シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
96時間/レクイエム
(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
英題:
TAKEN 3
製作年:
2014年
製作国:
フランス
日本公開:
2015年1月9日
(TOHOシネマズ日劇ほか)
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

チェック:『シンドラーのリスト』などのリーアム・ニーソンと、ヒットメーカーのリュック・ベッソンの強力タッグによる人気アクションシリーズ最終章。愛する家族のためなら手加減せずに相手をなぎ倒す、すご腕の元CIA捜査官を襲うさらなる試練をド迫力のアクションと共に活写する。これまで同様まな娘をマギー・グレイスが演じ、新たにフォレスト・ウィテカーらが共演。たった一人の娘を守り抜こうとする父親がどのような戦いを繰り広げるのか注目。

ストーリー:かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族の絆を取り戻そうとしていた。そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)が、彼の家で死体となって発見される。運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、殺人事件の容疑者として指名手配され……。

96時間/レクイエム
(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    リーアム父さん、豪快!…というより雑!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前2作で男衆を皆殺しにされたアルバニア犯罪村の未亡人軍団がいよいよ今度の敵か?と期待していたがまったくの的外れ(笑)。豪快なプロットとリーアムの超人的な強さが爽快なこのシリーズだが、三作目に至りTaken≒誘拐もなく、渡欧もなく、アルバニアも関係なく(元スペツナズのロシアン・マフィアは出てくるが、情けない白ブリーフ姿含め不甲斐ない)、かなりスケール感が萎んで展開の雑さだけが目立つことに。「逃亡者」となるリーアム父さんも推理する前に身体が動いてしまってる感じ。いい大人なんだからさぁ、もうちょっと考えて行動しようよ。ベッソン的には『LUCY』に続いて警察があまりにデクノボウ。

  • くれい響
    改メ『リーアム・ニーソン/逃亡者』
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    すでに前作から、96時間とは無縁のシリーズ最終章。さらに、今回は海外で元妻や愛娘を奪還する、おなじみのコンセプトまで消え去っていることから、二日酔いにならない『ハングオーバー!!!最後の反省会』ばりに気の抜けた炭酸感が強い。真犯人の動機などのスケールの小ささや、飲むヨーグルトなどの伏線の弱さが目立つ。それに、わざわざフラッシュバックで語られる最恐の男が、白シャツ&ブリーフ姿というトホホ感もアリ。とはいえ、リーアム・ニーソン最新作と開き直れば、及第点。アクションで観客を飽きさせないサービス精神や、執拗な追跡を続ける警部との駆け引きなど、『逃亡者』と同じでも腹が立たない…はず。

  • 清水 節
    活劇的な魅力は減退したものの「暴走する父性愛」がそそり立つ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     元ジェダイマスターならぬ元秘密工作員が、家族に起こった災難を、明晰な分析能力と果敢な行動力で解決し、カタルシスを与えるシリーズ、まさかの3作目。カーチェイスに力を注いだが、活劇としては精彩を欠き、何よりプロットが読めすぎてしまう。しかし牽引力は、リーアム・ニーソンと娘役マギー・グレイスの関係性の魅力だ。今回は妻に不幸が起きるため、父娘関係がより前面に押し出され、製作・脚本リュック・ベッソンの特質がより顕在化。彼の代表作『レオン』が「凶暴な純愛」なら、このシリーズの最大の眼目は、「暴走する父性愛」と銘打つべきだろう。

  • 山縣みどり
    悪人を容赦しない姿勢にブレなし! 快感!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    リーアム・ニーソンがまたもや元CIAエージェントを演じるが、疲れも衰えも一切なし! 美魔女どころではない奇跡の還暦男なり! 主人公ブライアンは今回、自身にかけられた殺人容疑を晴らすために旧友チームや娘も総動員で戦う。元スペツナズの殺し屋はじめ悪人を容赦なく殺していくブライアンの姿勢にブレはなく、シリーズの真髄ってこれだよなと三たび実感。フォレスト・ウィッテカー演じるFBI捜査官が敏腕そうで実は役立たずとか、ブライアンの元妻の夫がザンダー・バークレーからダグレイ・スコットに変わったことで結末まで見通せるなどの欠点はあるものの、シリーズへの偏愛は止まず。いわゆる私のギルティ・プレジャー映画です。

  • 相馬 学
    良くも悪くも派手さ倍増
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アクションに関していえば、前2作以上の迫力を感じさせることは間違いない。とりわけカー・アクションの点は壮絶。坂道&カーブを減速なしで駆け抜け、しまいには離陸寸前の飛行機に突っ込んでいくのだから主人公の暴走ぶりは豪快という他ない。

     ドラマにも主人公ブライアンの愛娘に子どもができた…という波乱のエピソードがある。あの頑固オヤジが、この現実をどう受け止めるのかという点もスリリングだ。

     とはいえ、一方ではシリーズのヘビーなファンをどこまで満足させられるのかという不安もある。主人公の迷いのない行動の気持ち良さや、彼のスキルの広がりといった前作までの妙味が損なわれているのが、いささか寂しい。

  • なかざわひでゆき
    最強の父親が今度は最強の逃亡者に
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     元妻を殺した容疑で警察に追われる身となったブライアンが、真犯人を探し出し愛娘キムを守るために奔走するシリーズ第3弾。
     基本設定は完全に「逃亡者」。ただし、リチャード・ギンブルと違ってこちらは元CIA工作員なので、逃走も追跡も反撃も生半可じゃあない。しかも、今回はブライアンのゴルフ仲間三人衆が強力にバックアップ。頼れるオッサンたちの活躍も楽しい。
     一方、追う側の担当刑事がやけにソフトなので逃亡劇のスリルは弱いし、前2作に比べるとバイオレンス描写もかなりマイルド。シリーズ中では最もインパクトの薄い作品かもしれないが、肩の力を抜いた娯楽アクションとしてはまずまずといったところだ。

動画

映画『96時間/レクイエム』ブルーレイ&DVD予告編
映画『96時間/レクイエム』予告編
映画『96時間/レクイエム』リーアム・ニーソンから日本のファンに向けた新年のメッセージ
『96時間/レクイエム』特別映像:「なんで俺のばかり奪うんだ?」ミュージッククリップ

写真ギャラリー

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『96時間/レクイエム』ポスター
    ポスター
  • 映画『96時間/レクイエム』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作・脚本: リュック・ベッソン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『96時間/レクイエム』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『96時間/レクイエム』を見た【映画】リーアム・ニーソンによるTAKENシリーズ第3弾 from カフェビショップ (2015年5月18日 20時17分)
    安定したおもしろさのテイクンシリーズ第3弾。 今回もなかなかでしたね。 いつもながらの家族に未練タラタラの マッチョおじさんリーアム・ニーソンが 暴れまわるやつ。 娘って1作目から同じ人が演じてましたっけ? もうね、今作ではおばさんですよ。 え?娘?おば… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 96時間 レクイエム from 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! (2015年2月6日 1時37分)
    [96時間 レクイエム] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2015年1本目です。 【あらすじ】 かつてアルバニアやトルコの犯罪組織を壊滅させた元CIA秘密工作員のブライアン(リーアム・ニーソン) 彼はロサンゼルスに戻り、… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:96時間 レクイエム taken 3 シリーズが終焉を向えるのに相応しい「不出来」(涙) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2015年1月27日 20時17分)
    レクイエム=シリーズ・ファイナルとなる 3作め。 当ブログ、第1作は以下のように激賞。 「Taken 褒め言葉1~5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション」  1.こりゃ先行公開各国で評判・興収ともに、「抜群」なわけだわ! 2.強いて言うと「フレン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 96時間 レクイエム/リーアムとうさん、お疲れ様でした from 映画感想 * FRAGILE (2015年1月13日 11時49分)
    96時間 レクイエムTAKEN3/監督:オリヴィエ・メガトン/2015年/フランス リーアム・ニーソンが画面に映っていればそれだけで満足なのじゃよ… ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン9、F-11で鑑賞。 あらすじ:お父さんが犯罪者にされてしまいます。 1作目で娘をさらわれがんばったお父さん、2作目で自分がさらわれがんばったお父さん(リーアム・ニーソン)、今度は犯罪者扱いされてしまったのでアタフタします。 ※ネタバレしています。ストーリーを全部書いているわけではありませ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『96時間/レクイエム』 (2014) from 相木悟の映画評 (2015年1月12日 11時24分)
    子煩悩オヤジ、三たびの大暴走! 愛すべき還暦ヒーロー、ブライアン・ミルズの活躍を、期待通り堪能できる一作ではあるのだが…。 本作は、演技派俳優リーアム・ニーソンを一躍アクション・スターへと覚醒させた記念碑『96時間』シリーズ第3弾。監督は前作に引き続き... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年1月5日の週の公開作品
  3. 『96時間/レクイエム』