シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

公式サイト:http://www.onthehighway.net/
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
(C) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
英題:
LOCKE
製作年:
2013年
製作国:
イギリス/アメリカ
日本公開:
2015年6月27日
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
日本語字幕:
安本熙生
提供:
ニューセレクト
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/ステレオ/シネマスコープ

チェック:ロサンゼルス映画批評家協会賞やイギリスのインディペンデント映画賞などで称賛された異色のサスペンス。思わぬ状況に追いやられる中、高速道路を車で走る男の胸中に漂う不安や焦燥を見つめる。監督と製作総指揮に『ハミングバード』などのスティーヴン・ナイトと『つぐない』などのジョー・ライト、主演は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ。先の読めない展開に加え、車内を舞台にしたトムの一人芝居だけで物語が進む特異なスタイルが斬新。

ストーリー:超高層ビルの工事を手掛け、翌日に重要な作業に控えている大手建設会社のエリート社員アイヴァン(トム・ハーディ)。妻と息子たちの待つ家に帰ろうと愛車のBMWに乗り込むと、1本の電話がかかってくる。それを機に、彼は自宅ではなくロンドン方面の高速道路に車を走らせていく。電話で部下に翌日の作業を一方的に押し付け、妻に自宅に戻れなくなった原因を告げるアイヴァン。一刻でも早くロンドンに向かおうとする中、困惑する部下、解雇を宣告する上司、憤怒する妻からの電話を受け取る。

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
(C) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    いわゆる「サスペンス」じゃまったくないからね!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    サスペンスフルな邦題に惹かれると拍子抜けになるからとりあえず要注意。原題はT.ハーディ演じる主人公の役名そのまま、高速道をひたすら急ぐ彼のひとり芝居(携帯電話の相手はいるが)というシンプルさ。まあ、その役柄が、政府施設の建設を監督する土木業者なもので、徐々に物語の全体像が明らかになってくる以前に、何かテロでも絡んでるのかと要らぬ想像をしてしまうわけだ。重ねて言うが、邦題は忘れよう。これはただの「ちょっといい話(?)」である。だがこの予想外の展開は監督S.ナイトが書いた『堕天使のパスポート』『ハミングバード』にもいえること。むしろこのシンプルさで86分保たせる夜の映像美と演出力をこそ認めよう。

  • なかざわひでゆき
    ただの実験に終わらない究極のワンシチュエーション映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     画面に映るのは車を運転するトム・ハーディのみ。物語は完全リアルタイムで進行し、状況や設定は全て電話の会話を通して詳らかにされる。まさに究極のワンシチュエーション映画だ。
     明朝に控えた重要な仕事の準備も、家族との約束も投げ出し、夜の高速道路をロンドンへ向けて疾走する主人公。電話の向こうの妻や息子、上司や同僚とのやり取り、やがて明かされるロンドン行きの理由から、平凡で真面目な男の複雑な心情や人生が浮かび上がっていく。
     ポール・ウォーカー主演の『逃走車』でも似た試みはされたが、本作ほど厳密に徹底はされていない。実験性の高い野心作であると同時に、商業映画としても成立している点は賞賛に値する。

  • 山縣みどり
    トム・ハーディーの緊張感あふれる熱演に参った!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    トム・ハーディー演じる主人公ロックが車でハイウェイを疾走しながら、人生と対峙する姿を映す。密室劇や一人芝居、物語の進行とランニングタイムのシンクロは珍しくもないけれど、ロックとさまざまな人々との会話&自問自答で物語を成立させ、なおかつ彼の人となりを描き出す脚本がまず革新的だ。そしてハーディーの緊張感あふれる演技が見事だ。パニック寸前の状況に冷静沈着に対応せざるをえないストレスや変化する精神状態を声や話し方で表現するのだが、聞き惚れるとはこのこと? そして画面には登場しない妻や部下を演じるのも注目のルース・ウィルソンやアンドリュー・スコットなわけで、実は隠れゴージャスな作品だ。

  • 平沢 薫
    極端にシンプルな86分で、ある男の生きざまを描き出す
    ★★★★
    »読む«閉じる

     構成は極端にシンプルだ。男が夜のハイウェイで自動車を運転しながら、数人と電話で話す。場面はそれだけ。なのに、ドラマはスリリングで奥行きがある。主人公がどんな人生を送ってきて、どんな信念を持っているのかが分かる。監督は、「イースタン・プロミス」などの脚本家スティーヴン・ナイト。会話だけで物語を紡ぐ妙技は脚本家出身のこの監督らしいが、注目すべきなのは、映像の豊かさだろう。映画の構造上、観客は電話の会話から画面に映っていないものを想像しながら映画を見ることになるのだが、にも関わらず、スクリーン上の映像の美しさに目を奪われる。夜のハイウェイを映し出すだけの映像が、さまざまな表情を見せるのだ。

  • 相馬 学
    マックスよりマッドかもしれないトム・ハーディを見よ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     タイトルに反して誰よりもまともに見えた『マッドマックス/怒りのデス・ロード』のマックスことトム・ハーディだが、ここでは同作以上に延々車を飛ばし、マッド寸前の神経衰弱を見せているのだから面白い。

     86分のほとんどは車を走らせる主人公の姿をとらえ、さまざまな人々との電話での会話によって彼が置かれた立場が見えてくる。その度に緊張感が高まっていくのは、主人公の心理がジワジワと丁寧にあぶり出されているから。根気に根差した演出がお見事。

     よき人・よき家庭人・よき仕事人であろうとして破たんするさまを見つめた心理スリラー。ほぼ独り芝居のハーディの頑張りともども必見!

  • 森 直人
    こちらの“動かない”トム・ハーディも素晴らしい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「積み上げてきたものが一気に崩れる」(©ゲッターズ飯田)天中殺状態の男――いや、笑いごとではない。86分、乗用車の運転席だけで人生の残酷な皮肉を描き切る。

    リアルタイム進行のシチュエーション物としての抜群の精度にびっくり。まるでラリー・コーエンのような本作が、スティーヴン・ナイトの監督作ってことにさらに驚き。『堕天使のパスポート』(脚本のみ)から『ハミングバード』まで「移民」など特徴的なカードを貼りつけてきた彼が超ソリッドな作劇に徹して、いきなり極めた。

    感情をセルフコントロールして適切な対処を試みようとするT・ハーディ。ベタに言えば『マッドマックス』の「動」に対し、こちらは「静」の傑作!

動画

車中の男と電話の会話のみで物語が展開!映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』ポスター
    ポスター
  • 映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』チラシ
    チラシ
  • 映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』オリジナル・ポストカード
    オリジナル・ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
製作総指揮: ジョー・ライト

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 (2013)  ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年10月12日 3時13分)
    出演者で顔を出すのはひとりだけ、後の出演者は声だというユニークな構成のドラマ。DVDで観た。  まじめで正直で決して人を裏切らないし誠実な男ロック(原題)。上司にも部下にも下働きの外国人にも警察にも役所にも信用されている。その実直さゆえにただ一度の過ちの責任をとってすべてを失おうとしている。上司はまかされた大仕事を直前に放棄したロックを怒鳴りつけるが、その一方でなんとかかばおうとする。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年7月23日 0時50分)
    LOCKE [Blu-ray](ショートバージョン)大手建設会社のエリート社員アイヴァンが、妻子が待つ家に帰るため愛車に乗り込むと、そこに1本の電話がかかってくる。それを機に、彼は自宅で ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」:運転席での地獄巡り from 大江戸時夫の東京温度 (2015年7月22日 23時31分)
    映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の原題は“Locke”。主人公の名前 ...[外部サイトの続きを読む]
  • オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 from 映画三昧、活字中毒 (2015年7月18日 22時42分)
    ■ YEBISU GARDEN CINEMA with UNITED CINEMASにて鑑賞オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/LOCKE 2013年/イギリス、アメリカ/86分 監督: スティーヴン・ナイト 出演: トム・ハーディ 声の出演: オリヴィア・コールマン/ルース・ウィルソン/アンドリュー・スコット/ベン・ダニエルズ 公式サイト 公開: 2015年06月27日 建... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月22日の週の公開作品
  3. 『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』