シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

殿、利息でござる!

公式サイト:http://tono-gozaru.jp/
殿、利息でござる!
(C) 2016「殿、利息でござる!」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年5月14日
上映時間:
制作プロダクション:
ザ フール
制作協力:
松竹撮影所 / 松竹映像センター / M&N CO
企画協力:
文藝春秋
製作:
「殿、利息でござる!」製作委員会
企画・製作幹事・制作・配給:
松竹
企画・製作幹事:
東日本放送
カラー

チェック:『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く。町の行く末を案じる主人公を、時代劇初主演の阿部サダヲが演じるほか、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演している。

ストーリー:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。

殿、利息でござる!
(C) 2016「殿、利息でござる!」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    このつつしみの精神は都知事にも見習って欲しいですね!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     仙台藩の重い年貢に苦しむ宿場町の商人たちが、赤字財政の殿様に大金を貸して利息を取ることで、貧しい町民たちの生活を少しでも楽にしようと画策する。荒唐無稽のように思えて江戸時代の実話だというのだから、まさしく事実は小説よりも奇なりである。
     身分制度という格差社会の不公平感だったり、仲間同士の一致団結を阻む個人の見栄や欲だったり。現代にも通じる社会風刺や人間風刺を随所に散りばめつつ、人情味あふれるユーモアと軽快なテンポで話は進む。
     そして、私利私欲を捨てたリーダーたちのつつしみ深さに思わず胸が熱くなる。これこそ今の我々が学ぶべき精神であろう。演技初挑戦の羽生くんもなかなか堂々たるもんですぞ!

  • 山縣みどり
    煩悩まみれの強欲な自分を反省しちゃいます
    ★★★★
    »読む«閉じる

    東北大震災や熊本地震で各人が身の丈に合った援助活動をするのを見て、多くの人が「日本も捨てたもんじゃない」と思ったはず。私利私欲を捨てて他人のために尽力する心意気が日本人特有とは思わないが、実在した無私の人々を描く本作は利他主義の素晴らしさを教えてくれる。名誉欲を満たすために散財するバカ殿に融資して利息を取り立てる発想がまず意表をつき、成功させるまでの紆余曲折に笑って、泣いた。着地点が見える展開を興味深くする物語作りだけでなく、多才な登場人物に緩急ある見せ場を作った中村義洋監督の演出も技あり! “手柄を自慢せず謙虚に生きる”などの戒めに煩悩まみれの強欲な自分を反省しました。

動画

映画『殿、利息でござる!』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.5.14-15

ポスター/チラシ

  • 映画『殿、利息でござる!』ポスター
    ポスター
  • 映画『殿、利息でござる!』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 鈴木謙一
音楽: 安川午朗
原作: 磯田道史
主題歌: RCサクセション
製作総指揮: 大角正 / 両角晃一
エグゼクティブプロデューサー: 武田功 / 安達英雄
プロデューサー: 池田史嗣 / 三好英明 / 鎌田恒幹
アソシエイトプロデューサー: 稲垣竜一郎
撮影: 沖村志宏
美術: 新田隆之
照明: 岡田佳樹
録音: 松本昇和
編集: 川瀬功
装飾: 松本良二
スクリプター: 小林加苗
演技事務: 舟本佳子
助監督: 佐和田惠
音楽プロデューサー: 津島玄一
制作担当: 小沼秀剛
仕上げ統括: 佐藤正晃
ラインプロデューサー: 湊谷恭史
協力プロデューサー: 丸山典由喜 / 楠本直樹

キャスト

穀十田屋三郎:
菅原屋篤平治:
浅野屋甚内:
とき:
遠藤幾右衛門:
穀田屋十兵衛:
千坂仲内:
早坂屋新四郎:
穀田屋善八:
遠藤寿内:
なつ:
加代:
橋本権右衛門:
八島伝之助:
忠兵衛:
相模屋利助:
瑞芝和尚:
ナレーション:
音右衛門:
伊達重村:
萱場杢:
きよ:
先代・浅野屋甚内:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『殿、利息でござる!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【殿、利息でござる!】えっ・・まさかのあの人が出演! from 元ボクサーの一念発起 (2016年12月8日 17時2分)
    ゼニと頭は使いよう! 『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を『予告犯』などの中村義洋監督が江戸時代の実話を映画化した時代ドラマです。 いごっそう612 どうも、いごっそう612です!これ実話映画です。 【作品情報】 原題:殿、利息でござる!邦画:実話ドラマ製作年:2016年製作国:日本日本公開:2016年5月14日レンタル開始:2016年10月5日上映時間:129分公式サイト あらすじ 江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年6月15日 0時31分)
    映画『殿、利息でござる!』は、広告のトーンや予告編の感じからして『超高速!参勤交 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『殿、利息でござる!』 ネタバレあり感想 コメディーかと思いきや骨太な人間ドラマでした from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年5月27日 21時0分)
    ゼニと頭は、使いよう。 using あまらく 『殿、利息でござる!』予告編動画 今回は先日鑑賞した映画『殿、利息でござる!』の感想を<ネタバレあり>で書いていきます。ただ今上 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『殿、利息でござる!』 笑いあり涙ありのテーマがしっかりしているオススメの邦画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年5月26日 20時53分)
    今回ご紹介する映画:『殿、利息でござる!』オススメ度:★★★★★(五つ星!)予告編動画 『殿、利息でござる!』のあらすじ江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 殿、利息でござる!(2016) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月23日 1時57分)
    江戸時代、仙台藩の寺の住職が記録した美談を元にした小説の映画化。予告編ではコメディかと思っていたが、笑うところも多いドラマ。発想から実現まで大変な年月をかけて実現した。 □ 江戸時代の明和年間。仙台藩の宿場町吉岡は、宿場町といっても旅人の通行が減りさびれていた。町にとって大きな負担となっていたのが「天馬」だった。  天馬というのはお上の荷物を次の宿場町まで馬で運ぶ業務で馬を用意する費... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月9日の週の公開作品
  3. 『殿、利息でござる!』