シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

脳内ポイズンベリー

公式サイト:http://www.nou-poi.com
脳内ポイズンベリー
(C) 水城せとな/集英社 (C) 2015 フジテレビジョン 集英社 東宝
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年5月9日
上映時間:
配給:
東宝
カラー

チェック:テレビドラマ「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げるという異色の設定で描く。ヒロインは真木よう子、彼女の脳内世界で会議を取りまとめる議長役にテレビドラマ「MOZU」で真木と共演した西島秀俊。そのほか古川雄輝、神木隆之介、浅野和之ら、多彩なキャストが集結。

ストーリー:携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で同席して以降興味を惹(ひ)かれる年下の早乙女(古川雄輝)と偶然再会。声を掛けるか否か、彼女の脳内ではいろいろな役割を持つメンバーが会議を繰り広げ、議長の吉田(西島秀俊)が取りまとめた結果、早乙女を食事に誘うという結論に。その後交際に至るも、双方の誤解や彼の元恋人の登場などで疲れ果てたいちこは、編集者の越智(成河)からもアプローチされ……。

脳内ポイズンベリー
(C) 水城せとな/集英社 (C) 2015 フジテレビジョン 集英社 東宝

映画短評

  • 森 直人
    真の主役は「越智さん」ですよ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ってくらい、成河扮する「いい人」キャラの編集者に力が入ってる!(笑)

    お話の主軸は、自己評価がやたら低い女性のこじれた自意識――なわけだが、筆者が感嘆したのは、彼女の不器用な態度が、周囲の人間を無自覚に傷つけてしまうコミュニケーションの実害まで描き切っていること。それは早乙女(古川雄輝)のガキな身勝手さとパラレルで、男の描写もかゆい所まで手が届いてるんだよなあ。

    脳内会議は某ディズニーアニメに偶然先駆ける形になったが、本作は恋愛や人間関係に悩んでいる大人にとってのかなり具体的な処方箋だ。

    『第三の男』のアリダ・ヴァリばりの「振り返らない真木よう子」に拍手! 観るの遅くなってごめんなさい!

  • 轟 夕起夫
    マルコヴィッチの……ではなく、真木よう子の穴
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ヒロインの心の葛藤を擬人化し、コミカルに可視化した脳内エンタテインメント。頭の中で繰り広げられる脳内会議、自意識との対話を戯画的に綴る手法は、初期のウディ・アレン作品を少し感じさせ、ここまで空回りするコミックキャラを演じた真木よう子もとても新鮮だ。
     どのパートも達者な役者を揃えているが、とりわけ誠実さの裏に静かなパッションを隠し持っている年上の編集者を演じた成河が素晴らしい。脳内会議のシーンがややクドいが、主戦場のTVドラマで『WATER BOYS』(1が傑作だった)から『ストロベリーナイト』まで多彩に、しかも映画でも確かなアベレージを残す佐藤祐市監督の手腕はもっと讃えられていいと思う。

  • 相馬 学
    『インサイド・ヘッド』への強烈な先制打!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ビジュアルのイメージ的にゲロ甘のラブストーリーと思ったら、これが意外にアップテンポで面白く、なおかつよくできている。

     脳内と脳外のそれぞれのドタバタが入り交じって構築される、ユーモラスなエンタメ・ワールド。一方で、脳内と脳外の世界がしっかり噛み合い、2つの世界のリンクが巧くリンクしていていろいろ考えながら見た。

     真木よう子のキュートなコメディエンヌぶりや古川雄輝の能面のようなクールさも活きているし、脳内会議の役者たちの芸達者ぶりも目を引くに十分。どちらの世界のキャラクターも顔がアップになる度にドキッとし、気持ちがそちらに向いてしまう。絵的にも巧い。

  • くれい響
    『キサラギ』監督だから見事に再現できた“脳内会議”
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『インサイド・ヘッド』に先駆けて公開される“脳内モノ”だが、原作者がドラマでの松潤のエロ脳内にクギ付けだった「失恋ショコラティエ」と同じこともあり、真木よう子演じるヒロインの胸元…いや、脳内がとんでもないことになる! 事あるごとに開かれる“脳内会議”だが、『キサラギ』の佐藤祐市監督を起用した製作陣の読みは正解で、擬人化された5つの思考がぶつかり合う密室劇としての見ごたえは十分。理性担当の西島秀俊のコミカル演技だけでなく、ポジティブ担当の神木隆之介とは対照的なネガティヴ担当の吉田羊が、ここでも舞台女優としての本領発揮。後半にかけての失速感は否めないが、この二重構造の展開はクセになる。

ポスター/チラシ

  • 映画『脳内ポイズンベリー』ポスター
    ポスター
  • 映画『脳内ポイズンベリー』チラシ
    チラシ
  • 映画『脳内ポイズンベリー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
脚本: 相沢友子
音楽: 井筒昭雄
原作: 水城せとな

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『脳内ポイズンベリー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「脳内ポイズンベリー」  インサイド・ヘッドとの酷似が気になる from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年12月31日 20時7分)
    映画「脳内ポイズンベリー」を観ました。 レビューサイトである程度知っていましたが、うわあ、「インサイド・ヘッド」と驚くくらいに似ています。 「インサイド・ヘッド」もこの原作漫画からアイデアを得て作られたんじゃないかと思えてしまいます。 やはり実写の方が… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『脳内ポイズンベリー』と『インサイド・ヘッド』の違い from 映画のブログ (2015年5月23日 10時24分)
    【ネタバレ注意】  興味深い映画が飛び出したものだ。  というのが、『脳内ポイズンベリー』を観ての率直な感想だ。  主人公櫻井いちこが遭遇する現実世界の出来事と、いちこの葛藤を表現する脳内世界が交互に描かれる本作は、近日公開予定のアメリカ映画『インサイド・ヘッド』と似ていなくもない。  だが、作るなら逆だろうと思う。五つの感情、すなわち人間の内にある「喜び」「悲しみ」「怒り」「... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「脳内ポイズンベリー」 from ここなつ映画レビュー (2015年5月19日 12時24分)
    30歳の誕生日を迎えたイチコ(真木よう子)の頭の中で、現実に照らし合わせて起こる「自分会議」…いわゆる「心の声」ってヤツだ…を描くコメディ。軽快ではちゃめちゃで、楽しめる作品。でも、コメディ一辺倒だと思って観ていたのだが、実は大切なことも教えてくれている。「恋愛」「幸せ」に関してある種の女子が持っていなければならない大切な決意を。 自分を嫌いになるような行為は、してはいけない。 無条件でダメ男に惹かれてしまう私のような者は、かなりのあるあるネタで観てしまったのだが…もちろん笑いながらね。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 脳内ポイズンベリー : 心の痛みが人を成長させる…。 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2015年5月16日 21時30分)
    明日は、いよいよ大阪都構想の住民投票ですね。広島市民の私には直接関係ないことですが、その後の野党再編などに大きく影響しそうなので気になります。それにしても自民党から ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『脳内ポイズンベリー』 映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2015年5月14日 4時52分)
    監督: 佐藤祐市    キャスト:真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、成河、吉田羊、… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月4日の週の公開作品
  3. 『脳内ポイズンベリー』