シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
コングレス未来学会議
(C) 2013 Bridgit Folman Film Gang, Pandora Film, Entre Chien et Loup, Paul Thiltges Distributions, Opus Film, ARP
英題:
THE CONGRESS
製作年:
2013年
製作国:
イスラエル/ドイツ/ポーランド/ルクセンブルク/フランス/ベルギー
日本公開:
2015年6月20日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
日本語字幕:
和泉珠里
配給:
東風 / gnome
カラー

チェック:『戦場でワルツを』などのイスラエルの鬼才アリ・フォルマン監督がメガホンを取り、スタニスワフ・レムのSF小説「泰平ヨンの未来学会議」を基に描いた異色作。実写とアニメーションを見事に織り交ぜ、欲望にまみれた人類がたどる驚異の未来を活写する。本人役で主演を務めるのは、『美しい絵の崩壊』などの演技派女優ロビン・ライト。圧巻の映像によって映し出される、ヒロインが大金と引き換えに手にする思いがけない先行きに言葉を失う。

ストーリー:2014年、俳優の絶頂期の容姿をスキャンし、そのデジタルデータを映画会社が好きなように使って映像を作り出すというビジネスが誕生。40歳を超え、女優としてのピークは過ぎ去ってしまったロビン・ライト(ロビン・ライト)は、子供たちのためにある決断をする。彼女は大金を得る代わりに、最後の仕事として新ビジネスの申し出を受けるが……。

コングレス未来学会議
(C) 2013 Bridgit Folman Film Gang, Pandora Film, Entre Chien et Loup, Paul Thiltges Distributions, Opus Film, ARP

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    実写とアニメの境もぶっ壊す、ちょっとないSF映画!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前半はいわばモキュメンタリ、R.ライト本人が不死不老のCGキャラとして自分のデータを売り渡す、自虐的だが現実的なデジタル映画時代の皮相な考察だ(でもデータ提供時のシーンにおけるH.カイテルのモノローグがまた感動的)。ところがその直後に現れる20年後の世界はモノみな極彩色でうねうね動きまくる幻覚アニメ、監督も認めるようにフライシャー兄弟ふうのアニミズムの世界。現実と虚構、リアルとヴィジョン。それが延々と混濁する。原作者レムとキューブリックへのオマージュも織り込みつつ、薬物による感覚の拡大と、感覚にまつわる病に侵された息子への母の想いが交錯するその果てに、大いなる愛がぐぐっと立ち上がるのだ。

  • 森 直人
    理屈より、映像表現の異様な執念にヤラれた“奇作”
    ★★★★
    »読む«閉じる

    未来学会議という言葉自体がレトロな響きだが、S・レムの原作は1971年発表。まさに当時のセンスを再現したサイケデリック・アニメーションと、いかにも現代的な風刺を合体させた“奇作”に仕上がっている。

    原作にないハリウッド業界話が柱だが、「CGが生身の俳優を乗っ取る」モチーフはA・ニコルの『シモーヌ』(02年)と同じ危機感の反映。そしてセレブのアバターで人々が生きる幻覚界は完全にインターネットの世界像。

    思考の枠組みはややユルいが、アリ・フォルマンは『戦場でワルツを』と同様、独裁下の自由という主題に憑かれているのかも。やたら手の込んだフライシャー調作画など簡単に冷やかせない強度を獲得している。

  • 平沢 薫
    現実と非現実の境界線が緩やかにほどけていく
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ものの輪郭線が、ゆるやかになめらかに変形していき、別のものになっていく。その動きは心地よいが、同時に気味悪くもある。例えば、人間が植物のようなものにゆっくり変貌していくとき。輪郭線がほどけていくさまが、不思議な酩酊感を味あわせてくれる。
     この手法で描かれるのは、映画をモチーフにした、人間の幻想についての物語。人間の俳優が、スキャンされてCG俳優に進化するところまではすでに現実に近いが、その次の進化形が"化学物質"。その化学物質を服用すると、"自分はそのCGキャラになっている"という幻想の中で暮らすことが出来る。この薬物を服用した人々のパーティシーンは、悪夢のような楽しさに悪酔い出来る。

動画

『戦場でワルツを』などのアリ・フォルマン監督作!映画『コングレス未来学会議』予告編

写真ギャラリー

Drafthouse Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『コングレス未来学会議』ポスター
    ポスター
  • 映画『コングレス未来学会議』チラシ
    チラシ
  • 映画『コングレス未来学会議』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『コングレス未来学会議』映画「コングレス未来学会議」特製ステッカーシート
    映画「コングレス未来学会議」特製ステッカーシート

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
字幕監修: 柳下毅一郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『コングレス未来学会議』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • コングレス未来学会議 (2013) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年7月19日 3時4分)
    幻覚剤で自分がいるのが現実なのか幻覚なのか幻覚の中の幻覚なのか。ポーランドの作家スタニスワフ・レムのSFブラックコメディ小説の映画化。実写の部分とアニメの部分がある。DVDで観た。  ロビン・ライトが架空の女優ロビン・ライトを演じている。  実際の映画界でも女優が中年になると仕事が減ることが話題になることがある。この映画のロビンは、今後はロビンをデータ化したキャラクターを使うので、人間の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • コングレス未来学会議 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年7月6日 23時26分)
    ひょっとして脳内会議? 公式サイト。イスラエル=ドイツ=ポーランド=ルクセンブルク=フランス=ベルギー。英題:The Congress。スタニスワフ・レム原作、アリ・フォルマン監督。ロビ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「コングレス未来学会議・・・・・評価額1700円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年7月4日 22時50分)
    幻想の未来を求めて。 「戦場でワルツを」の異才アリ・フォルマン監督による、異色の近未来SF。 スタニスワフ・レムの原作「泰平ヨンの未来学会議」は未読だが、監督によると大幅に脚色されているそうな。 果たしてこれはディストピアなのか、それともユートピアなのか? 実はこの映画、昨年の東京アニメアワードフェスティバルで鑑賞済みだったけれど、どうにも消化しきれず、レビューをアップしていなか... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ from 大江戸時夫の東京温度 (2015年6月27日 23時7分)
    映画『コングレス未来学会議』は、かなり異色のSFでした。原作はあの『ソラリスの陽 ...[外部サイトの続きを読む]
  • コングレス未来学会議/わたしとわたしの理想の国 from 映画感想 * FRAGILE (2015年6月25日 11時51分)
    コングレス未来学会議The Congress/כנס העתידנים/監督:アリ・フォルマン/2013年/イスラエル・ドイツ・ポーランド・ルクセンブルク・フランス・ベルギー 現実はいつだって、どこまでだって、残酷だった 新宿シネマカリテ スクリーン1 D-08で鑑賞。原作は未読です ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月15日の週の公開作品
  3. 『コングレス未来学会議』