シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

マジック・イン・ムーンライト

マジック・イン・ムーンライト
Photo: Jack English (C) 2014 Gravier Productions, Inc.
英題:
MAGIC IN THE MOONLIGHT
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2015年4月11日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
日本語字幕:
石田泰子
提供・配給:
ロングライド
提供:
KADOKAWA
カラー/シネマスコープ/5.1ch

チェック:1920年代の南フランスを舞台に、不思議な能力を持つ女性占い師と、そのトリックを暴こうとするマジシャンの恋の駆け引きを描いたロマンチックコメディー。『ミッドナイト・イン・パリ』など数々の名作を手掛けてきた名匠ウディ・アレンがメガホンを取り、対照的な男女の恋模様を、ウイットに富んだ軽妙な語り口でつづる。 主演は、オスカー俳優コリン・ファースと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーン。

ストーリー:魔法や超能力など信じない皮肉屋のイギリス人マジシャン、スタンリー(コリン・ファース)は、ある大富豪をとりこにしているアメリカ人占い師の正体を暴いてほしいと頼まれる。南フランスの富豪宅を訪ねるも占い師ソフィ(エマ・ストーン)が発揮する驚異的な透視能力にただただ驚かされ、それまでの人生観を覆される羽目に。その上、かれんな容姿で明るく活発な彼女に魅了されてしまい……。

マジック・イン・ムーンライト
Photo: Jack English (C) 2014 Gravier Productions, Inc.

映画短評

  • 平沢 薫
    アール・デコでコール・ポーターでどこまでもロマンチック
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     月光のマジック、とはつまり、暗いところに光が差して魔法が起きる、と、つまり映画のこと。ヒロインが「本当よりも、ウソのほうが素敵でしょ?」と言うのも、映画は素敵なウソだから。そもそも主人公は奇術師、ヒロインは霊媒師で、どちらも上手なウソが生業。そんな本作だから、ちゃんと素敵なウソでウットリさせてくれる。

     どこまでも古典的でロマンチック。コール・ポーターの名曲、アール・デコな女性の衣服はみな、柔らかな薄い素材を重ねた明るい色。南フランスの富豪の屋敷、庭園、ダンスパーティ。素直ではない男女の恋の駆け引き。すべてが定番なのに、どうやらウットリするには定番だけで充分なようなのだ。

  • 相馬 学
    設定も展開も配役も絶妙なラブコメの鏡
    ★★★★
    »読む«閉じる

     誤解と勘違い、スノッブ批判をコミカルに料理し、気持ち良いエンディングへと誘う。アレンお得意の題材だが、こうも気持ちのよいロマンチックコディは久しぶり。『ミッドナイト・イン・パリ』のレトロ感と『タロットカード殺人事件』の軽さの融合といえば通りが早いか。

     現実主義のマジシャンという、ある意味、矛盾する主人公のキャラに風刺を持たせつつ、その思想が恋によって二転三転。その軽やかな描写に職人芸がにじみ出て、アレン信者ならずともニヤリとさせる心憎さだ

     コリン・ファースとエマ・ストーンの組み合わせの化学反応も活きて、最後の最後まで楽しめた。ラブコメはこうあるべしというお手本のような逸品。

動画

映画『マジック・イン・ムーンライト』予告編

写真ギャラリー

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『マジック・イン・ムーンライト』ポスター
    ポスター
  • 映画『マジック・イン・ムーンライト』チラシ
    チラシ
  • 映画『マジック・イン・ムーンライト』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『マジック・イン・ムーンライト』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
プロダクションデザイン: アン・シーベル

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マジック・イン・ムーンライト』の映画ニュース

  • 新作映画『教授のおかしな妄想殺人』で巨匠ウディ・アレンと2度目のタッグを組んだエマ・ストーンが、同監督の魅力を語るインタビュー映像が公開された。 不思議な能力を持...とするマジシャンの恋の駆け引きを描いた『マジック・イン・ムーンライト』に引き続き、新作『教授のおかしな妄想殺...
  • ウディ・アレン監督の最新作『教授のおかしな妄想殺人』から予告編が公開され、アレン監督と初タッグとなった俳優ホアキン・フェニックス演じる、一癖も二癖もある哲学教授...が哲学科教授エイブ役、アレン監督の前作『マジック・イン・ムーンライト』での活躍が記憶に新しいエマ・ストーンが...
  • 『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』など多くの名作を生み出してきたウディ・アレン監督による待望の最新作『イラショナル・マン(原題) / IRRATIONAL MAN』...クス。ヒロイン役には、アレン監督の前作『マジック・イン・ムーンライト』での活躍が記憶に新しいエマ・ストーンが...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マジック・イン・ムーンライト (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年11月11日 3時33分)
    40年以上もの間毎年1本の割で映画を作り続けていているウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。DVDで観た。  ウディ・アレンが好きな人なら安心して心地よく観ていられる映画。  科学しか信じない頑固な合理主義者のマジシャンが、若くて美人の霊能者に翻弄され、恋のマジックにもてあそばれる。  知的な会話のおもしろさも魅力。スタンリーとヴァネッサおばさんがかわるがわるソフィの悪口を言い合... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マジック・イン・ムーンライト」:アレンごのみに彩られた小品 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年4月30日 23時35分)
    映画『マジック・イン・ムーンライト』は、ウディ・アレンがバズ・ラーマン版『華麗な ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マジック・イン・ムーンライト」 from 元・副会長のCinema Days (2015年4月29日 6時34分)
    (原題:Magic in the Moonlight)良く出来たスクリューボール・コメディで、鑑賞後の気分も上々だ。深いテーマや凝ったストーリーなんかを期待すると肩すかしを食らうが(笑)、構えず気楽に接すればそれなりの満足感を与えてくれる。また、こういう気が利いたシャシ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マジック・イン・ムーンライト」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2015年4月26日 2時20分)
    本日はガラにもなく恋愛ものですが、同時に「マジシャン VS ペテン師」の構図に惹かれてこの映画をチョイスしました。とりあえず最近の私の映画鑑賞の傾向からは大きく異なるため、バイオレンスやエロティックなシーンは一切ありません(笑)。  イギリス人の売れ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • マジック・イン・ムーンライト from ダイターンクラッシュ!! (2015年4月20日 0時7分)
    2015年4月11日(土) 17:15~ 丸の内ピカデリー2 料金:1200円(購入特典クーポン) パンフレット:未確認 コリン・ファースに惚れるのは納得がいかんが。 『マジック・イン・ムーンライト』公式サイト アレン翁の新作は、占い師の娘と魔術師のおっさんのロマンティック・コメディ。 エマ・ストーン演じる占い師の娘におっさんが惚れてしまうのは、可愛いのでいたしかたないが、嫌味で根性の悪い初老のオヤジに惚れるのには納得がいかない。 エマちゃんに求愛すうる阿呆丸出しの金持ちのボンボンよりましだけど。彼 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年4月6日の週の公開作品
  3. 『マジック・イン・ムーンライト』