シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
チャッピー
(C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
英題:
CHAPPIE
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年5月23日
(丸の内ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

チェック:『第9地区』『エリジウム』の鬼才ニール・ブロムカンプが手掛けたSFアクション。人工知能を搭載したロボットのチャッピーが自身を誘拐したストリートギャングたちと奇妙な絆を育みながら、壮絶な戦いに巻き込まれていく。『第9地区』にも出演したシャールト・コプリー、『X-MEN』シリーズなどのヒュー・ジャックマン、『愛は霧のかなたに』などのシガーニー・ウィーヴァーなど、実力派や個性派が出演。純粋無垢(むく)なチャッピーの愛らしい姿やリアルな造形に加え、すさまじいアクションの数々も見もの。

ストーリー:2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐されてしまう。起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく……。

チャッピー
(C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP

映画短評

  • 相馬 学
    あなたに人工知能と共存する覚悟がありますか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ヨハネスブルグが舞台で『第9地区』とも被るが、疑似家族というテーマでコーティングしたぶん、あたりは柔らかい。

     同作でエイリアンが人間と共存する社会を見せたブロムガンプ監督が今回描くのは、人工知能と人間の共存。SFではなく起こりうること(時代背景は2016年!)として、それをリアルに描いているのは同様で、“人間ではない別の魂を受け入れることができるか?”という疑問が投げかけられており興味深い。

     ネタバレ回避のために詳細は省くが、ブロムガンプの過去2作にあった人間がガジェット的異物と一体化する展開も魅力。こういう感覚は、特撮・合体モノで育った日本の観客にこそ理解できるのではないだろうか。

  • くれい響
    お騒がせラップ・ユニットが怪演!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ピノキオをイメージさせる人工知能ロボが主人公のため、日本ではカット騒動など、『ベイマックス』風ハートウォーミングな売り方もされてるが、完全に「『ロボコップ』IN『第9地区』」。さらに、チャッピーの親代わりとなるバカップルが、ガガ様のライブの前座を断ったラップ・ユニット、ディー・アントワードというのがポイントだ。とはいえ、デジャヴのような展開が続き、「さぁ、これから!」というところでエンドロールという印象は否めない。『エリジウム』の失態は繰り返していないが、あくまでも『第9地区』番外編止まり。そんな監督の力量を考えると、新作は『エイリアン』より「チャッピーVSエビ・エイリアン」の方がいいのでは。

  • なかざわひでゆき
    ロボットを通じて複雑な人間性の本質を探る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     「フランケンシュタイン」や「シザーハンズ」に代表される人造人間もののバリエーションと見ていいだろう。人工知能によって自らの意思や感情を持つロボット、チャッピーは、異形の者ゆえに社会から迫害される。
     生まれたばかりのチャッピーは、言うなればまだ無垢な子供。そんな彼が、生みの親で理想主義者の心優しい科学者と、育ての親で生きるために悪事を働く無法者カップルの狭間で揺れ動く。要は、ロボットを通じて単純な善悪では語れない人間性の本質を探るわけだ。
     VFXやアクションの見せ場は豊富で飽きさせないし、クライマックスは少なからず意表をつくものの、そこへ至るまでが使い古された展開の連続なのは惜しまれる。

  • 清水 節
    AI搭載ロボットが人間性とは何かと問い直す21世紀版ピノキオ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     人間vs.ロボットではない。科学の可能性をめぐり3つの思惑がぶつかり合う。ロボットには忠誠を求める者、AI搭載自律型ロボットを開発する者、操作可能な巨大ロボを理想とするAI反対論者。そして心さえ持ったロボットの出現をめぐり、欲望が露わになる。これは意識を与えられたことで殺伐とした社会を放浪することになる、何にでも染まりやすい健気なチャッピー君の心の旅。日本人にとって親和性の高いモチーフだ。ジャパン・リスペクトに満ちたデザインと過激なアクションで魅せながら、ニール・ブロムカンプ監督は深遠な物語を掘り下げる。人間的なロボットが社会に投入されることで、人間性とは何かというテーマが立ち上がる。

  • 平沢 薫
    この世界は「第9地区」と地続き
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ニール・ブロムカンプ監督が描くと、人工知能も性善説。人工知能チャッピーは、白紙状態で周囲の総てから学習するのだが、さまざまな学習の結果、犬が近づいてくると、頭を撫でる。SF映画の人工知能といえば暴走するのがお約束で、この夏は別世界で人工知能ウルトロンが暴走するが、本作では、暴走するのは科学者達のほう。チャッピーの可愛らしさが、周囲の人間のキャラが濃すぎて際立たないのがちょっと残念だが、いつものこの監督の映画のように、最後にはストーリーの予想外の展開に驚かされて、そのうえ胸を熱くさせられてしまう。気になるのは、この監督の次回作「エイリアン」新作。これがどんな方向に向かうのか、さて。

動画

映画『チャッピー』予告編
映画『チャッピー』特別動画
映画『チャッピー』第2弾特別映像
映画『チャッピー』特別映像!
キャスト・スタッフ陣が熱く語る!映画『チャッピー』メイキング&キャスト・スタッフ証言映像

写真ギャラリー

Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『チャッピー』ポスター
    ポスター
  • 映画『チャッピー』チラシ
    チラシ
  • 映画『チャッピー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『チャッピー』チャッピーが描いた“チャッピー”イヤホンジャック ストラップ(数量限定)
    チャッピーが描いた“チャッピー”イヤホンジャック ストラップ(数量限定)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チャッピー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • チャッピー from 映画三昧、活字中毒 (2015年6月27日 0時29分)
    ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞チャッピー/CHAPPIE 2015年/アメリカ、メキシコ、南アフリカ/120分 監督: ニール・ブロムカンプ 出演: シャールト・コプリー/デヴ・パテル/ヒュー・ジャックマン/ニンジャ/ヨ=ランディ・ヴィッサー 公式サイト 公開: 2015年05月23日 2016年、南アフリカ、ヨハネスブルグでは、世界初のロボット警官隊を導入し、犯罪組... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「チャッピー」:手塚治虫的かも from 大江戸時夫の東京温度 (2015年6月15日 23時28分)
    映画『チャッピー』は、そこそこ現代的な意匠の中に古典的なSF精神をギュッと埋め込 ...[外部サイトの続きを読む]
  • チャッピー from ダイターンクラッシュ!! (2015年6月14日 22時5分)
    2015年5月23日(土) 19:20~ 丸の内ピカデリー1 料金:1200円(購入特典クーポン) パンフレット:未確認 「第9地区」テイスト戻る。 『チャッピー』公式サイト ピッチャーのことをチャッピーと呼び、いい年して一時期チャッピーと言うあだ名を欲しいままにした男がいたが、当時チャッピーで思いつくのは、 魔女っ娘史上でも、最も幼い魔法使いチャッピー。 名前の以来が魔女っ娘とは聞いたこともないが、「エリジウム」が変哲のない近未来SFでガッカリさせた監督だが、本作は「第9地区」テイストが戻っ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「チャッピー」  無邪気な小学生思考の警備ロボットも人間からは脅威でしかない from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年6月12日 8時41分)
    映画「チャッピー」を観ました。 愛らしい名前がついていますが、警備ロボットにAIを試験的に乗せた機体の愛称です。 エンジニアの主人公が、警備ロボットに試験的にAIを載せ、教育によって善悪を判断できるように試みる話です。それが、ストリートギャングにさらわ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『チャッピー』没エンディングの話を聞いたら面白すぎて書かずにおられない from 映画感想 * FRAGILE (2015年6月7日 19時36分)
    チャッピーChappie/監督:ニール・ブロムカンプ/2015年/アメリカ、メキシコ、南アフリカ 以降、ネタバレしかありません。とはいえ本文3行くらいです。 どこかのサイトなどで既出かもしれないが、わたしには〜関係ないからね〜。 没エンディングは海外版iTunesで見られます。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月18日の週の公開作品
  3. 『チャッピー』