シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
南京!南京!
製作年:
2009年
製作国:
中国
日本公開:
2015年3月14日
上映時間:
主催:
「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
白黒

チェック:『ミッシング・ガン』『ココシリ』などのルー・チューアンが監督と脚本を務め、4年という歳月を費やして南京事件をテーマに描いた歴史ドラマ。日中戦争時に南京で起きた凄惨(せいさん)な戦いの模様を、一人の中国人兵士の視点で映す。『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』『黒四角』などの中泉英雄や、『項羽と劉邦 鴻門の会』などのリウ・イエらが共演。

ストーリー:日中戦争が繰り広げられていた1937年12月、日本軍が南京攻略戦を開始したことにより、多数の国民党兵士たちが逃亡。だが、陸剣熊らをはじめとする国民党精鋭部隊の一部は、あくまでも日本軍への徹底抗戦の構えで南京にとどまりゲリラ戦を展開していた。市街地では救いのない戦闘が続き、目を覆いたくなるようなむごたらしい光景が広がり……。

南京!南京!

映画短評

  • 中山 治美
    戦争の悲惨さを徹底的に描き出した力作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     映画『ココシリ』(04)で中国・チベット高原の厳しい生活を、圧倒的な映像で表現した中国の陸川監督。黒澤明ばりの妥協なき撮影は本作でも健在。戦闘シーンの壮絶さ、人間の残獄さ、集団の狂気などを映像で徹底的に見せていく。悲劇を繰り返してはならないとする陸川監督の強いメッセージを感じることだろう。
     南京事件を巡っては、犠牲者数など日中間での認識の違いなどが論点となり、加害者・被害者含め当事者たちの心情は忘れられがれがちだ。日中の体験者を調査して製作された本作には、公的文書には決して記載されることのない憎悪や無念さといった心を掬い取るのが映画の役割なのだということを、改めて気づかせてくれるだろう。


スタッフ

監督・脚本:
制作: 韓三平 / 覃宏
撮影指導: 曹郁

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月9日の週の公開作品
  3. 『南京!南京!』