シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ストレイヤーズ・クロニクル

ストレイヤーズ・クロニクル
(C) 本多孝好/集英社 (C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年6月27日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
企画製作:
日本テレビ放送網
制作プロダクション:
ツインズジャパン
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション。極秘実験で視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年が、謎の殺りく者集団との激闘を繰り広げながら自身の秘められた宿命と対峙(たいじ)する。メガホンを取るのは、『へヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。『悪人』などの岡田将生と『寄生獣』などの染谷将太が、導かれるように激突する異能力者たちを快演。その脇を、成海璃子、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志らが固める。スリリングなストーリーに加え、岡田が繰り出す体を張った渾身(こんしん)の見せ場にも熱くなる。

ストーリー:1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴(岡田将生)とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)のもとで、公にできないさまざまなミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学(染谷将太)が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて……。

ストレイヤーズ・クロニクル
(C) 本多孝好/集英社 (C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    廃墟ロケが作家的刻印?それではあまりに悲しい。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原作通りなのだが、対立する超能力者勢力の片方のボスが車椅子って。ちょっと困ってしまうくらいマーヴェルの“アレ”を連想せざるを得ず、しかし各人の能力がセコすぎて見栄えがしないのがまず見世物として落第。テッポウウオだのバッタだのの遺伝子を組みこんだ、みたいな仮面ライダー的要素は省かれているが、むしろそこを思いっきり拡大したほうが絶対楽しめたはず。『ファースト・ジェネレーション』(あ、言っちゃった)的な青春の切なさも醸し出そうとはしているものの空回りだし、そもそもラストの「かけ過ぎだよ」の台詞で普通に笑いが起こるようじゃねえ…。人類壊滅へと導く首謀者の意図も個人的な感傷に過ぎず説得力ゼロ。

  • くれい響
    挑戦しすぎた結果、映画も“破綻”しました
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    プロデューサーは同じ脚本家を起用することで、“戦う『桐島』”を目指したようだが、明らかに“日本版『X−MEN:ファースト・ジェネレーション』”。若手中心のキャストやゲス乙女の楽曲提供、『MOON CHILD』以来のアクション映画となる瀬々敬久監督の登板と、その意欲的な制作陣の姿勢に、薄っぺらい原作を超えてくれるのでは…と期待は膨らんだが、残念ながら悲しい結果に。なにしろ個性的なキャラの能力が生かされておらず、異能力者の彼らだけでなく、映画そのものも破綻していく状況に。かといって、同プロデューサーの『MONSTERZ』ばりに狂ったシーンもない。ただ、岡田将生が意外と動けることだけは分かった。

動画

映画『ストレイヤーズ・クロニクル』予告編
岡田将生、染谷将太、成海璃子らが共演!映画『ストレイヤーズ・クロニクル』特報
岡田将生が染谷将太に愛の告白&壁ドン『ストレイヤーズ・クロニクル』ジャパンプレミア
映画『ストレイヤーズ・クロニクル』キャスト×ゲスの極み乙女。 舞台裏対面映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
原作: 本多孝好
脚本: 喜安浩平
音楽: 安川午朗
撮影: 近藤龍人
アクション監督: 下村勇二
主題歌・挿入歌: ゲスの極み乙女。

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ストレイヤーズ・クロニクル』の映画ニュース

  • アメリカの人気刑事ドラマ「コールドケース」の日本版「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」(WOWOW)で、吉田羊が連続ドラマ初主演を務めることが明らかになった。...督がメガホンを取り、『64−ロクヨン−』『ストレイヤーズ・クロニクル』などの監督として知られる瀬々敬久らが脚...
  • タレント・ベッキーとの不倫が報じられていたゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が13日、ブログを更新。ベッキーと不倫関係にあったことを認め、騒動を謝罪した。 騒動発...谷を中心に結成された4人組バンド。映画『ストレイヤーズ・クロニクル』の主題歌「ロマンスがありあまる」などで...
  • アメリカの人気ドラマ「コールドケース」の日本版がWOWOWで制作されることが決定した。タイトルは「コールドケース ~真実の扉~」として、10月より放送される予定。 「コー...多野貴文監督。脚本は『64−ロクヨン−』『ストレイヤーズ・クロニクル』などの監督として知られる瀬々敬久ら。舞...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ストレイヤーズ・クロニクル from ダイターンクラッシュ!! (2015年8月29日 17時28分)
    2015年7月19日(日) 20:45~ 109シネマズ川崎9 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 辛気臭く、燃えるものなし 『ストレイヤーズ・クロニクル』公式サイト 世界の大半の人間が死亡するウィルスの拡散を阻止するのが、最終的な目標となるのだが、関東地区での局地戦の上、自己犠牲で解決という、燃えるものな全くない。 キャラクターの設定も、興味深いのではあるが、ちっとも行かされていない。 印象に残っているのは、三浦春馬かと思っていた主人公が、岡田将生だったことだ。 い ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2015年7月2日 5時27分)
    監督: 瀬々敬久 キャスト:岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、白石隼也、・… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ストレイヤーズ・クロニクル from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年7月2日 0時25分)
    映画「ストレイヤーズ・クロニクル」 オリジナル・サウンドトラック [CD]悲しい宿命を背負った異能力者たちの戦いを描くSFアクション「ストレイヤーズ・クロニクル」。まるでX-MENの劣 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ストレイヤーズ・クロニクル(2015、日本) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年6月30日 3時13分)
    2つの超能力者のグループが対決するスカッとした映画かと思ったらどちらも自分たちの運命を悲観するやたらじめじめした映画だった。超能力での戦いの場面はカッコいいが、それ以外の場面がたいくつに感じた。期待していたので残念。  女性陣はみんな可愛い。 □ 90年代、ある研究によって特殊能力をもつ子供たちが生まれた。しかし結局その実験は中止され、昴を始めとする子供たちはそれぞれ里親に引き取られ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ストレイヤーズ・クロニクル」 悲しき宿命を背負った異能バトル from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年6月29日 23時13分)
    映画「ストレイヤーズ・クロニクル」を観ました。 なんでも小説原作の映画のようです。 超能力部隊として機関に育てられ、特殊部隊として活躍するチーム・スバル。 特殊機関を抜け出し自分たちの暮らしを求めるチーム・アゲハ。 アクションを見せ、若者の迷いや、将来の… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月22日の週の公開作品
  3. 『ストレイヤーズ・クロニクル』