シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
オーバー・フェンス
(C) 2016「オーバー・フェンス」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年9月17日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
配給:
東京テアトル / 函館シネマアイリス(北海道地区)
製作会社・制作プロダクション:
ツインズジャパン
特別協賛:
北海道新聞社
特別協力:
函館市 / はこだてフィルムコミッション / ひかりTV4K
カラー

チェック:オダギリジョー、蒼井優、松田翔太らが顔をそろえ、佐藤泰志の小説を映画化したラブストーリー。『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章として、愛をなくした男と愛を望む女の出会いを描く。監督を務めるのは、『松ヶ根乱射事件』などの山下敦弘。41歳で他界した作家の実体験を基につづられた原作の魅力が光る愛の物語に心奪われる。

ストーリー:これまで好きなように生きて来た白岩(オダギリジョー)は妻にも見放され、東京から生まれ故郷の函館に舞い戻る。彼は実家に顔を見せることもなく、職業訓練校に通学しながら失業保険で生活していた。ただ漫然と毎日を過ごしてしていた白岩は、仲間の代島(松田翔太)の誘いで入ったキャバクラで変わり者のホステス聡(蒼井優)と出会い……。

オーバー・フェンス
(C) 2016「オーバー・フェンス」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    佐藤泰志三部作の最終章は切なくも優しい人間賛歌
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く佐藤泰志三部作の最終章に当たる本作だが、その趣きや味わいは前2作とだいぶ異なる。穏やかで繊細で、しかし前向きで力強い映画だ。
     職業訓練学校に通う人生宙ぶらりんな人々。本音を隠して当たり障りなく日々をやり過ごす男。本音をむき出しにし過ぎて壊れかけている女。ありきたりな表層だけの人間関係の寂しさや脆さを、決して誇張することなく丁寧に描いていく。
     人によって幸せの物差しは違う。誰にだって欠点や失敗はあるし、これが正解だという人生などない。自分も他者もひっくるめて、その多様性を受容した先に見えてくるささやかな幸福こそが、本作の核を成しているように思う。

  • くれい響
    良くも悪くも、三部作でいちばん観やすい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    やはり、『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』との比較になるが、今回はどこかポジティブさを感じる原作だったり、ときにファンタジー要素をブッ込んでくる山下敦弘監督による観やすさもあってか、なんだかんだで心地良い。近藤龍人による撮影も、前2作とは違った印象を受ける。バツイチ四十男役のオダギリジョーと、明らかに面倒臭いキャバ嬢役の蒼井優は、もちろん期待通りの芝居を魅せてくれる。そんななか、想定外だったのが松田翔太。今、このポジションの難役を受け、モノにするあたり、俳優として大きな転機となったのは間違いない。それしても、水野美紀の影がちらつくオダジョーと北村有起哉の共演シーンはドキドキものだ。

動画

映画『オーバー・フェンス』超特報
映画『オーバー・フェンス』特報
斎藤工&板谷由夏がイチオシの9月下旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
今週のHOT MOVIES 2016.9.17

写真ギャラリー

(C) 2016「オーバー・フェンス」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『オーバー・フェンス』ポスター
    ポスター
  • 映画『オーバー・フェンス』チラシ
    チラシ
  • 映画『オーバー・フェンス』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『オーバー・フェンス』ポストカード3枚セット
    ポストカード3枚セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 佐藤泰志
脚本: 高田亮
音楽: 田中拓人
製作: 永田守
製作統括: 小玉滋彦 / 余田光隆
エグゼクティブプロデューサー: 麻生英輔
企画: 菅原和博
プロデューサー: 星野秀樹
アソシエイトプロデューサー: 吉岡宏城 / 佐治幸宏 / 米窪信弥
キャスティングディレクター: 元川益暢
ラインプロデューサー: 野村邦彦
撮影: 近藤龍人
照明: 藤井勇
録音: 吉田憲義
美術: 井上心平
編集: 今井大介
衣装: 馬場恭子
ヘアメイク: 望月志穂美
VFXプロデューサー: 浅野秀二
アクションコーディネーター: カラサワイサオ
助監督: 甲斐聖太郎
制作担当: 林啓史
特別協力: 佐藤喜美子

キャスト

白岩義男:
田村聡:
代島和之:
原浩一郎:
森由人:
島田晃:
勝間田憲一:
青山教官:
原奈々子:
藤田道夫:
尾形洋子:
尾形勲:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オーバー・フェンス』の映画ニュース

  • 多摩市のパルテノン多摩をメイン会場に行われている第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM内にて19日、第8回TAMA映画賞の授賞式が行われ、各受賞者の小松菜奈、松岡茉優、蒼井優、...女優賞は蒼井と小泉今日子が受賞。蒼井は『オーバー・フェンス』について「あまり記憶がないくらいいっぱ...
  • 俳優のオダギリジョーが5日、都内で行われた映画『オーバー・フェンス』ロングランヒット御礼イベントに、オダギリの初主演映画『アカルイミライ』(2003)で衣装を手掛け、...が一挙上映された。(取材/錦怜那) 映画『オーバー・フェンス』は全国公開中...
  • 俳優のオダギリジョーが21日、都内で行われた映画『オーバー・フェンス』トークイベントに山下敦弘監督と共に登場し、「数字(興行収入)が小さいと僕が叩かれる不幸な立ち...作品だったようだ。(取材/錦怜那) 映画『オーバー・フェンス』は全国公開中...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • オーバー・フェンス~希望なんて羽毛のように軽い from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年11月7日 21時9分)
    公式サイト。函館市出身の自殺した佐藤泰志原作の「海炭市叙景」、「そこのみにて光輝く」に続く函館三部作。山下敦弘監督、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オーバー・フェンス」 from 元・副会長のCinema Days (2016年10月30日 6時53分)
    とてもいい映画だと思う。熊切和嘉監督の「海炭市叙景」(2010年)、呉美保監督の「そこのみにて光輝く」(2014年)に続く佐藤泰志の小説の映画化だが、山下敦弘監督作らしく、どこか突き抜けた明るさを伴っているのが心地良い。作劇面でも隅々にまで配慮が行... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年10月19日 23時44分)
    映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目と ...[外部サイトの続きを読む]
  • 小説家・佐藤泰志と映画「オーバー・フェンス」 from エンターテイメント日誌 (2016年9月27日 9時1分)
    評価:A 「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、佐藤泰志原作による函館三部 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年9月12日の週の公開作品
  3. 『オーバー・フェンス』