シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
パージ:アナーキー
(C) Univesal Pictures
英題:
THE PURGE:ANARCHY
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年8月1日
上映時間:
配給:
シンカ
カラー

チェック:『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作陣に名を連ねたサスペンスシリーズの第2弾。年に1度だけ殺人などの犯罪が有罪にならないパージと呼ばれる日に街をさまようことになった夫婦が、ある母娘や武装した謎の男と共に生還を目指す。前作に引き続き、監督は脚本家やプロデューサーとしても活躍するジェームズ・デモナコ。『バトルフロント』などのフランク・グリロらが出演。より激化する殺人合戦の行方に目がくぎ付け。

ストーリー:国民の怨嗟(えんさ)や憎悪を発散させ、それによって治安を維持しようと、アメリカ政府は1年に1晩だけ殺人などの全犯罪を認める日パージを制定する。その日を迎え、家路を急ぐものの車がパンクしたために街をさまよう夫婦。何者かに襲われ、拉致されそうになる母娘。武装した男に救われた彼らは、協力し合いながら無法地帯となった街からの脱出を試みる。次々と襲い掛かってくる殺人者たちを倒していくが……。

パージ:アナーキー
(C) Univesal Pictures

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ウォルター・ヒル的ストリートアクションが満載のシリーズ第2弾
    ★★★★
    »読む«閉じる

     予想外の全米サプライズヒットとなった『パージ』シリーズ第2弾は、1年に1夜だけ殺人などの犯罪が合法になるという基本設定以外、直接的なストーリーの関連性は一切ない。
     今回は、それぞれにワケがあってパージの晩に街中を彷徨う羽目になった人々のサバイバルを描く。前作の大成功で予算も増えたのだろう。激しいカーチェイスや銃撃戦などもふんだんに盛り込まれ、ウォルター・ヒル作品を彷彿とさせるリアルなストリート感が漂う。
     さらに、政治的な風刺メッセージも前作より明確に。ひと握りの富裕層が庶民を搾取し、軍需産業や銃器産業が国家を支えるアメリカの社会構造を浮き彫りにする。個人の良心に希望を託すラストも良い。

動画

『パージ』『パージ:アナーキー』予告編

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『パージ:アナーキー』ポスター
    ポスター
  • 映画『パージ:アナーキー』チラシ
    チラシ
  • 映画『パージ:アナーキー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パージ:アナーキー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • パージ:アナーキー (2014) ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年1月19日 3時0分)
    一年に一晩、どんな犯罪を犯してもかまわないと言うパージ(浄化)が施行されたアメリカという国。これによって人々は日ごろたまった不満や鬱憤を発散し残りの日々を穏やかに過ごすことができるというのが政府の言い分だが、主に標的になるのは銃も買えない貧困層。失業者の多い貧困層が殺されるので、見かけの失業率は改善され貧困率も下がる、  「パージ (2013)」の続編。DVDで観た。  本作にレイ役で出... ...[外部サイトの続きを読む]
  • パージ: アナーキー from ダイターンクラッシュ!! (2015年8月31日 23時10分)
    2015年8月4日(火) 19:45~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 ヒーロー映画だった。 『パージ: アナーキー』公式サイト 年に1回の合法的殺人デイの話で、いかにもな容姿の奴が多く出てくるのだが、金持ちに対するレジスタンスだったりするは、最終的にはヒーロー映画だった。 ヒーローは、パージしたかった男を結局パージせず、逆に助けられるというヒューマンな展開。 1作目も上映していたが、そっちは見逃した。 お勧め度:☆☆☆ 革命度:☆☆☆ 俺 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「パージ アナーキー」 from ここなつ映画レビュー (2015年8月14日 17時49分)
    映画館の暗闇の中で突然誰かがすくっと立ったら怖くてもうしょうがない、「パージ アナーキー」。前作「パージ」を見終わった時「次回作観るかどうかわからんし」と、うそぶき、結局観ている自分。しかも「パージ」の(私が勝手に抱いていた)コンセプトにぴったりな今作。こういうのをイメージしていたのだ。一年に一晩だけ全ての犯罪は…云々。の最中は、結果として無防備になってしまった人は逃げ惑い、或いは自らパージの完遂を目論む。でもって、弱者は更に痛めつけられ、セレブは優雅に殺人を楽しむという構図が前作よりも一層強調されている。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • パージ:アナーキー from 映画三昧、活字中毒 (2015年8月7日 0時1分)
    ■ TOHOシネマズ 日劇にて鑑賞パージ:アナーキー/THE PURGE: ANARCHY 2014年/アメリカ/103分 監督: ジェームズ・デモナコ 出演: フランク・グリロ/カーメン・イジョゴ/ザック・ギルフォード/キーリー・サンチェズ/ゾーイ・ソウル 公式サイト 公開: 2015年08月01日 1年に一晩だけ、殺人を含むあらゆる犯罪が合法となる“パージ”。2023年のその... ...[外部サイトの続きを読む]
  • パージ:アナーキー from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年8月4日 0時36分)
    PURGE: ANARCHY [Blu-ray](ショートバージョン)増加する犯罪対策と不満を募らせる国民のガス抜きが目的で始まった法律パージ。今年も、1年間で12時間だけ、殺人を含むすべての犯罪が許 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年7月27日の週の公開作品
  3. 『パージ:アナーキー』