンヌの批評家週間に招待されているし、「桐島、部活やめるってよ」は日本アカデミー賞監督賞を受 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「紙の月・・・・・評価額1750円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年12月18日 22時41分)
    ニセモノでもいい、溺れたい。 「桐島、部活やめるってよ」で、センセーションを巻き起こした吉田大八監督の最新作「紙の月」は、これまた驚くべき傑作である。 宮沢りえ演じる梅澤梨花は、銀行に勤めるごく平凡な主婦。 子供は無く、そこそこ順調に出世を重ねるサラリーマンの夫と、郊外の一戸建てに暮らしている。 特に裕福ではないものの、何不自由の無い満ち足りた暮らし。 ところが彼女は、ひょんな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 紙の月 from sailor's tale (2014年12月7日 20時25分)
    銀行内のシーンはスリリングでとてもよかった。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月10日の週の公開作品
  3. 『紙の月』