シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ラスト・ナイツ
(C) 2015 Luka Productions.
英題:
LAST KNIGHTS
製作年:
2015年
日本公開:
2015年11月14日
(TOHOシネマズ スカラ座ほか)
上映時間:
提供:
DMM.com
配給:
KIRIYA PICTURES / ギャガ
カラー

チェック:『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追い掛ける。『クローサー』などのクライヴ・オーウェン、『ミリオンダラー・ベイビー』などのモーガン・フリーマン、『硫黄島からの手紙』などの伊原剛志ら、国際色豊かなキャストが集結。壮大なスケールの物語や重厚感とスピードあふれるソードバトル、そしてロケを敢行したチェコの荘厳な風景を生かした映像美と見どころ満載。

ストーリー:狡猾(こうかつ)な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。ある日、強欲な大臣から賄賂を要求されるも、それを断った上に彼に刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)が反逆罪に問われるという事件が起きる。その後死刑判決が下され、自身のまな弟子であった騎士ライデン(クライヴ・オーウェン)の手で斬首されてしまう。1年後、ライデンは酒に溺れる毎日を送り、ほかの騎士たちも刀を捨てていた。だが、その裏で彼らは主君バルトークの敵を討ち、堕落した権力者たちへ報復する計画を進めていた。

ラスト・ナイツ
(C) 2015 Luka Productions.

映画短評

  • 平沢 薫
    冷たく青い中世騎士物語風の無国籍世界
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「GOEMON」「CASSHERN」の紀里谷和明監督が国外で「忠臣蔵」を映画化、前2作とは真逆のテイストで、色調を押さえた写実的世界を構築した。雪の降り積もる北方、中世騎士物語風の無国籍世界が、くすんだ青色を基調に描き出される。美術も衣装も中世ヨーロッパ的でいて、細部に目立ちすぎない形で東洋的デザインが盛り込まれたもの。美術は「英雄コナン」のロバート・E・ハワード原作の「ソロモン・ケーン」や、テリー・プラチェットの「ディスクワールド」シリーズが原作の「アメイジング・ワールド」を手掛けたリッキー・アイアーズ。今回は全編を通して同系の色調と明度なので、次はまた別の世界を見せてほしい。

  • 山縣みどり
    監督への偏見を捨てて、自分の目で判断してね。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    しくじり先生こと紀里谷監督のハリウッド進出作は、忠臣蔵と中世チャンバラゲームをミックスさせたもの。『ゲーム・オブ・スローンズ』人気に乗っかってドラゴンやゾンビ風クリーチャーを出してもよかったのに、忠義=騎士道で押し切った構成に大和魂がにじむ。実力派の役者をちゃんと使いこなしているし、セットや衣装も凝ってるし、黒とグレーを基調にしたビジュアルもクールでいかす。説明調なセリフも多いが、元ネタがわからない非日本人向きなら仕方ない。否定派も多いけど、ハリウッドでここまで撮れるのだから立派でしょう。『47 RONIN』と比べてしまうので評価が甘くなっているかもしれないけど、珍作としてはかなり楽しいよ。

  • なかざわひでゆき
    ビジュアリスト紀里谷監督の面目躍如たる世界観
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     紀里谷和明監督のハリウッド進出第一弾となる本作は、人種も文化も混在する架空の中世封建国家を舞台にした『忠臣蔵』リメイクだ。
     『ゲーム・オブ・スローンズ』と比しても遜色ない世界観はなかなか堂々たる風格。細部にまでこだわった美術セットや衣装を含め、ビジュアリスト紀里谷監督の面目躍如たる仕上がりと言えよう。
     ただ、内容は『忠臣蔵』の焼き直し以上でも以下でもなく。権力の理不尽に対する反逆という原典の持つ普遍性を抽出し、武士道精神という日本独特の文化を万国共通の言語に置き換えた結果、よくある剣戟ドラマになってしまった感は否めない。監督の野心と熱意は伝わる作品だけに、脚本の凡庸さが惜しまれる。

動画

クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志ら出演!映画『ラスト・ナイツ』最終予告編
紀里谷和明監督ハリウッドデビュー作!映画『ラスト・ナイツ』予告編
映画『ラスト・ナイツ』特報

写真ギャラリー

Lionsgate / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ラスト・ナイツ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラスト・ナイツ』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラスト・ナイツ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ラスト・ナイツ』の感想 忠臣蔵を上手く洋風にアレンジした良作 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年8月8日 21時0分)
    騎士とはなにか。今回ご紹介する映画:『ラスト・ナイツ』(LAST KNIGHTS)オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)予告編動画 『ラスト・ナイツ』のあらすじ狡猾(こうかつ)な政治家が台 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラスト・ナイツ from Akira's VOICE (2015年11月22日 12時14分)
    静かに荘厳に生きて戦い抜く! ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラスト・ナイツ」:渋ーい騎士道版「忠臣蔵」 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年11月17日 12時14分)
    映画『ラスト・ナイツ』は、紀里谷和明監督のハリウッド・デビュー作。なんと『忠臣蔵 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラスト・ナイツ (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年11月17日 3時8分)
    日本の忠臣蔵を、中世ヨーロッパを思わせるが人種・宗教にこだわらない架空の帝国(ロケはチェコ)に置き換えたクライヴ・オーウェン主演の騎士道物語。  忠臣蔵の吉良邸と違い、仇はかなり厳重な仕掛けを幾重にも備えた強固な城に隠れている。志士(騎士)たちの運命は忠臣蔵から変えてあり、特に結末は違う。  色調を抑えた映像で、雪のシーンが多くて美しい映像。  主な製作会社は韓国とチェコ。モーガン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラスト・ナイツ/日本もハリウッドもあるか! from MOVIE BOYS (2015年11月16日 16時8分)
    『CASSHERN』、『GOEMON』と話題作を世に送り出してきた紀里谷和明監督のハリウッドデビュー作品。忠臣蔵をベースにしており、理不尽に主君を殺されその誇りを踏みにじられた騎士たちが復讐を果たす物語だ。主演は『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』のクライヴ・オーウェン。共演に『インビクタス/負けざる者たち』などの名優モーガン・フリーマン、『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』のクリフ・カーテ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年11月9日の週の公開作品
  3. 『ラスト・ナイツ』