シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
(C) 2013 Ce Qui Me Meut Motion Picture - CN2 Productions - STUDIOCANAL - RTBF - France 2 Cinema
英題:
CHINESE PUZZLE
製作年:
2013年
製作国:
フランス/アメリカ/ベルギー
日本公開:
2014年12月6日
(Bunkamura ル・シネマほか)
上映時間:
配給:
彩プロ
アメリカンビスタサイズ/カラー

チェック:『スパニッシュ・アパートメント』『ロシアン・ドールズ』に続く、セドリック・クラピッシュ監督によるコメディードラマのシリーズ第3弾。2人の子供に恵まれ、小説家としても活躍する40歳の主人公グザヴィエが、妻に別居されたのを機に自分を見つめ直す。『真夜中のピアニスト』などのロマン・デュリス、『アメリ』などのオドレイ・トトゥ、『ロシアン・ドールズ』などのケリー・ライリーなど、おなじみのメンバーが結集。誰もが味わう人生のおかしさや悲しみをつづった物語に加え、舞台となるニューヨークの街並みも見もの。

ストーリー:妻ウェンディ(ケリー・ライリー)との間に2人の子供をもうけ、パリで生活しているグザヴィエ(ロマン・デュリス)。小説家としてもある程度成功した彼だが、スペイン留学時の親友であるレズビアンのイザベル(セシル・ドゥ・フランス)から精子を提供してほしいと頼まれる。それが原因となってウェンディとの間に不穏な空気が流れた上、彼女から子供を連れてニューヨークに移りたいと出て行かれてしまう。話し合いのためニューヨークへ飛ぶグザヴィエだが、ウェンディと子供たちが新しい恋人であるエリート金融マンのもとで暮らしているのを見てショックを受ける。

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
(C) 2013 Ce Qui Me Meut Motion Picture - CN2 Productions - STUDIOCANAL - RTBF - France 2 Cinema

映画短評

  • なかざわひでゆき
    グローバル化と共に歩んだシリーズの最終章
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     「スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」に続く“ダメ男グザヴィエ”シリーズの完結編(少なくとも現時点では)。作家となった40歳のグザヴィエが、別れた妻子を追ってニューヨークへ渡り、またもや恋愛関係で右往左往する。
     もともと本シリーズはヨーロッパにおけるグローバリズムの歩みを背景にしてきた部分があるが、多種多様な人種と文化の坩堝である大都会ニューヨークを舞台とした本作は、移民問題に揺れる現代ヨーロッパ人が移民大国アメリカの内情を肌で知るという点に、実は大きな意味があると言えよう。移民局の調査をあの手この手でかわす下りなど爆笑。幸せの在り処に国境は関係ないのかもしれない。

  • 森 直人
    リンクレイターの次は、クラピッシュも!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    キャストのリアルな加齢と併走する形式は『ビフォア』シリーズ(R・リンクレイター)と共通するが、三部作としてはコチラの方が綺麗に着地したのでは? 女難系のダメ男、グザヴィエ(R・デュリス)が40歳の子持ちになって悪戦苦闘する様を描くが、リンクレイターがドキュメンタルな時間の流れを重視するのに対し、クラピッシュは連作小説のような味わいでまとめている。

    思えばグザヴィエと『ビフォア』のジェシー(E・ホーク)は共に「作家」という設定だが、人生を「物語」のフレームに落としこむ作業はクラピッシュの方が律儀に行っている。優れた完結編だ。ショーペンハウエルとヘーゲルの「ゲスト出演」も見逃さないで欲しい!

  • 山縣みどり
    40歳にして惑うトホホ男でダメンズ診断せよ!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    スペイン留学で世界を広げた青年が作家となり、仕事で組んだ留学仲間と恋に落ちて結婚。ハッピーで万事順調なはずの人生にいきなり、想定外の事件が起こるのがグザヴィエの運命? ニューヨークに舞台を移しても優柔不断な性格は変わらずで、次々に困った事態に陥るのがなんともユーモラス。でも些細な幸せを求める彼の姿や意外に女性的なメンタリティには共感しきり。こういう男性は恋愛関係になると面倒だけど、親友としてはアリだ。相変わらずの悩める青年っぷりは大人な女性から見たら確実にトホホだけど、演じるロマン・デュリがなんとも魅力的。ダメでも許す!と感じた女性はきっとダメンズ。そういう意味では一種の踏み絵となるよ。

動画

ある小説家の男性が、妻から別居を言い渡されたことで……!映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』ポスター
    ポスター
  • 映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』THEODORティーパック
    THEODORティーパック

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』の映画ニュース

  • ミュージシャン・俳優のダイアモンド☆ユカイが2日、都内で行われた映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』の試写会イベントに出席。プレイボーイだった若き日の自分を...述べていた。(取材・文:名鹿祥史) 映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』は12月6日よりBunkamura ル・シネマほか...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • Chinese Puzzle (ニューヨークの巴里夫(パリジャン)) from Cinema Review シネマ・レビュー (2015年8月9日 14時44分)
    Casse-tête chinois(2013) English title: Chinese Puzzle ★★★☆☆ ( France/USA/Belgium) 日本語タイトル: ニューヨークの巴里夫(パリジャン) official site: http://nyparisian.ayapro.ne.jp/ Starring: Romain Duris(ロマン・デ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニューヨークの巴里夫/いかにもフランス人らしい from MOVIE BOYS (2014年12月9日 22時14分)
    セドリック・クラピッシュ監督のコメディードラマ。2人の子どもの父親で小説家のグザヴィエが妻と別居するも、子どもに会うためにニューヨークで暮らし始めるのだが…。主演は『メッセージそして、 愛が残る』のロマン・デュリス。3人のヒロインを『ココ・アヴァン・シャネル』のオドレイ・トトゥ、『少年と自転車』のセシル・ドゥ・フランス、『シャーロック・ホームズ』のケリー・ライリーらが演じている。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニューヨークの巴里夫 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年12月6日 0時7分)
    Casse Tete Chinois [CD]40歳の小説家がNYで人生に悪戦苦闘するヒューマン・コメディ「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」。ロマン・デュリスっていつまでも若いなぁ。バルセロナ留学中 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月1日の週の公開作品
  3. 『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』