シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
セッション
(C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved.
英題:
WHIPLASH
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年4月17日
(TOHOシネマズ新宿ほか)
上映時間:
日本語字幕:
石田泰子
配給・提供:
ギャガ
提供:
カルチュア・パブリッシャーズ
カラー/5.1chデジタル/シネマスコープ

チェック:サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』などの脚本を手掛けてきた俊英デイミアン・チャゼル。主演は『ダイバージェント』などのマイルズ・テラーと『JUNO/ジュノ』などのJ・K・シモンズ。熱いドラマはもちろん、マイルズが繰り出すパワフルなドラミングにも圧倒される。

ストーリー:名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。

セッション
(C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved.

映画短評

  • 轟 夕起夫
    お前はお前の道を往け! 俺は俺の道を行く!!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    才能と努力をめぐる一考察であり一大活劇だ。TVブロス誌で敢行、「D・チャゼル監督インタビュー」で確認したのだが、本作のクライマックスには劇中で目配せされているフィルム・ノワールの傑作『男の争い』が影響を。誇張と戯画化の作劇スタイル、受け手の経験値が反映するオープンエンディングは、製作総指揮としてチャゼル監督の背中を後押ししたJ・ライトマンの映画にも通ずる。

    強権独裁をふるう鬼教官以上に常軌を逸しているのは実は若きドラマーで、“敵対”する二人は古典的な弁証法的関係を通じて(悪意を)競いあい、次第に融合していき、そうして主人公の怪物性が開花してゆく。これは「モンスター映画」の変種なのである。

  • ミルクマン斉藤
    変則七拍子、魔性の音楽映画。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    スポ根映画のパターンを援用して、音楽における“師弟”の確執を描いた本作。音楽の技量習得にも体育会系的側面が相当あるから(主人公は体育会系の甥一家に敵愾心露わなものの)この選択は映画的に正解だ。しかし自身が師から受けたトラウマをヒントに映画を紡いだという監督は、あえて自分の傷に挑むような解決をみせる。スポ根どころじゃない狂気的様相を経ての“ラスト・マッチ”で、ホーンズのベルにクローズアップしたりする’20~’30年代のジャズ映画的ショットを駆使しつつ、「化け物」が「化け物」を生み出す瞬間はほとんどホラー。と同時に、仇敵がついに「師」となる瞬間をも捉えてみせ、別の意味でも震えさせるのだな。

  • 清水 節
    失われた「狂気」と衰えた「身体性」に関する過激な映像詩
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     モラハラなど知ったことかと言わんばかりの鬼教官の罵倒と暴力は、梶原一騎マンガ世代にとって郷愁をそそる。邦題はミスリードするが、“ムチ打ち”を意味する原題を知れば、作品の核心に近づく。スポ根映画でもジャズ映画でもない。教官は言う。「世の中甘くなった。ジャズも死ぬはずだ」。音楽をモチーフに、すっかり失われた「狂気」とめっきり衰えた「身体性」に関する過激な映像詩だ。何かを志し偉大になれなかった者が後進育成に回り、挫折しがちな若者に闘いを仕掛け、苛立ちをぶつける。そこに愛はあるのか。個人的な憤怒のみか。結論を出さず観る者に思考することを投げかける。巻き起こる論争も含め、映画は脳裏で激しく鳴り続ける。

  • 相馬 学
    ミュージシャンの真の戦場はステージにあり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     しごきやバトルの魅力についてはシネマトゥデイ・アカデミー賞特集内レビューで触れたとおり(プロフィール欄参照)。ここでは他のことについて触れたい。

     ステージに一度上がった奏者は何があっても観客にミスを悟られてはいけない。本作ではそんなコンサートという状況がバトルの舞台装置として絶大な効果を上げている。

     主人公のドラマーにしても鬼教師にしても奏者である以上、観客の前で恥をかけない。そこに敵対する者同士の対抗心が絡み、物語をクライマックスへと発展させる。そんな心理スリラーの側面が白熱する舞台こそステージの上。この ”戦場" の描写がストーリーテリングの妙である点は注目しておきたい。

  • 平沢 薫
    これは音楽についての映画ではない
    ★★★★
    »読む«閉じる

     一見、スポーツ根性ものにも見えるのは、ドラムを叩くことが全身全霊を没入させる激しい運動であることが、その熱気と汗が、画面から伝わってくるからで、それには監督と主演俳優の双方が実際にドラマーでもあることも、関係しているだろう。映像が、ドラミングといっしょに躍動する。
     だが、これはスポーツについての映画でもない。どんな世界でも、複数の人間が、同じ何かの達成を目指すとき、各自に方法論があり、ときにはそれが激しく衝突するので、その過程では衝突のほうに意識が捕われてしまうことがある。だが、目指すものが達成されたとき、そこにはまったく別の光景が出現する。この映画はその瞬間を捉えている。

  • くれい響
    生半可なホラーより、ホラーな理由。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    鬼のような指導者を演じた男優がオスカー助演受賞という流れは、『愛と青春の旅だち』のルイス・ゴセット・ジュニアが演じた教官を思い出すが、本作でJ・K・シモンズが演じる教授の存在は、チャーリー・パーカーに憧れる主人公・ニーマンとって、まさにホラー。彼の恐怖&ドッキリ体験に巻き込まれる観客は、その衝撃に唖然とし、涙目になるだろう。それもそのはず、自身の原体験を描いた本作で注目されたディミアン・チャゼル監督は、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』や『ラスト・エクソシズム』の続編『悪魔の寵愛』の脚本家。サスペンスにオカルトと、ホラーのツボを得た脚本を経た本作は出来るべくして出来た、スポ根ホラーだ。

  • 中山 治美
    惚れ惚れするシモンズ様のドSっぷり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    本年度米アカデミー賞で助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズ。噂の鬼音楽教師ぶりは、おそらく観る者の予想を遥かに上回るインパクトを与えるはず。最後まで貫かれる底意地の悪さはむしろアッパレ。自分が生徒なら間違いなくお漏らしするレベルだ。しかしスクリーンで躍動するシモンズ様に美しさすら感じてしまうから不思議だ。
     60歳とは思えない隆々とした上腕二頭筋と胸板の厚さ。威厳に満ちた顔のシワ。そして人を威圧する壁ドン。己の音楽を追究するがゆえの男の真剣勝負は清々しくもあり、下手なアクション映画よりスリリングだ。
     かくしてジェイソン・ステイサムの牙城を揺るがす、新セクシーハゲ・スターの誕生である。

  • 山縣みどり
    褒めて伸ばすゆとり教育は、間違っていたみたいよ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ジャズへの造詣が浅く、『ラウンド・ミッドナイト』が知識の源なので、ジャズはおしゃれな音楽というイメージ。それが、こんなバトル映画の主題になるとは驚き、胸が熱くなった。ジャズドラマーとしての成功を夢見る青年の成長が基本路線だけど、鬼教師にビンタされたり、楽器を投げつけられたりとイジメ風なしごきが強烈。才能のある青年を一流ミュージシャンに仕上げる使命感からだし、持論が「“Good Job”という言葉は人間をダメにする」と聞くと妙に納得。褒めて伸ばすが基本のアメリカにもこんな人いるとは。しかし主人公と鬼教師の表情と音楽で見せるラストを見ると、何事も一流になるにはスパルタ教育に耐えてこそと思うはず。

動画

『セッション』監督の新作ミュージカル!『ラ・ラ・ランド(原題)/ La La Land』海外版予告編
鬼気迫るドラムプレイは圧巻!映画『セッション』新予告編
映画『セッション』予告編
『セッション』J・K・シモンズ インタビュー【第87回アカデミー賞 インタビュー】
映画『セッション』本編映像&インタビュー
軽快なドラムプレイ!映画『セッション』「ウィップラッシュ」演奏シーン
映画『セッション』ショートフィルム冒頭映像

写真ギャラリー

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『セッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『セッション』チラシ
    チラシ
  • 映画『セッション』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『セッション』全国1000冊限定『セッション』特製<名門シェイファー音楽院ノート>
    全国1000冊限定『セッション』特製<名門シェイファー音楽院ノート>

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『セッション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『セッション』(原題:WHIPLASH) from 映画の棚 (2016年4月8日 23時24分)
    2015年に日本でも話題になった映画『セッション』。非常にシンプルな映画で、シンプルが故に、公開当時に、いろいろと議論があった洋画です。今回は『セッション』をご紹介します。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『セッション』ネタバレあり感想 師弟の歪んだ音楽愛に鳥肌 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年4月6日 23時50分)
    ラスト9分19秒――映画史が塗り替えられる。 using あまらく 『セッション』(原題:WHIPLASH)予告編動画 今回は、圧倒的なドラムの演奏で、観客に衝撃を与える映画『セッション』の ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『セッション』アクション作品に劣らない迫力!これは音楽映画にあらず from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年4月5日 21時51分)
    今回ご紹介する映画:『セッション』(原題:WHIPLASH)オススメ度:★★★★☆(四つ星!)予告編動画 『セッション』のあらすじ名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • セッション from Some Like It Hot (2015年7月4日 17時4分)
    ■「セッション/Whiplash」(2014年・アメリカ) ●2014年アカデミー賞 助演男優賞・音響賞・編集賞 ●2014年ゴールデングローブ賞 助演男優賞 ●2014年全米批評家協会賞 助演男優賞 監督=デイミアン・チャゼル 主演=マイルズ・テラー J・K・シモ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『セッション』★“行き過ぎ指導“や”イジ悪“を凌駕する音楽のスゴさ♪ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年6月26日 23時29分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166841/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ジャズ音楽院の鬼教授と生徒の物語―― 賛否両論、喧々諤々の評判で、どんなものか楽しみにしていました☆ 原題 『WHIPLASH』( =ムチ打つ)のように 指導には、飴とムチの加減は、多少ありますよね。 しかし 鬼教師のスパルタで、生徒が大成したよーーというほど単純でなかったのが 面白かっ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年4月13日の週の公開作品
  3. 『セッション』